読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

スキャルピングってどうなの?

FXスキャルピング

皆さん、FXで毎日トレードをして利益を出す事ができていますか?という問いに関して余裕で毎日爆益だぜーと答えられる人はほとんどいないでしょう。僕自身も毎日トレードしないし、勝てると確信した時しかポジションをとらないので、毎日爆益なんてこともありません。ただ、毎日ポジらなくなってからは黒字化できているので、毎日何回もポジるスキャルピング手法をやめて正解だったなあと思うことは多いです。

僕自身もスキャルピングで小さな利益を何度も積み上げていくトレード手法で相場を生き残っていく自信はほとんどありません。その理由は相場というのは経済指標やニュースで、いきなり相場の流れが変わるので、何の根拠もなくポジるスキャルピングは糞ポジをつかみやすいから。糞ポジを掴んだ後、損切りをすればいいんだけど、小さな利益を得るために、損するリスクを何度も取ることに気が引けてしまいますからね。今回はスキャルピングってどうなの?ということをテーマに記事を書いていきます。

スキャルピングとは何なの?

スキャルピングは短い期間にポジションを取って利益確定することを一日に何度も繰り返すトレード作業だったりします。この一日の間に何度もトレードを繰り返すというのが曲者で、損切りができない人がやると一度のエントリーで退場してしまうことも。だからこそ、スキャルピングはトレードに慣れた人だけがやるべきトレード手法と言えるでしょう。

初心者は少ない資金で、お金を相場に捨てるつもりで、スキャルピングを何度も繰り返していきましょう。損してもいいと思うことで、損切りすることに対しての抵抗感がなくなり、スムーズに損切りすることができるようになり、トレード自体がうまくなっていきますからね。ここで、心に命じておくことは初心者が勝てるほど相場は甘くない。

スキャルピングは一日に何度もポジションを取るので、トレードストレスがたまり、冷静な判断ができなくなることが多い。冷静な判断ができなければ、損切りもできなくなり、一度のトレードで相場から退場するリスクを抱えることになるので、初心者トレーダーがやってはいけないトレード手法だということも忘れてはいけない。初心者が相場で生き残るには、根拠があるところだけでポジってトレードをしていくということ。

ハイレバレッジスキャルは危険だから絶対に手を出すな。

ハイレバレッジとは少ない資金で大きな枚数をポジることができるシステム。ハイレバレッジでトレードすると儲けるときのスピードも損するときのスピードも早いので、トレードするときに平常のメンタルでトレードできません。当然、メンタルが安定していないときにポジションを取ると冷静な判断ができないので、トレードでわけの分からないところでエントリーして損をすることに。

ハイレバレッジスキャルのえげつないところは、ハイレバなので、一度のスキャルで致命傷における損益を叩きだしてしまうところ。そのため、命金でハイレバスキャルをやると人生が積むことにもつながる。

人生詰みたくないけど、ハイレバレッジスキャルがやりたいという人は、捨てても良いお金を用意してハイレバスキャルをやりましょう。捨てても良いお金ならば、ハイレバでも冷静な判断ができて、相場で大勝することも不可能ではない。

ここで一つだけ注意しておくことは、ハイレバレッジを用いて相場で大勝したら、これ以上儲けてやろうとは思わず、口座から全額出金しよう。これ以上儲けてやろうと思ってトレードするときが一番損する可能性が高いですから。

スキャルピングをする上で気をつけておきたいことについてまとめていく。

私もFX初心者のときにスキャルピングでかなり痛い目にあっています。その時学んだ教訓についてかいていきますね。

1.スキャルピングでの利益は運が良かった場合がほとんどだということを忘れてはいけない。

スキャルでのトレードはほとんどが根拠がないところでのエントリーが多くなるので、利益がでているときのほとんどが運。今はスキャルピングで運良く利益を出すことができているだけなので、いつか痛い目に合うときが来る。

2.ロウソク足とかポリンジャーバンドも経済指標で大きく動く相場では全く使い物になりません。

経済指標が発表されたときは、ロウソク足とかポリンジャーバンドを使わず、相場の流れに乗ることが大切。FXはテクニックよりもいかに相場の流れに逆らわないかということが超大事。

3.経済指標スキャルをするときは経済指標でどれだけのPIPSが動くのかを把握しておこう。

どの経済指標でどれだけのPIPSが動くのかという把握をしておけば、経済指標後に根拠を持ってポジションを持つことができて、トレードの勝率も高めることができる。ただ、相場というのは予想外の動きをするので、どれだけ研究しても勝率が100%になることはない。

4.ポリンジャーバンドを使うスキャルピングは大きく動く経済指標が発表されないレンジ相場の日に有効。

レンジ相場の日にポリンジャーバンドを使うスキャルピングをすると一日で150PIPSを抜いてしまう大勝をしてしまうことも少なくない。

5.損切りができないという人はスキャルピングもデイトレードもやってはいけない。

損切りができないのに、トレードをしてしまうと凄まじいほどの金額を相場で捨てることいなるので、FXなんてやらないほうがいい。まずは、少額トレードで、損切りをするスキルを身に着けていこう。

6.出金する技術も身につけよう。

スキャルとは直接関係ありませんが、FXで利益を出したら速攻で出金すれば、お金を儲けることは容易です。しかも、出金することでトレードで熱くなった自分の心を冷却することができるので、出金することはメリットしかありません。

7.スキャルピングでも利益がでているときは極限まで利益を伸ばしましょう。そして損切りは早く。

スキャルだから利確を早くしてしまうのはもったいないので、利益を伸ばしていきましょう。当然、損切りは早く行いましょう。

8.スキャルピングをするときはとにかくスプレッドが狭い業者を選んでいきましょう。

スキャルはとにかく少ないPIPSを積み上げていくトレード手法なので、スプレッドが狭い業者でトレードすることこそが利益を増大させることへの近道と言える。

9.スキャルピング手法をメインにするひとはプロバイダー選択が重要になってくる。

トレード中に通信できなくなってしまうと通信できない間に利益がでていたポジションが損まみれのポジションになっていることも少なくありません。このような事態にならないためにも、スキャルピングをする人は365日24時間通信ができるプロバイダーと契約しましょう。

10.損切りラインは決めておきましょう。

ある程度の損切りラインを決めておくことで、大きく損することを防ぐことができます。ここで覚えてほしいのは損切りラインを超える損をだすポジションを取ってしまったということは、自分の取ったポジションが糞ポジだということ。ただ、損切りするかどうかは自分の持っている枚数や今現在の相場状況にもよるので、機械的に損切りしないほうが良かったりします。

11.滑りが多いFX業者は使うな。

スキャルピングをするときはスプレッドが狭くて滑りが少ないFX業者を利用していきましょう。本当に滑りが多い業者を使うとさっきまで利益が出ていたのに、滑ったせいで、損益がでてしまったということが多発してしまうので、注意が必要です。

スキャルピングのメリット。

スキャルピングは危険だと何度言ってきましたが、スキャルピングにも当然メリットはあります。

1.短期間の間に損をする体験を何度もすることができる。

FXの取引とは儲かることばかりではなくて、損することが当たり前だなという事ができる。その御蔭で、ポジションを取るときにも慎重になれるし見込みがないポジションをすぐに損ぎりすることができるようになる。ただ、損切りやトレードスキルについては、センスが大半をしめるので、いくらトレード経験をつんでも身につかない人がいます。

2.FXは儲かるということを誰でもすぐに体験できる。

FX初心者が適当にポジションをとっても、運が良ければ、すぐに儲かってしまうのが、スキャルピングというトレード。そのため、FXってこんな簡単に儲かるものなんだなあということを知ることができる。当然、FXが儲かると知ることができれば、FXで儲け続けるためには何が必要なのかについて一生懸命勉強するようになるので、FXで儲けることは大事。

3.FXで損をすることを誰でも速攻で体験することができる。

FXを始めた初日に適当にポジションを取って、運が悪ければ、あり得ない額の損益を被ってしまうのがスキャルピングのトレード。そのため、FXってこんなに簡単に損をすることができるんだあということを身をもって体感することができる。当然、FXで損することが簡単だということを知ることができれば、ポジションを持つことは損する可能性があることだとを認識できるようになります。

4.短期トレードなので、損切りの幅が小さいので、大損をぶっこくことがない。

スキャルピングは短期の間に、利益を少しずつ確定させたり、損切りを小さい幅で確定させることを繰り返すトレードなので、一撃100PIPSのという恐ろしい負け幅を体感しなくてもすむ。ただ、初心者の場合は損切りができないので、損切りを数100PIPSのの幅で繰り返してしまうことが日常茶飯事だったりします。

5.経済指標スキャルピングをすることで、経済指標について勉強するようになる。

経済指標後の動きでスキャルピングをするようになると、普段から経済ニュースを読むようになるので、適当にポジションを取らなくなる。適当にポジションを取らなくなり、勝てるときだけにポジションを取るようになれば、FXでの勝率が跳ね上がり、FXでも受け続けるのもかなり容易になるのはいうまでもない。ただ、損切りができないといずれ、相場から追放されてしまうので、損切りは大事である。

スキャルピングのデメリット。

スキャルピングを自分が何度もして感じたスキャルピングのデメリットについても書いていきます。

1.スキャルで連勝しているときは、ポジションを取れば取るほど儲かるんじゃないのかと勘違いしてしまう。

スキャルピングで連戦連勝をしているときは、ポジションをとればとるだけ儲かるぜえという考えになっており、ポジションを取ることがいかに危険なのかという意識が抜け落ちてしまっています。そういう危険意識が抜け落ちているときにポジった糞ポジを損切りすることができずにも打ち続けてしまい、再起不能になるレベル損益を食らってしまうことも多々あります。そうならないためにも、儲かっているからFXを簡単とは思わずに、運がよかっただけと思っておきましょう。

2.ポジションが取りたくて取りたくてたまらなくなる。

FXトレードで最初に負けると負けが悔しくて損を取り戻したくなり、ついついポジションをとってしまいます。そして、ついつい取ったポジションでも大損をぶっこいてしまいます。そうならないためにはどうすればいいのか?については損してお金を取り戻したいという気持ちが出てきたら、とりあえずFXが口座に入金してあるお金を全額出金しましょう。そうすることで、損したお金を取り戻したいという気持ちがあってもトレードすることができないので、さらなる損を生む可能性を減らすことができます。

3.スキャルピングは一日に何度もトレードをするので、何回もスプレッドを支払わなければいけない。

スキャルピングは一日に何度もトレードをすることになるので、スプレッドという手数料を何度も払わないといけないというトレードリスクが存在する。

4.スキャルピングをしていると利食いは数PIPSでなければいけないという固定観念に支配されてしまうことも少なくない。

利食いは数PIPじゃないといけないという固定観念に縛られてしまうと利益を伸ばさなければ行けないときに早く利益を確定してしまいます。利益確定が早い人に限って損を認めることを嫌がるので、損切りがおそくなってしまい、利小損大のトレードを繰り返してしまう。このような利小損大のトレードを繰り返さないようにするには、一日一度のトレードで20から30PIPSは取るというトレードに切り替えていくしかない。

5.俺のトレード手法はスキャルピングだと自己暗示をかけることは危険。

スキャルピングで俺は稼ぐんだ、俺のトレード手法はスキャスキャと自己暗示をかけると、スキャ以外にも勝率が高くて安全なトレード方法があるのに、その安全あ方法には目をくれず、危険度の高い適当スキャルばかりしてしまう。当然、適当スキャルの行く末は、ポジればポジるほど、自分の取ったポジションが含み損だらけになるだけ。このような恐ろしい行く末を辿りたくなければ、スキャ以外のトレード方法をするべきでしょう。

6.スキャルピングはトレード回数が増える分、大きな為替変動のときにポジションを取ってしまうリスクがある。

トレード回数が増えるということは常にポジションを持っているということで、大きな変動時にもポジションを持ってしまうとリスクを抱えることになる。このようなリスクを抱えるリスクを回避するには、常に経済ニュースをチェックしながら、スキャルピングをしていく必要がある。それでも、突然の経済ニュースで被弾することがあるのがスキャの怖いところでもある。

スキャルピングで口座を凍結されないようにしよう。

にちゃんねるなどではスプレッドが狭いFX業者で、秒速スキャルをしてお金を荒稼ぎしたら口座を凍結されたという報告が相次いでいる。この報告については凍結された受信メールまで掲示板に投稿されているので、嘘ではなく本当だ。

FXで利益を欲するがために短期間に何度もスキャルピングを繰り返して利益を生み出してしまうと、自分が取引している口座を使えなくなっってしまう。こういう目にあいたくなければ、数分から数時間単位でのスキャルをしていくしかない。

当然、国内業者で有名なスプレッドが最狭の業者の殆どが秒速スキャルが禁止なので、秒速スキャルがしたい人はNDDのFX業者でトレードをしていくのがおすすめですね。ただ、NDDのFX業者の欠点はスプレッドがそれなりに広いので、スキャルで利益を出していくのが国内の最狭スプレッド業者よりも難しくなってきます。

結論
秒速スキャルで確実に利益を積み上げていこうと思うのならば、凍結覚悟で国内のスプレッド最狭業者を利用していく必要がある。

スキャルピングにおける自分の必勝トレード方法。

自分の場合は経済指標スキャルしかやりません。経済指標スキャルをなぜ自分がやるのかというと指標の結果で為替の動きを予想し易いのと、為替というのは指標の結果の方向へ大きく突っ走ることが多いから。要するに指標の結果の方向にポジションを取っておけば、大きく負けることはないってことだよね。経済指標スキャルで気をつけておくべきこと。

1.指標の結果がいいのに為替が下がる時があるので、そういうときは速攻で損切りして次の機会をまつ。

FXは指標の結果がいいのに為替が下がるときがあるので、100%勝てるものではないということを理解しておきましょう。そう理解するだけで損切りのスピードが早くなります。

2.指標ごとの動きをすべて頭に入れておこう。

この指標は発表後にこういう動きをするというデータを頭に入れておいてポジションを取れば、8割型の勝率を誇ることができる。二割は予想を外すので、これは外したと思うときは素直に損切りしよう。

3.指標スキャルにおいても根拠があり、勝てると確信した時のみポジろう。

これは勝てると確信できる自信があるときのみポジることで、糞みたいなポジションを掴まなくなる。FXは運ゲーと思わず、根拠を大切にしてトレードをしていくことが何よりも大事なことなのだ。

4.指標スキャルで大事なのはレバレッジをそこそこにしておくこと。

ハイレバレッジで大量の枚数を所有してしまうと、冷静な判断ができず、利確がめちゃくちゃ早くなってしまうので、普通のレバレッジでそこそこの枚数に抑えてトレードをしていこう。当然、お金を儲けたいからといってレバレッジ400倍のアイフォレックスでトレードをしたらだめだぞ。

5.指標スキャルでたくさんの相場を経験することで、相場感がみにつく。

指標スキャルで相場感がみにつけば、ここでこのポジションを掴めば爆益間違い無しということを察知できるようになる。当然、その逆のこのポジションを掴んだら、損益が膨らむだろうなということも速攻でわかるようになる。

スキャルピングをしながらナンピンするのだけはやめておこう。

スキャルピングで予想外して含み損を抱えても損切りをしないで、ナンピンを繰り返していくということを繰り返すのは危険。何故危険なのかについては、相場が一方通行に走りだせば、ナンピンした枚数×PIPS分の含み損を抱えることになってしまい、挙句の果てにはロスカットという目にあうことも。そうなりたくないなら、スキャルピングで予想を外したら素直に損切りをしましょう。後、ナンピン癖がつくと、ポジポジ病になってしまうので注意が必要。

スキャルピングに向いているFX業者について。

第一位 DMMFX

DMMFXはありとあらゆる通過のスプレッドが極狭で、滑ることもあまりないのでかなり優秀。自分もスキャルピングをするときはDMMFXを利用することが多いですね。今回はDMMFXがなぜスキャルピングにおすすめなのかについても書いていきたい。

1.DMMFXのプレミアムチャートが優秀すぎる。

DMMFXのプレミアムチャートはポリンジャーバンドや移動平均線やRSIを自動で表示してくれるので、トレードをする上では必要不可欠。

2.DMMFXはスプレッドが狭いので、スキャルピングで簡単に利益を上げることができる。

スプレッドが2PIPS以上開いているとスキャで利益を出すのは至難の技ですが、DMMFXはスプレッドが1PIPS未満の通貨がほとんどなので、利益を出すのが簡単。

3.レバレッジが25倍に固定されている。

レバレッジが25倍に固定されており、ポジションを多く取りすぎることもないので、冷静にトレードをすることができる。

4.出金がスムーズ。

出金申請をしたら2日から3日で出金が完了しているので、すぐに現金を手にすることができる。

5.口座開設キャンペーンも開催している。

口座を開設してある程度のトレードをこなすと現金10000円をもらうことができてしまいます。

公式サイト
通貨ペア充実の"DMM FX"!

第2位 外為ジャパン。

外為ジャパンはDMMFXと同じ会社が経営しているFXと業者で、DMMFXと同様スプレッドが極狭。しかも、滑りもあまりなく、1000通貨からポジションを取ることができるというメリットもあるので、お試しポジションを取りたい人におすすめ。今回は外為ジャパンがなぜスキャルピングにおすすめなのかについても書いていきたい。

1.1000通貨からポジションを取れるので、スキャルピングの練習にもってこい。

0.1PIPSでスキャルピングの練習をすれば、3円逆行してもたった3000円の損で済む。まさに初心者トレーダーのスキャルピング練習にもってこいの口座。ただ、0.1PIPSでトレードする欠点は儲けても微々たる金額なので、トレードに本気になれない部分。やっぱりトレード日本機になろうと思ったら最低2ロットははらないと本気になれなかったりしますね。

2.スプレッドがDMMFXでと同じで狭い。

スプレッドが狭い業者を使いたいという人はDMMFXと同様スプレッドが狭い外為ジャパンを使っておけばOK。DMMFXか外為ジャパンのどちらを使うかについては、自分が取引し易い方ですればいいと思う。これに関しては一度自分で口座を開設して使ってみないとわからない部分が大きいよね。

3.口座開設キャンペーンを頻繁に開催しているので、試しにトレードしてみるのもあり。

口座を開設してある程度のLOT分のトレードをこなすと10000円が自分のもとに戻ってくるキャンペーンを開催中。

4.外為ジャパン特有のプレミアムチャートもある。

DMMFXのプレミアムチャートと外為ジャパンのプレミアムチャートのどちらが使いやすいのかを試しに使ってみよう。

公式サイト
外為ジャパン

第3位 GMOクリック証券。

GMOクリッククリック証券もDMMFXや外為ジャパンと同様スプレッドがかなり狭い業者。この業者はスプレッドが普段は狭いですが、雇用統計や経済指標のときはスプレッドが大きく開いてしまうこともあるので注意が必要です。これに関してはGMOクリック証券だけでなく、他のFX業者もスプレッドが開くので仕方がないでしょう。今回はGMOクリック証券がおすすめな理由について書いていくよー。

1.FX業界では皆が知っている伝説の億トレーダー黒猫アイランドさんが利用していたFX口座。

経済指標スキャルピングで超有名な黒猫アイランドさんがメイン口座に利用していたのがGMOクリッククリック証券。そのため、縁担ぎ的な理由でGMOをクリック証券の口座を利用するのはあり。

2.口座開設キャッンペーンのキャッシュバック金額が25000円と高額。

DMMFXや外為ジャパンよりキャッシュバック金額が10000円以上高額なので、かなりおすすめ。

3.スプレッドがDMMと外為ジャパンと同じ狭さを誇る。

FXのスプレッドが狭い業者の一つなので、FXで本格的にトレードをするならば、開設しておきたい口座の一つ。

4.24時間でトレーダーをサポートしてくれるサービスがついている。

FXの口座の入金や出金のトラブルやトレードに関するトラブルをサポートセンターに電話とメールで相談することができる。もちろん、料金は0円だ。

公式サイト
GMOクリック証券

第4位 ヒロセ通商のLIONFX

ヒロセは本当に滑りが少なくてスプレッドも狭い史上最強と言っていい業者。とにかく滑って糞ポジを持ちたくないというスキャラーにこそ使って貰いたい業者の一つ。今回はヒロセ通商のLIONFXがおすすめな理由についても書いていきたい。

1.23種類の注文方法がある。

注文方法が多彩なので、ありとあらゆる相場環境に適応することが可能。

2.トレード数に応じたキャシュバックキャンペーンが頻繁に行われている。

ポンド円だと最大30万円のキャッシュバックキャンペーンが開催されているので、キャシュバック目的でトレードするのもあり。

3.スプレッドが狭くて、何と言っても滑らない。

スプレッドが狭くて、滑らない口座こそスキャルピングには必須。

公式サイト
ヒロセ通商


最後に

スキャルピングは短期間で利益を出すためには必須だと思う。