ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

恋の魔法は解ける。

第2羽

あなたのことが大好きだという恋の感情に支配されているときは、相手の顔が世界で一番美しくみえるし、相手の欠点がすばらしく見えるし、相手の性格が誰よりも素晴らしいと感じるのだけど、恋の魔法が解けて、相手のことが大好きでも何でもないという感情に支配されると、相手の顔なんてどこにでもいる平凡の顔にしかみえなくなるし、相手の欠点が全くすばらしく見えなくなるし、相手の性格って結構悪いんじゃないか?という風に捉えるようになる。これらの事実に気づくと、恋なんて自分が思っている以上に重要ではないし、恋という一時的な感情に支配されてはいけないと思うようになります。今回は恋の魔法は解けるをテーマに記事を書いていきます。

恋の魔法が解けていないときの自分。

恋の魔法が解けていないときは、相手の顔が橋本かんなちゃんよりも美しく見えるし、相手の声が世界で一番美声に聞こえるし、相手の性格がマザーテレサ並だと感じるし、相手の身長が世界で一番適正であると感じるし、相手に好かれるための努力をしよう思うようになるし、相手のわがままを全部聞いてしまうようになる。こういう恋の魔法にかかっている状態でいると、運命の人っているんだな、俺はあの子と結婚しなければいけないというなぞの決意をもつようになる。

恋の魔法が解けたときの自分。

恋の魔法が解けたときの自分は、相手の顔がそこらへんにいる普通の女の顔に見えるし、相手の声があまりかわいくないどこにでもいそうな声に聞こえるし、相手の性格が割りと性悪な性格してんなこれとなるし、相手の身長に対して全く興味がなくなるし、相手に好かれる努力を一切しなくなるし、相手のわがままを一切聞かなくなる。こういう恋の魔法が解けた状態になると、運命の人なんていない、信じられるのは自分のみだというふうにおもうようになる。

恋の魔法は解けるのは仕方がない。

ぶっちゃけ、あの子のがかわいいと熱くなるのは出会って3ヶ月くらいで、出会って3ヶ月くらいたつと、あの子そんなにかわいくないよなあ、もっとかわいい子はほかにいるよなあという思考になるし、3ヶ月も相手とかかわっていると相手の悪い部分が次から次へと見えてきて、相手のことがむしろ嫌いになってくる部分がある。これをどうにかして覆すのはむりだから、一人の人に恋し続けようと思ったら、世界にはこの一人の女性しかいない、他には選択肢はまったくないのだという思い込みをするしかない。
スポンサーリンク


最後に、

恋の魔法は解けるについて書かせていただきました。

ニート系youtuberの話。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

アルバイトをしないで楽してお金を稼ぎたいと思っているいかにも社会の底辺感満載なオーラを出している人がyoutubeに動画投稿をして、いくらかの広告収入をもらうと社会からニート系youtuberという称号をもらうことができる。それと、ニート系youtuberになると、インターネットのにちゃんねるという掲示板で毎日人格否定をされるコメントをかかれ、ツイッターというSNSでも毎日批判的なツイートをされ、個人のブログでもあいつは駄目だとかかれ、youtube動画のコメント欄でも人格否定的なコメントをされます。ぶっちゃけ、ニート系youtuberになって、自分の本名がインターネットで晒されたりするのは結構精神的にきついし、毎日自分と面識がない人に馬鹿にされるのもきついと思い、youtube活動をやめてしまうニート系youtubeもいます。今回は、ニート系youtuberの話をテーマにして記事を書いていきます。

ニート系youtuberの動画の内容。

ニート系youtuberの動画の内容は、自分がいかに会社で働きたくないのか?ということを30分くらいダラダラ話すとか、アルバイトに応募してみたとかいう誰でもできることを武勇伝のように語ったり、ニートの快適な一日がどういうものであるか?について話すとか、二ートが街中で女の子に話しかけてみたとか、ニートが一生懸命ダイエットしてみたとか、ニートのかわいい女の子が顔を出すだけとか、ニートの自分がいかに不幸な人生を送ってきたのか?、ニートがポケモンGOをやってみたとか、ニートがソーシャゲーガチャOO連にいどんでみたとか、ニートが暴飲暴食してみたというものとなっている。

1.自分がいかに会社で働きたくないのか?ということを30分くらいダラダラ話す。

ニート系youtuberが自分がいかに会社で働きたくないという動画をみても、自分が成長するために何か?を得ることはできないし、ニート系動画を見ていたら俺も仕事をしたくなくなってきたという感情を持つようになるし、ニートに対する偏見が生まれるだけなので、自分の人生時間を有意義に使いたいのであれば、ニート系youtuberのどうがを見てはいけない。

2.アルバイトに応募してみたとかいう誰でもできることを武勇伝のように語ったりする。

ニート系youtuberは、自分に誇れるものがないため、アルバイトに応募してみたというしょうもない動画をyoutubeにアップロードする傾向がある。このニートがアルバイトに応募した動画をみたところで、くそー30分の時間を無駄にした、ニート系youtuberの動画なんて見なければよかったという感情をもつだけなので、人生の時間を有効活用したい人は、ニート系youtuberの動画をみないようにしよう。

3.ニートの快適な一日がどういうものであるか?について話す。

ニートの快適な一日がどういうものであるか?について話す動画をみると、自分がいかに虚無な人生を送っているのか?という気持ちになるので、自分のメンタル状況が落ち込んでいるときは、ニートの快適な一日がどういうものであるか?の動画を見ないほうがいい。そういはいっても、どうしても社会の底辺ニートを見て安心したいという気持ちが抑えきれずに、ニートの快適な一日がどういうものであるか?という動画を見てしまう人は一定数いる。

4.二ートが街中で女の子に話しかけてみた。

ニートが街中で女の子に話しかけてみたという動画をみた人は、ニートでも女性に話しけられるのに、ニートじゃない俺が女性に話しかけれないとか、どんだけ自分はいくじがないんだというマイナス的思考を持ってしまいます。こういう経験を回避するには、ニート系youtuberに興味関心を持たないようにすればよいだけなんだけど、ニートに負けたくないという気持ちから、ニート系youtuberの動画をみちゃうよね。

5.ニートが一生懸命ダイエットしてみた。

ニートが一生懸命ダイエットしてみたという動画をみた人は、ニートの奴が毎日大量に飯さえ食べなければ、ニートはダイエットする必要もないだろとか、自分の人生にまったく関係ないニートにああだこーだ意見を言ってしまい、無駄に自分の脳を使うことに。こういう無駄な行動を回避するには、ニート系youtuberの動画を見ることをやめて、アマゾンプライムで、アニメ

6.ニートのかわいい女の子が顔を出すだけ。

ニートのかわいい女の子が顔出すだけの動画は、youtuebeで100万回再生されているだけでなく、10万を超えるいいねと、ほんの少しの低評価しかありません。こういう実情見ると、youtube動画で好評価をもらう上で重要なのは、動画の中身ではなく、動画出演者の顔がかわいいかどうかだよなーと。

7.ニートの自分がいかに不幸な人生を送ってきたのか?

ニートの自分がいかに不幸な人生を送ってきたのか?という動画のコメント欄には、ニートが辛いわけないだろとか、辛いとかうだうだいってんならとっとと就職しろとか、俺はお前と違って人生めちゃくちゃ努力してるから俺は明らかに成功者だとかいう、ニートの人生を真っ向から否定するコメントであふれかえっています。こういうのを視た自分が感じるのは、なんかニート系youtuberにかまっている時間をもっと有効活用すればいいのになあと。

8.ニートがポケモンGOをやってみたとか

ニートがポケモンGOをやってみた系の動画をみるたびに、ニートなんて毎日暇で時間が余っているんだから、ポケモンGOくらいしかやることないのか?、ポケモンGOやってる暇があったら仕事をしろという風におもってしまうんだけど。こういうふうに思うと、心が疲弊するし、何よりまったく生産性がないから、やっぱりニート系youtuberの動画をみるべきではなかった。

9.ニートがソーシャゲーガチャOO連にいどんでみた

ニートがソシャゲーガチャOO連にいどんでみた動画をみるたびに、OOガチャをやる金をもっと有効活用することはできなかったのか?という他人の行動にケチをつけるようなことを思ってしまい、自分が性格が悪いかことを自覚する羽目になってしまう。こういう風に思わないためには、ニートの動画なんて見ることをやめて、
自分の人生に集中するべきなんじゃないかな。

10.ニートが暴飲暴食してみた

ニートが暴飲暴食してみた動画をみるたびに、こんなにも太っているんだから、3ヶ月水だけ飲んでれば生きていけるだろと、どうでもいいニートにつっこんでしまう。こういう自分の行動がいけていると思うのであれば、ニート動画を見続ければいいが、自分の行動がいけていけないとおもうのであれば、ニート動画なんてみないようにしたほうがいいよ。

ニート系youtuberのあいぽんの毎日について。

ニート系youtuberのあいぽんの毎日は、女性とのトラブル、明らかにやばい外見、明らかにやばい発言が視聴者に受けて、チャンネル登録者数1万人、平均再生回数2万回を達成することができ、毎日3000円のyoutube広告収入と、毎月18万円程度のyoutube投げ銭の利益を手にすることができている。この実情をみると、社会でサラリーマンをやることがバカばかしくなってきて、俺もyoutuberになろうという思考を持つようになります。
スポンサーリンク



ニート系youtuberのねこてんについて。

ニート系youtuberのねこてんは、アイドルになれるんじゃ??と思える素晴らしい容姿が、youtubeの視聴者にうけて、チャンネル登録者数100万人、平均再生回数50万回を達成することができ、毎日5万円以上の広告収入を得ることができる。この実情を見ると、顔がいい女性は、月収10万円のサラリーマンなんてやらずに、月収150万円~月収500万円のyoutueberになったほうがいいんじゃないのか。

最後に、
ニート系youtuberについて書かせていただきました。

マンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音に、イライラする。

現役・三井不動産グループ社員が書いた!やっぱり「ダメマンション」を買ってはいけない

同じマンションで隣に住んでいる子供が、24時に風呂で歌を歌わなくなったことで、俺の素晴らしい睡眠生活が戻ってきたと喜んでいた矢先に、同じマンションで隣に住んでいる子供が、マンションの風呂で痰を吐くというアクションを起こすようになり、俺は、隣の子供の痰を吐くときに発生する汚い音を毎日聞く羽目になってしまった。当然だけど、他人の痰を吐くときに発生する音を聞くと、凄まじいほどイライラするし、何で俺がこんなにもいやな気持ちにならないといけないんだろうという気持ちになる。

マンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音を聞いたときに、イライラしたらどうすべきか。


隣の住人がマンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音にイライラして、何もアクションを起こさないと、自分の無力さに絶望して、自分の存在のちっぽけさを再確認することに。これを防ぐためにとるべき行動は、隣の住人がマンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音にイライラした瞬間に、毎日毎日あなたの痰を吐くときの発生する音を聞くたびにストレスを感じるから、風呂で痰を吐くことをやめろと大声でさけべばいいだけだ。こうやって、自分の思っていることを言うだけで、自分の存在をちっぽけだと思わずに済むし、痰を吐いたときに発生する音にイライラすることがない平和な生活を送ることができる。
スポンサーリンク



マンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音を聞いたときの葛藤。

マンションの風呂で痰を吐いたときに発生する音を聞くと、この人も風邪を引いているから痰を吐く暗い仕方ないかーという気持ちを持つと同時に、それでも痰を吐くときに発生する音を聞くとイライラするという感情をもってしまう。これが限界を迎えると、俺の平和を乱すマンションの風呂で痰を吐くやつを絶対に許して、たまるもんかという怒りの気持ちが出てきてしまうのだ。こういう一連の感情の流れを経験すること自体無駄だから、騒音を気にする人は、マンションにすむことをやめて、田舎のマンションに住むのがベストなんじゃないかなと思うしだいです。

最後に、
最近、イライラすることが多いです。

マンションの風呂で歌を歌うのは迷惑だし、歌を聞いた側がイライラする。

マイホームは価値ある中古マンションを買いなさい!

24時ごろに、隣に住んでいる高校生の子供が、マンションの風呂で毎日下手糞な歌を歌われると、自分のメンタルに余裕があるときは許してやるかという気持ちを持つことができるが、自分のメンタルに余裕がないときは、俺がイライラしてんのに下手糞な歌を大声で歌うんじゃないという気持ちをもってしまう。こういう風に感じてしまった自分が人間関係に悩んでいるときに、隣に住んでいる高校生の子供がマンションの風呂で毎日下手糞な歌を歌われたことで、ついに俺の堪忍袋の尾がきれてしまい、俺は、隣に住んでいる高校生の子供がマンションの風呂で子供が歌った瞬間に、歌っているそばで大声を出すという暴挙にでてしまった。そしたら、次の日から、隣に住んでいる高校生が24時に歌を歌わなくなり、俺は24時に安眠できるようになった。

つい、この前、隣に住んでいる高校生が24時に歌を歌ったときに、大声をだして、もう24時に歌を歌うんじゃねえぞと警戒してやったのに、アホな高校生の奴が、また24時に大声で歌を歌いやがったから、また大声を出して威嚇してやるしかない。こういうループ作業をするのは本当にストレスがめちゃくちゃたまる。
スポンサーリンク



24時にマンションの風呂で歌を歌うのは、他の住民に対する睡眠妨害。

となりの高校生の子供の下手糞な歌のせいで、24時に目が覚めたときは、お前のせいで俺の安眠がなくなってしまったし、俺の唯一の幸せの睡眠を妨害するんじゃねえぞという怒りを感じたが、高校生の子供にマジ切れするのは大人げないからやめておこうと我慢した。ただね、何でもかんでも我慢していると、自分の中でも不満が抑えきれなくなり、生きていることが辛くなるので、生きているのが辛いというのを防止したい人は、自分が思っていることを他人に言うようにしよう。

高校生なんて、仕事をしないで学校行くだけで気楽なんだから、風呂で歌を歌ってストレス発散なんかする必要ねねえだろ、そんなに歌を歌って、ストレスを発散してえなら、夜に公園に行って大声で歌をうたってこればいいだろ、他人に迷惑がかかるかもしれない風呂で歌を歌う必要はどこにもねえぞという話になってくるわけです。こういうことをああだこーだ考えるために、自分の脳を使うこと自体が馬鹿馬鹿しいことでしかないという事実を直視することで、24時にマンションの風呂で歌を歌う高校生の子供に対してのイライラがさらに募るからたまったもんじゃない。

柔道家が総合格闘技で活躍できるか?

JJM 女子柔道部物語(7) (イブニングKC)

柔道家出身の総合格闘家は、フィジカルは出来上がっているが、レスリングテクニックがいまいちだったり、レベルが高いボクシングの攻防についていけなかったり、キックボクサーの強烈な蹴りのブロックがおろそかになってしまったりして、総合格闘技の試合であまり良い成績を出すことができない場合があります。ただし、柔道家で、ボクシングのスキルがボクシングの世界ランカークラスであれば、柔道家でも総合格闘技の試合で素晴らしい結果を残すことができています。

柔道オリンピック金メダリストの石井慧選手VS人類最強の男ヒョードル選手の試合は、石井慧選手がヒョードルのボクシングにまったく対応することができず、たった1ラウンドで石井慧選手はヒョードル選手にKOされてしまいました。この試合を見た人が抱いた感情は、石井慧選手のように、柔道一つしかやってこないと、ボクシングのスキルが低くなりがちなんだな、ヒョードル衰えたかとおもったけど、ヒョードルのボクシングスキルは健在だったなという感情を抱いた。

柔道オリンピック銀メダリストの小川直也選手VS人類最強の男ヒョードル選手の試合は、小川直也選手がヒョードル選手の打撃にびびって隙ができてしまったところで、ヒョードル選手は、小川直也選手に腕ひしぎ十字固めを決めることに成功した。この試合を見たことは感じることは、小川直也選手がヒョードルの打撃に対応することができさえすれば、小川直也選手がヒョードルに負けることはなかったのに、後ヒョードルって選手かなり強いな。

柔道オリンピック金メダリストの吉田 秀彦VS左ハイキックが武器のミルコクロコップの試合は、吉田 秀彦がミルコのキックボクシングに対応することができず、吉田 秀彦はミルコにKOされてしまった。この試合を見た自分が感じたことは、総合格闘技は寝技ができれば、打撃の選手に勝てるかもしれないが、寝技にもっていくことができない柔道家は、打撃が得意な選手にまけてしまうということ。今回は柔道家が総合格闘技で活躍できるか?をテーマに記事を書いていきます。

柔道家が総合格闘技で活躍できる理由。

柔道家が総合格闘技で活躍できる理由は、柔道家は総合格闘技の寝技の攻防が得意だから。&柔道で身に着けた体の使い方がレスリングや柔術で生きてくるから。&柔道家の中にもキックボクシングが上手い選手がいるから。&柔道オリンピックアスリートのポテンシャルが高い。&柔道の技を総合格闘技で使うことができるから。&相手にマウントを取られた後に適切に対処できるから。&柔術のレベルがとてつもなく高い柔道家がいるから。&柔道に対する拘りがあまりないから。&寝技が苦手なキックボクシング出身の総合格闘家を圧倒できるから。&スタンドでの攻防でKOされないスキルを身につけているから。などがあります。

柔道家は総合格闘技の寝技の攻防が得意だから。

柔道家は、総合格闘技の寝技の攻防が得意で、寝技の攻防で柔道出身の総合格闘家が苦戦を強いられることはありませんから、柔道家は寝技ありきの総合格闘技の試合で大活躍することができます。逆に、キックボクサーは、総合格闘技の寝技の攻防にまったく対応できず、寝技の重要度が高い総合格闘技で活躍できなかったりします。

柔道で身に着けた体の使い方がレスリングや柔術で生きてい来るから。

柔道経験があれば、柔道で身に着けた体の使い方が、レスリングや柔術に生きてきて、さくっとレスリングと柔術のスキルを身につけることできますが、どんなに柔道家ががんばっても、子供のときからレスリングをやっているレスリングエリートに匹敵するレスリングスキルを身につけることはできませんし、どんなに柔道家ががんばっても、子供時から柔術しかやっていない柔術エリートに匹敵する柔術スキルを身につけることはできません。

柔道家の中にもキックボクシングが上手い選手がいるから。

柔道家の中にもキックボシングに適性があり、柔道家なのに、キックボクシングがめちゃくちゃ上手い選手がいます。これに当てはまる柔道出身の総合格闘家は、スタンドの攻防でも対戦相手を圧倒するし、グラウンドの攻防でも対戦相手を圧倒することができる。

柔道オリンピックアスリートのポテンシャルが高い。

柔道のオリンピックアスリートのポテンシャルは高いので、柔道のオリンピックアスリートがボクシングの練習をすれば、それ相応のボクシングスキルを身につけることができるし、柔道のオリンピックアスリートがレスリングの練習をすれば、それ相応のレスリングスキルを身につけることができるし、柔道のオリンピックアスリートが柔術の練習をすれば、それ相応の柔術スキルをみつけられる。

柔道の技を総合格闘技で使うことができるから。

柔道出身の選手は、柔道で身に着けた技を総合格闘技風にアレンジして、総合格闘技の試合で使うことができますが、柔道をやったことがない選手は、柔道で身に着けたわざを総合格闘技の試合で使うことができません。

相手にマウントを取られた後に適切に対処できるから。

柔道出身の総合格闘家は、柔道の試合でマウントを取られた状態での寝技の攻防をしていますから、柔道出身の総合格闘家の9割は、相手にマウントを取られた後に適切に対処をすることができています。

柔術のレベルがとてつもなく高い柔道家がいるから。

柔道の練習をせずに、柔術のスキルを高めている柔道家は、総合格闘技の試合で柔術で対戦相手を圧倒することができるし、短期間で総合格闘技の日本王者になってしまうことがある。こういうのをみていると、やっぱり総合格闘技において柔術のスキルは重要なんだなと感じる。

柔道に対する拘りがあまりないから。

柔道に対する拘りがある格闘家は、柔道への執着を捨てきれず、ボクシングやレスリングの練習を一生懸命しない傾向があるが、柔道に対する拘りがない格闘家は、柔道への執着を捨てて、ボクシングやレスリングの練習を一生懸命する傾向があります。当然ですが、柔道に対する拘りを捨てて、ボクシングやレスリングの練習を一生懸命している格闘家は、プロの総合格闘技の試合で活躍することができます。
スポンサーリンク


寝技が苦手なキックボクシング出身の総合格闘家を圧倒できるから。

寝技が苦手なキックボクサーは、テイクダウンされたら、寝技を防御技をしらない格闘技初心者みたいなものですから、寝技が得意な柔道出身の格闘家は、寝技が苦手なキックボクサーをテイクダウンしたあとに、寝技で極めるという王道ルートが出来上がっています。

スタンドでの攻防でKOされないスキルを身につけているから。

なにがなんでもスタンドの攻防でKOされないスキルを身につけることができている柔道出身の総合格闘家は、総合格闘技の試合で打撃でKOされる率をグーンと下げて、寝技で極める確率をグーンと上昇させることができています。

関連記事
www.gamezinsei.com
www.gamezinsei.com

空手出身の総合格闘家が強い理由。

黒帯 Kuro-Obi

伝統派空手出身の人は、ある程度の顔面パンチの攻防や、上段の蹴りに対する対処や、総合格闘技に必要なフィジカルを兼ね備えていることもあって、伝統派空手出身の総合格闘家の堀口恭司なんかは、UFCフライ級のタイトルマッチに挑戦していますし、伝統派空手出身のリョートマチダ選手はUFCミドル級王者になることができていますし、伝統派空手出身の亀田興毅選手は、世界ボクシング三階級王者になっています。これらの事実があるので、将来自分の子供を総合格闘技の世界王者にさせたい人は、自分の子供に伝統派空手を習わせるべきだし、将来自分の子供にボクシング世界王者にさせたい人は、自分の子供にボクシングを習わせるべきだと思う。

フルコンタクト空手出身の人は、上段への蹴りへの受けと中段の蹴りへの受けと下段への蹴りへの受けができることや、直接打撃制に耐えうるフィジカルをもっていることや、基本的なパンチノテクニックを持っていることもあって、極真空手出身のジョルジュサンピエール選手は、UFCウェルター級とUFCミドル級の二階級を制覇することができました、極真空手出身フランシスコフィリオ選手は、K-1の試合で世界最強の選手アーネストホースト選手をたおしていますし、極真空手出身のアンディーフグ選手は、K-1の初代ヘビー級王者になっています。

上記二つの事例からわかることは、空手出身の選手は、総合格闘技でも大活躍していますし、ボクシングでも大活躍していますし、K-1でも大活躍しています。今回は、空手出身の総合格闘家が強い理由。をテーマに記事を書かせていただきます。

空手出身の総合格闘家が強い理由とは?

空手出身の総合格闘家が強い理由は、フルコンタクト空手のトップ選手のポテンシャルは凄いから。&空手をやっている選手のフィジカルは総合格闘技向きだから。&フルコンタクト空手をやることで総合格闘技をやるために必要な土台が整うから。&伝統派空手特有のステップを総合格闘技に活かすことができるから。&空手出身の選手は強くなることに貪欲だから。&空手の土台があれば、総合格闘技に必要なキックボクシングのスキルを簡単に身につけることができるから。&空手は、脳ヘのダメージが少ない競技だから。&フルコンタクト空手の選手は、蹴りでKOするスキルが高いから。&伝統派空手は、常に顔面への攻撃を想定した組み手をやっているから。&空手家は他の競技出身の総合格闘家に負けてはいけないという自負があるからなどがあります。

フルコンタクト空手のトップ選手のポテンシャルは凄いから。

フルコンタクト空手の世界王者クラスになってくると、K-1の世界王者になったり、総合格闘技団体の世界王者になったりするし、フルコンタクト空手の全日本王者クラスになってくると、K-1の日本王者になったり、マイナーなキックボクシング団体の王者になったり、マイナーな総合格闘技団体の世界王者になったりすることから判断するに、フルコンタクト空手のトップ選手のポテンシャルは高いといえる。

空手をやっている選手のフィジカルは総合格闘技向きだから。

空手をやっている選手は、体に無駄な脂肪がついておらず、格闘技に必要な筋肉のみが体についている状態なので、空手をやっている選手のフィジカルは総合格闘技向きであると断言することができる。また、レスリングや寝技の攻防が適応できない空手選手もいることをお忘れなく。

フルコンタクト空手をやることで総合格闘技をやるために必要な土台が整うから。

フルコンタクト空手をやることで、総合格闘技をやるために必要な肉体を手に入れることができるし、総合格闘技でも通用するフルコンタクト空手の技術を手に入れることができるから、将来,総合格闘技の世界王者になりたい人は、フルコンタクト空手をやるといいかもしれない。

伝統派空手特有のステップを総合格闘技に活かすことができるから。

総合格闘技の試合で、伝統派空手特有のステップを総合格闘技に活かすことができている選手は、相手に休む暇を与えず、威力抜群の打撃をあいてに的中させることができているので、将来、総合格闘技の試合で相手を打撃で圧倒したいと思っている人は、総合格闘技を始める前に、伝統派空手をやっておくといいかもしれない。

空手出身の選手は強くなることに貪欲だから。

空手出身の選手は強くなることに貪欲であり、空手以外のスキルであるレスリングの練習や、ボクシングの練習や寝技の練習を一生懸命する傾向がありますから、空手出身の選手は、ボクシングも上手いし、蹴り技も上手いし、寝技も上手いし、レスリングも上手いことが多いです。

空手の土台があれば、総合格闘技に必要なキックボクシングのスキルを簡単に身につけることができるから。

伝統派空手であれば、顔面ありの状態で空手の試合をしていますから、伝統派空手の土台がある人は、総合格闘技に必要なキックボクシングのスキルを簡単に身につけることができます。また、極真空手であれば、顔面ありの状態での空手の試合はしていませんが、基本的なパンチの打ち方や基本的なキックの使い方をマスターしてますから、極真空手の土台がある人も、伝統派空手の人同様、総合格闘技に必要なキックボクシングのスキルを簡単に身につけることができます。

空手は、脳ヘのダメージが少ない競技だから。

伝統派空手は、当てない空手ですので、伝統派空手をしたことが原因で脳へのダメージが0ですので、伝統派空手の選手は、脳のダメージが0の状態で総合格闘技のプロ選手になることができます。また、フルコンタクト空手も、顔面へのパンチが禁止されているので、フルコンタクト空手をしたことが原因で脳が深刻なダメージを受けることがないので、フルコンタクト空手の選手は脳のダメージが少ない状態で、総合格闘技のプロの選手になれます。

フルコンタクト空手の選手は、蹴りでKOするスキルが高いから。

フルコンタクト空手では、顔面への攻撃が禁止されていることもあって、フルコンタクト空手の選手は、伝統派空手の選手以上に、蹴りでKOをするスキルが高くなっています。このフルコンタクト空手の選手特有の蹴りでKOをするスキルを総合格闘技に活かすことができるかどうかが、フルコンタクト空手の選手が総合格闘技に通用するかどうかの試金石になってくる。

伝統派空手は、常に顔面への攻撃を想定した組み手をやっているから。

伝統派空手は、常に顔面への攻撃を想定した組み手をやっているため、伝統派空手の出身の総合格闘家は、顔面への攻撃でKOされることはほとんどありません。ただし、相手がボクシングエリートの総合格闘家だったりすると、伝統派空手出身の総合格闘家は、ボクシングエリートの総合格闘家のボクシングで圧倒されてしまう場合もあります。
スポンサーリンク


空手家は他の競技出身の総合格闘家に負けてはいけないという自負があるから。

空手家は自分が負ける=自分の空手の流派が弱いということになるので、空手家出身の総合格闘家は絶対に、他流派空手の総合格闘家や、他競技出身の総合格闘家に負けてはならないと思っています。こういう気持ちを持って、総合格闘技の試合に臨む空手家は強い。

最後に、

空手出身の総合格闘家が強い理由について書かせていただきました。

関連記事
www.gamezinsei.com

相撲出身の総合格闘家が弱い理由。

スポーツ報知 大相撲ジャーナル2019年11月号 九州場所展望号

相撲出身の総合格闘家は、恵まれたフィジカルだけで、ボクシングテクニックも0、レスリングテクニックは0、寝技テクニックも0、蹴りを的確に当てるテクニックも0ということもあって、相撲出身総合格闘家が、ある程度恵まれたフィジカルを持っているボクシング出身の総合格闘家に勝つことはできないし、圧倒的なフィジカルを持つレスリング出身の総合格闘家に勝つこともできないし、プロのキックボクシング出身の総合格闘家に勝つことはできない。この厳しい現実があることをしっている格闘技ファンは、相撲出身の総合格闘家は、総合格闘技の世界で超一流になることは無理であることをこころのどこかで悟っている部分がある。今回は、相撲出身の総合格闘家が弱い理由。をテーマに記事を書いていきます。

相撲出身の総合格闘家が弱い理由。

相撲出身の総合格闘家が弱い理由は、ボクシングテクニックがまったくないこと。&レスリングテクニックがまったくないこと。&寝技テクニックがまったくないこと。&蹴りを的確に当てるテクニックがまったくないこと。&スタミナがまったくないこと。&唯一もっているスキルがリング済みに敵選手を押し込むだけ。&対戦相手に強い選手を当てられること。&総合格闘家の肉体を作ってことないこと。&試合で何がなんでも勝つんだという意気込みがないこと。&総合格闘技の試合経験が乏しいこと。などがあります。

1.ボクシングテクニックがまったくないこと。

相撲出身の総合格闘家は、ボクシングのパンチを当てるスキルも0だし、ボクシングのパンチを総合格闘技に活かすスキルも0だし、ボクシングのパンチをよけるテクニックが0ですから、相撲出身の総合格闘家がボクシングが本当にうまい総合格闘家のパンチに対応できないことは良くあることです。こういう事態を防止するには、相撲出身の総合格闘家を目指している人は、35歳で相撲を引退するのではなく、20歳で相撲を引退して、20歳から総合格闘技のキャリアをスタートさせ、一生懸命ボクシングテクニックの練習に励むべきなのです。

2.レスリングテクニックがまったくないこと。

相撲出身の総合格闘家は、レスリングテクニックがまったくないため、相手を転がして、相手の体にパンチを打ち込むという戦略をとることができませんから、相撲出身の総合格闘家は、ひたすら、対戦相手に抱きつくくらいしかやることがありません。こういう事態を防止するには、相撲出身の総合格闘家を目指している人は、20歳~25歳のうちに相撲を引退して、総合格闘技のジムで、22歳ごろからレスリングの練習をスタートさせるしかない。

3.寝技テクニックがまったくないこと。

相撲出身の総合格闘家は、寝技テクニックがまったくないため、せったく相手の上に乗っかるという有利なポジションを取ることができても、相手を寝技で極めることができませんし、長時間相手選手の上にいる状態をキープするだけです。こういう様子を見た総合格闘技のファンは、この相撲出身の総合格闘家は、寝技で極めるスキルがないことがまるわかりだし、本当に退屈な試合しかしないな、試合を見る価値がまったくなしだわという感想を抱きます。

4.蹴りを的確に当てるテクニックがまったくないこと。

相撲出身の総合格闘家は、蹴りを的確に当てるテクニックがまったくないため、相手の顔ががら空きなのに、上段前蹴りを入れることないし、相手の腹ががら空きなのに、中段前蹴りをいれることもできないし、相手の膝の部分ががら空きなのに、下段回し蹴りを入れることができないし、ひたすら相手に体当たりしていくことしかできません。こういう様子を見ると、相撲出身の総合格闘家は、体当たりのスキルしかないのに総合格闘技に参加してしまった素人みたいなもんだなと感じざる終えない。

5.スタミナがまったくないこと。

ボクシング出身、キックボクシング出身の総合格闘家は、3ラウンド、4ラウンドになってもスタミナが切れずに元気ですが、相撲出身の総合格闘家は1ラウンド、2ラウンドでスタミナが切れてしまい、スタミナが切れたあとは動きが鈍くなります。こういう様子を見ていると、相撲出身の総合格闘家も、プロの総合格闘技の試合にでるんだから、必要最低限のスタミナをつけるために走りこみくらいしておいてくれよーと思ってしまう。まあ、スタミナがすぐに切れて、動けなくなるのも、相撲出身の総合格闘家らしくて、嫌いではないのだけど。

6.唯一もっているスキルがリングの隅に敵選手を押し込むだけ。

相撲出身の総合格闘家が唯一もっているスキルがリングの隅に敵選手を押し込むだけというものになっているため、相撲出身の総合格闘家が敵選手を華麗な打撃、かっこいいサブミッションで倒す様子をみることはできませんが、相撲出身の総合格闘家が、敵選手の見事な打撃でKOされる様子や、適選手の見事なサブミッションで極められる様子をみることができます。これらのことからわかることは、相撲出身の総合格闘家の選手は、やられ役の選手として総合格闘技界隈で大活躍しているということ。

7.対戦相手に強い選手を当てられること。

ネームバリューのわりに、格闘技スキルが相撲しかない総合格闘家は、自分よりも総合格闘技界隈で強いとされる選手と戦うことが多く、なかなか相撲出身の総合格闘家は、プロの総合格闘技の試合で勝利している様子をみることはできません。この事実があるから、相撲出身の総合格闘家が弱いといわれてしまうのですね。

8.総合格闘家の肉体を作ってことないこと。

相撲出身の総合格闘家は、相撲選手時代の脂肪まみれで素早く動けない肉体のままで、総合格闘家として大活躍できる脂肪が少なく、素早く動ける肉体をつくっていませんから、相撲出身の総合格闘家はなかなか総合格闘技に適応できず、総合格闘技の試合で負け続けています。こういう様子をみた総合格闘技ファンは、相撲出身の選手は無理に総合格闘技なんてやらずに、いままでどおり、相撲をやっておけばよかったんではないかという感想をいだきます。

9.試合で何がなんでも勝つんだという意気込みがないこと。

ボクシング、キックボクシング、レスリング出身の総合格闘家からは、総合格闘技の試合で何がなんでも勝つんだという意気込みを感じることができますが、相撲出身の総合格闘技家からは、総合格闘技の試合で何がなんでも勝つんだという意気込みを感じることができず、まあ本職の相撲じゃないから負けてもいいやーとうオーラを感じることがあります。
スポンサーリンク


10.総合格闘技の試合経験が乏しいこと。

総合格闘技を10試合こなしている人であれば、総合格闘技に適応できないということが理由で、総合格闘技の試合に負けることはありませんが、総合格闘技の試合が初めての相撲出身の総合格闘家は、総合格闘技に適応できず、総合格闘技の試合に負けることがあります。

最後に、
相撲出身の総合格闘家が弱い理由。をテーマに記事を書かせていただきました。

関連記事
www.gamezinsei.com