読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

レバレッジって何?

【第2類医薬品】サンテFXネオ 12mL

レバレッジを利用すれば、FXトレード時に少ない資金で多額のお金を動かす事ができ、大きな利益を得ることができます。ただ、このレバレッジを高くしすぎると儲けるときも損するときの金額が跳ね上がってしまうので注意が必要です。

レバレッジをうまいこと利用できるかどうかが相場で生き残っていく鍵となってくるので、レバレッジはFXトレードと切っても切り離せないものとなっています。

レバレッジの国内規制

今現在FXの国内業者では、ハイレバレッジトレードで大きな損を出してしまう人が多発しているため、レバレッジは25倍までと決められています。そのため、資金が少ない人が国内業者でいくらトレードしてもなかなかお金を増やすことができないという厳しい現実があります。

資金が少ないけど、お金を増やしたいという人は、レバレッジ400倍が当たり前の海外口座でトレードするのがおすすめです。なんでおすすめなのかについては、海外口座を使えば、資金が一万円でもトレードさえうまく行けば、資金を6億に増やすことができるから。

レバレッジを下げてトレードすることのメリット

1.低レバレッジは損する金額が少ない。

低レバレッジのメリットは何と言ってもどれだけ予想を外しても損する金額が少ないので、資金がなかなか溶けない。ただ、損しないということは予想が的中したときも大して儲からないというデメリットもある。これに関しては、資金を減らさずにコツコツ増やしていきたい人は低レバでのトレードを継続すればいいし、資金を失ってでも億を短期間で儲けたいならば、ハイレバレッジでトレードすれば、いいのではないかなと。

2.お試しポジションを取りやすい。

ポジションを取りたいけど、儲かる確信がないときはレバレッジを極端に下げてお試しポジションを取ってみましょう。お試しポジションの予想が外れても、大した金額を損する可能性が少ないし、予想が当たれば、少しお金を儲けることができます。ただ、お試しポジションを取る習慣がつくと、適当にポジる癖が付きかねないので良くない部分もあります。

3.低レバレッジ口座はロスカットがある。

低レバレッジ口座は資金の50%を切るとポジションを強制ロスカットしてくれる制度があるので,一度のトレードで資金すべてを溶かしてしまうことがありません。ただ、ロスカットされなければ、プラ転して生き残っていたのにいいいという悔しい場面に遭遇することもあるので、ロスカットが最高だというわけではありません。

ロスカット制度の悪いところは、大幅の変動で、自分の資金がマイナスになってしまった場合、マイナス分のお金をFX業者に支払わなければいけないということ。このデメリットだけは、本当に恐ろしいので、気をつけていかなければ行けません。

4.経済指標発表時にスプレッドが開いてトレードができない。

海外ハイレバレッジ口座だとスプレッドが多少でかいかわりに、経済指標時にスプレッドが開かないというメリットがあります。それにくらべて、国内FX低レバレッジ口座は経済指標時にスプレッドが5PIPS開いてしまうことがよくあります。この事実を直視すると、経済指標でスキャルピングをする人は、海外ハイレバレッジ口座を利用したほうがいいと思いますね。

まあ、国内業者のスプレッドが経済指標時に100%の確率で開くわけでもないので、そこまで経済指標時のスプレッドを気にする必要もないと思います。結局のところ、スプレッドが開いたらポジションを取らなければいいだけなので。それでも、スプレッドが開いていることに気づかず、チャンスだと思い、ポジションを取ってしまうこともあります。

5.国内低レバレッジ業者はハピタスを利用すれば、20000円くれる。

国内業者の場合、ハピタスで、FXの口座を開くだけで20000円くれるキャンペーンをよくやっているので、FXの口座を作る予定がある人はハピタス経由で口座を作るのもあり。ただ、FXで20000円を稼ぐなんて超カンタンなので、ハピタスで口座開設をするのが面倒くさかったりします。

6.レバレッジ25倍でも結構儲けることができる。

レバレッジ25倍だと5万円あればドル円を1枚ポジることができるので、100PIPS抜くことができれば、一万円を儲けることができます。その逆も然りで、マイナス100PIPSになってしまうと1万円というお金を失ってしまいます。

7.FXトレードを低リスクで楽しむことができる。

低レバレッジならば、40円逆行しても生き残れるポジションしかもたないので、どれだけ予想をはずしても、相場から退場する事がありません。相場から退場しない限りはいつでも、損益分を取り返せるチャンスがあるので、退場しないことはとても大事なことですね。

8.低レバレッジは、少し逆行するだけで退場することがないので、いつも安定したメンタルでポジションをもてる。

ハイレバレッジだと予想を外したらすべてが終わるというメンタルになってしまい、トレードで冷静な判断ができなくなってしまいます。それに比べて、低レバレッジは、予想を外しても、大したことがないというメンタルになるので、いかなるときも安定したメンタルでトレードすることができます。

9.低レバでトレードの練習ができる。

トレード初心者は最初は低レバでトレードの練習をしていきましょう。低レバだと、いくら予想を外しても、HPが0になることがないので、いくらミスを犯してもOKです。こういうとデモでやればいいじゃんという人がいますが、デモだと一円も損しない分、トレードに本気になれないので、トレードするだけ無駄です。やはり、トレードというものは損するか損しないかの中でトレードしないとだめだよね。

10.低レバレッジ口座は出金トラブルは殆ど無い。

海外のハイレバレッジ口座は出金トラブルがよく起きるので、FX初心者には敷居がかなり高い。それに比べて国内の低レバレッジ業者は出金トラブルがほとんどない。出金トラブルがないだけで、安心してトレードできるので、トレード成績がよくなること街がないナシだね。

11.レバが低い国内業者は銀行口座振込なので安心。

国内業者は銀行口座振込でしか入金できないため、借金してFXをしなくても済むというメリットがあるし、クレジットカードを所有していない人でもFX取引をできてしまう。それに比べて、クレジットカード入金だと、自分の目の前にお金がないため、見境なし、FX口座にお金を入金してしまうというリスクが伴う。

12.国内FX業者は口座開設キャンペーンも頻繁に開催している。

レバレッジを抑えてトレードしながら、口座開設キャンペーンの特典も受けられるなんてお得すぎる。ただ、その特典をゲットするには500LOT以上のトレードをこなさないといけないという条件があるので、結構達成するのが難しいのだ。

13.国内業者はスプレッドがとてつもなく狭い。

国内業者だとスプレッドがドル円で0.3ととてつもなく狭いので、適当にポジションを取っても利益を上げる事が可能。スプレッドが狭いということは、業者に支払う手数料が少なくて済むので、お金を稼ぎやすいというメリットも存在する。この事実を知っているいる人はスプレッドが狭い業者しか利用しない。

14. 低レバ国内業者はCFD取引ができない。

CFDはFXよりもかなり危険な商品を扱っているので、絶対に手を出してはいけない。この事はトレードを一度もやったことがないよーという人も頭の片隅においておこう。ただ、人によってはCFDのほうがFXトレードより得意な人もいるので、一概にCFDが危険だとは決めつけることはできない。

15. 低レバレッジでスイングトレードが最強。

豊富な資金を用意して、低レバレッジで20円以上の値幅を狙うスイングトレードをしよう。低レバレッジなので、10円程度予想を外したところで、痛くも痒くもないし、20円以上の値幅を取れれば、多額の金をゲットすることが可能に。

16.低レバレッジ、狭いスプレッドでのスキャルピングが最強

レバレッジを抑えることで冷静な判断ができるようになり、トレードの勝率がアップ。しかも、スプレッドが少ないので、利益の金額もアップ。

レバレッジを下げてトレードするデメリットある。

1.損切りスピードが遅くなってしまう。

レバレッジの低い口座でのトレードだと、予想を外してポジションをとっても、資金に余裕があるため、損切りが遅くなってしまう。その結果、素早く損切りをするスキルがなかなか身につかない。

2.資金が増えるまでのスピードが遅い。

レバレッジを下げると、利益が増えるスピードも遅くなってしまい、なかなか資金が増えない。そのため、億万長者になるまでの時間がながくなる。誰よりも早くお金を稼ぎたい人はリスク覚悟でハイレバレッジ業者を利用するしかない。

3.追証システムがある。

低レバの国内業者には追証システムがあるので、相場で一度に10円以上動く変動がおきて、自分の資金が大幅なマイナスになったら、自分の資金のマイナス分を運営に支払わなければならない。これに関しては、FXで資金を失うだけでなく、借金を背負うことにもなりかねない。追証システムが怖いという人は0カットが配備されている海外口座でのトレードを推奨する。

4.低レバ国内業者はクレジットカード入金ができない。

銀行口座振込だと振込時に振込手数料300円を取られてしまいます。それに対して、クレジットカード入金は入金しても手数料が一円もかかりません。この事実があるので、手数料を一円も取られたくない人はクレジットカード入金が可能な海外FX業者でトレードをしましょう。

5.利確するまでの時間が長くなる。

低レバレッジだと大きく取らないと利益を出すことができない。それに対してハイレバレッジであれば、10PIPSを抜くだけで爆発的な利益を生み出すことが可能になってくる。これに関して自分が思うのは、短期間でお金を儲けたいならば、海外ハイレバ口座で、コツコツ長期間でもけたいなら国内低レバ口座。

6.低レバレッジ口座だから安心だろうと思いこんでしまい、自分が持てるだけのポジションを所有してしまう。

低レバ口座だから少し動いたくらいではびくともしないという気持ちを持ってしまうと、ついつい大きなポジションを所有してしまいます。ポジションを大量に所有後に、予想を外すと大きな金額を損することになるので、低レバレッジだから多額の損をしないと思い込むことはやめましょう。

7. 低レバレッジではトレードに本気になれない

一度でも損したら終了という精神でのハイレバトレードだからこそ、本気で考えてポジションをとるようになり、勝率が高まる。逆に低レバレッジトレードだと負けても大丈夫という気持ちが出てしまい、本気で考えてポジションをとらなくなり、勝率がひくまる。要するに、本気でトレードに打ち込みたいなら一度はハイレバでトレードをしてみよう。

8.ポジポジ病を発症してしまう。

レバレッジが低いと一度の利益が少ないため、一日に何度もポジらないとそれなりの金額を稼ぐことができません。その結果、もっとポジってお金を儲けないといけないと思ってしまい、ポジポジ病を発症することに。

低レバレッジの国内FX業者ランキング。

第一位 通貨ペア充実の"DMM FX"!

DMMFXはFX国内業者の中で一番スプレッドが狭くて、一番滑らなくて、一番取引されています。

1.今なら20000円を超えるキャッシュバックを開催してます。

2.プレミアムチャートの質が高すぎて他の業者のチャートを圧倒している。

3.出金に手数料が一円もかからないので、気軽に出金できる。

第二位 外為ジャパン

外為ジャパンはDMMFXが1000通貨でトレードできるなったバージョン。

1.スプレッドはDMMFXと同じで狭い。

2.取引画面がシンプルでトレードし易い。

3.1000通貨トレードに対応しているので、FX初心者におすすめ。

第3位GMOクリック証券

GMOクリック証券はスプレッド最狭で、キャッシュバック金額も高額。

1.GMOという信頼できる業者が運営しているので、出金トラブルもほとんどない。

2.トレードアイランドで、他のトレーダーとトレード成績で競うことができる。

3.スプレッド狭い業者なので、スキャルピングをするときに利用すべし。

最後に、

レバレッジは低いに限るし、損切りも大事。