読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

ナンピンで一撃250万円を失ったあの夜。

超ど素人が極めるFX

この話は金に執着してしまい、FXという恐ろしいものに手を出してしまった間抜けの話なので、これからFXを始めるよーという人に一度読んでもらいたい。この話を読んでも、FXをやりたいという人は一度相場で大損をぶっこいてみるといいと思う。一度大損すれば、二度とFXなんてしたいとおもわなくなるからね。ということで、本題のナンピンで一撃250万円を失った時の話をかいていきたい。


管理人は圧倒的な金に対する執着心をもつ金の亡者で、金を持っていないものには価値がないという捻じ曲がった思想をもっていました。そんな管理人は、金をもっていない今の俺はただのゴミと思い始め、ついに海外FXアイフォレックスに20万円という大金を入金して、トレードを開始していきます。

管理人にはトレードスキルや損切りスキルなど持ち合わせておらず、持ち合わせているスキルは金が欲しいと圧倒的な欲望のみ。こんな強欲な心しかもっていないやつがFXで勝てるわけがないということに、管理人自身も気づいていたのに、金持ちになりたいという欲望を抑えることができずにアイフォレックスに20万円を入金したのです。

この20万円は当然、クレジットカード入金なので、借金。そのときは一時的に20万円借金するだけだし、FXで儲けて20万円を返金すればいいやという甘い考えを持っていました。甘い考えはそれだけではなく、20万円を6億くらいに増やしてから、口座からお金を出金すればいいだろとも考えていました。

そんな甘い考えをもっていながらも、最初は圧倒的な運が炸裂して、高いレバレッジで連戦連勝を重ねて20万円が250万円に到達し、あれっ、俺は天才トレーダーじゃないのかと勘違いし始めます。このときは自分では天才トレーダーと思っていましたが、外から見れば、トレードスキルがないのに、運よくFXで連戦連勝を重ねてしまった人。この現実を直視せずに、管理人は俺はトレードスキルが抜群だからサラリーマンなどやる意味がないと思い、会社を勢いでやめてしまったのです。

あの時、たった3勝くらいで、俺は天才などとは思わず、サラリーマンを継続していれば、人生のどん底に落ちることもなかったのに。そんな風に思ったのは相場で250万円のお金をむしり取られてからでした。ここで一つ学んだのは、人生というのは、何事も自分の思うようにうまくいかずに、どこかで大きく失敗するということがあるのだと。

サラリーマンから傲慢天才プロFXトレーダーに転身した管理人は社畜時代よりも膨大な自由を手に入れ、毎日相場に集中することができるようになり、これで俺も億万長者だと確信してしまったのです。ここで確信なんかせずに、働きながらトレードに集中しておけばよかった。

最初の連戦連勝でおれは会社に頼らずとも一人で生きていけるという慢心が一撃250万円もの大金を失う原因なのはいうまでもない。

管理人が資金20万円を250万円にして一瞬にして資金を0円にしたトレード手法。

管理人はハイレバレッジで適当に逆張りをかましていたら、たった20マンが250万円になってしまうという奇跡を引き起こしてしまいます。このとき管理人はこれを奇跡だと思わず、すべて俺の実力だと勘違いしてしまいました。運よく250万円に資金を増やせたときの手法は相場の値が上がったらひたすらショートしてナンピンwwとでも名づけておきましょう。


管理人は運よくナンピン手法でFX資金をふやせたせいか、FXはあがったらナンピンしておけば負けないと思い始めてしまい、ひたすら高いレバレッジでナンピンを繰り返していきます。しかし、ナンピンしても、相場はまったく下がらず、上に上昇していき、自分の含み損がどんどん増えていきます。このトレード手法は時間を待てば、待つほど、損益が膨らんでいってしまうので、損切りができる人しかしてはいけません。それなのに、管理人は、損切りしないことが正義だと何度もいい続けていました。

管理人がどのような手法で運よく利益を得ることができたかというと、レンジ相場の上限で高いレバレッジでナンピンを繰り返していき、相場がレンジの上限で天井を打ち、落ちてくるのを待つだけ。簡単に言い換えれば、ナンピン祈って待つ手法。この手法は損益がものすごいスピードで増えていく様子をまのあたりにすることになるので、余程の精神力と余程の資金力がない人にはおすすめできません。私もこの手法を利用したせいで、250万円もの資金を一時間という短期間で0円にして、冷や汗がとまらず、生きているのが本当に辛いと思ってしまいました。私のようになりたくなければ、この手法を絶対に使ってはいけない。

私のハイレバレッジナンピンがだめだっただけで、ナンピンはレバレッジを抑えて、豊富な資金力があれば、普通に相場でお金をたくさん儲けることができるので、ナンピンがダメダーと決め付けるのは視野が狭いといえるでしょうね。一番確実なのは、ナンピンではなく、相場の流れに乗って純張りすることだということも忘れてはいけない。

もうひとつここで覚えていきたいのは、ナンピンしているときにどれだけ損益が膨らんでも、トレードしている本人は資金が0になるまではいずれもとの数値に戻ってくるだろと思い、なかなか損切りできません。このいつか戻ってくるという期待をさっさと捨てて、少ない損益で損切りできる人が相場で生き残ることができるので、初心者のときから損切りをする習慣をつけておくことは大事ですね。

自分がナンピンで何度も失敗を重ねて学んできたこと。

1.ナンピンをどうしてもしたいときは低レバレッジで20円から30円耐えれるポジションしか取らない。

2.相場が上がっているときには買う、相場が下がっているときには売るという順張りができれば、基本的には負けない。

3.逆張りをして予想が外れてしまったら、しっかりと損切りすることが大事。

4.FXは勝ち逃げが基本。相場で儲けたら、これ以上設けてやろうとは思わず、全額出金することが重要。

5.ポジションを持つということはお金を儲けるチャンスを得るということではなく、お金を損する機会を得たのだということ。

6.トレードをしないということが一番メンタルによく、毎日楽しく生きていくことができる。

7.何があっても、海外FX口座には手を出してはいけない。

8.相場に自分の思いや願望は一切通じず、いつも無慈悲な動きをする。

9.経済指標を分析することは相場で利益を出す上では必要不可欠。

10.これはもうあかんと思ったら、すぐにロスカットすればOK。

11.FXは欲を捨てて、毎回同じLOT数でトレードして、勝ち越せば、生き残れるゲームだと理解できる。

12.トレードに使用するお金は、失ってもいいお金を使うべき。この金を失ったらいけないという思いでトレードすると冷静な判断ができないため。

13.相場は突然、ありえない動きをする。

14.FX初心者は低資金からトレードをしないと、再起不能になるくらいのお金を失うはめになる。

15.ここでポジッたら勝てること間違いなしというときほど、損をするのが相場。

16.ナンピンとスキャルピングを同時にすることだけは絶対にしてはいけない。

17ポジポジ病って本当にやっかいだなと。

18.スキャルピングだからといって運試しにポジションを取るのも危険。


スポンサーリンク



最後に

FXでお金を損するということは、相場参加者ならば、誰もが通る道。