読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

FXで損切りは大事。

0円から2億円を稼いだJACKさんのお金の増やし方入門

FXを始めて最初にぶつかる壁は損切り。その損切りができなくて、相場から退場していったトレーダーの数は数知れず。私も、FX初心者だった頃は損切りができずに何回相場から退場したことか。まあ、今では、多くの退場と多くの損切りをすることで、損切りがスムーズにできるようになりましたが。

損切りがなぜ大事なのか?

1.損切りができないと近いうち相場から退場する。

損切りをしないでトレードしていると、自分が相場の予想を外したときに、凄まじい損益を抱えたポジションを持つことになります。当然、凄まじい損益を抱えても損切りしないので、近いうちロスカットされてしまいます。このような悲劇を産まないためにも、予想外したらすぐに損切りをするという習慣をつけておきましょう。

2.損切りは勇気ある撤退。

損切りはすることは、被害が小さいうちに損切りをして、次のチャンスに備える勇気がある行動。この事実をしっかりと認識して、儲かる気配がないポジションはさっさと損切りしていきましう。この儲かる気配があるかないかはトレードをしているうちに身につくものなので、どんどんトレードをして身につけていくというのが大事。

3.損切りができれば、追証にも合わない。

損切りができる人というのは、見込みがないポジションはさっさとカットしてしまうので、長期間ポジションを持ち続けることがない。長期間ポジションを持たなければ、突然起きる大きな変動に直面する回数も減り、追証なんて事態にはなりません。ただ、何が起こるのかがわからないのが相場なので、損切りすればいいやと慢心せずに、ポジションを取るときには、気を引き締めよう。

4.ゴミポジションの利益が運良くプラ転したら、速攻で利確しよう。

たまにゴミポジションが運良くプラ転することがあります。そういうときに限って、プラ転したところが天井だったりするので、プラ転したところで利確しましょう。

損切りラインについて。

毎回損切りラインを決めてトレードするほうがいいという意見もアリますが、損切りラインを決めてトレードをしていると損切り貧乏になりやすいので、損切りラインを決めて機械的にトレードするのはよくないですね。なぜ損切りラインを決めるのがよくないのかについて書いていきます。

1.損切りラインが底の場合がある。

自分の定めた損切りラインが底で、自分が取ったポジションが爆益になることがよくある。このような爆益の機会を損切りをしすぎていると逃してしまうので、機械的に損切りをするのはあまりよろしいこととは言えない。

2.損切りは自分の過去の相場体験を軸にして行うのが良い。

相場で多く失敗すると、ここでポジションを持つのが危険だと本能的にわかるようになります。そのため、自分がこれはヤバイ危険だと思ったら、損切りラインに達していなくても損切りしましょう。人間のカンというのは自分が思っている以上に当たるので、あながち馬鹿にできません。

3.レバレッジに応じて損切りラインを変える。

レバレッジが高めのときは損切りが早めに定めておき、レバレッジが低めのときは損切りを遅めに定めています。そうすることで、ハイレバレッジで大損することを防ぐことができ、一発退場にならずに済みます

損切りを絶対にしなければいけない場面

1.相場が一方通行で大きく動く時。

相場は基本的にはレンジ相場で糞ポジでも助かるときがありますが、突然良い指標や良い経済ニュースが入ってくると一方通行に大きく動きます。その大きく動く時に、ゴミポジションを素早く損切りできれば、損益を抑えることができるので、相場から退場せずに済みます。

2.レバレッジが高い時。

レバレッジが高いときは、損切りラインをしっかり決めておいて、損切りラインに達したら速攻で損切りしよう。レバレッジが高いと、損するスピードも低レバよりも何倍も早いので、さっさと損切りするに限る。

3.これはやばいんじゃないかと直感で思った時。

自分の動物的感がこのポジションを持ち続けたらやばいと言っているというときは、速攻でポジションを切りましょう。これに関しては、人間のカンというのは自分の思っている以上に当たります。

損切りする以上に大切なこと。

1.レバレッジを上げすぎない。

レバレッジを上げすぎると冷静にトレードできなくなり、糞みたいなところでポジションを取りまくります。この事実をしっかりと直視して、普段からレバレッジを抑えてトレードをしよう。

2.トレード資金に命金を利用することをやめよう。

命金(絶対にそんしてはいけないお金)でトレードすると、損したくないという気持ちが強くなり、ポジションが取れなくなります。当然、ポジションがとれなくなれば、最高のトレード機会を逃すことにつながり、トレードで利益をだすことができなくなる。

3.ポジポジ病にならない。

ポジポジ病(ポジションを所有していないと気が気ではない状態)にならないことは損切り以上に大事。なぜ大事なのかについては、ポジションを常に持っていると、突然の大きな変動に当たる確率が高まり、一撃で資金を失うことに繋がるから。

最後に

損切りは大事なのでこまめに行なっていきましょう。

損切りがし易いFX業者ランキング。

第一位通貨ペア充実の"DMM FX"!

スプレッドがドル円で0.3で、ユーロ円でも0.6なので、間違ってポジションを取ったときに迷いなく損切りできる。

第2位外為ジャパン

DMMFXと同じスプレッドを誇るので、損切りがしやすい業者。

第3位GMOクリック証券

あのツイッターで有名な資産10億円トレーダーが利用している業者。