ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

fx 勝ってる人はいないのか?

ずっと使えるFXチャート分析の基本 (シンプルなテクニカル分析による売買ポイントの見つけ方)

FXというゲームで、一ヶ月~3ヶ月というスパンでならFXで100万円以上勝っているぞという人は日本に大量にいますが、FXというゲームで一年~3年というスパンでFXで100万円以上勝っているぞという人は日本でごく少数しかいません。この事実をしったFX初心者は、FXというゲームをやってはいけない、労働オンリーでがんばろうという思い込みが強くなりますし、FX口座に100万円以上のお金を金額を入金することが怖くなります。それでも、労働ではいつまでもたっても、自由を得られるだけのお金を得ることは不可能だと悟ると、日本のFX口座に入金をして、FX口座でFX取引をするというアクションを起こします。

FXで勝ってる人はいる。

1年で3億円勝っているFXトレーダーはツイッター界隈に数人いますし、1年で50万円以上のお金を稼ぐFXトレーダーは日本で10万人以上はいます。こういうFX取引で勝ち続けている人の裏で、FX取引で一年で3億円~6億円の損失を出している人が10人以上もいますし、一年で50万円~100万円の損失を出している人が10人以上います。これらのことを知った一割の人は、俺はFX取引で一年3億円稼げるようになるまでFXトレードをやめへんでーといいますが、残りの9割は、俺はFX取引で一円もお金をなくしたくないから、お金をなくす可能性があるFX取引を辞める選択をします。

ほとんどはFXトレードで負けている人ばかり。

海外FX口座で、1万円のゼロカットを何度も繰り返すひとや、20万円のゼロカットを何度も繰り返す人が、海外FX口座利用者の9割をしめていますし、国内FX口座で、3万円の損失を出すということを5回以上繰り返す人や、50万円以上のロスカットを3回以上を繰り返す人が国内FX口座利用者の9割を占めています。この恐ろしい現状を自覚しながら、それなりにレバレッジを抑えて、勝てるときオンリーでFX取引をすると、FX取引で勝てるようになります。そうはいっても、人は欲深い生き物で、金を稼ぎたい欲望を抑えれず、ハイレバレッジでFX取引をしてしまうのです。
スポンサーリンク


fx 勝ってる人はいないと思ってしまう心理。

これは予想外ですと感じるドル円/ユーロ円/ポンド円の値動きのせいで、自分の海外FX口座残高が0になると、FX勝ってる人なんてどこにもいないだろー、FX取引に出会わなければよかったと思います。逆に、見事、ドル円/ユーロ円/ポンド円の値動きのおかげで、自分海外FX口座残高が300万円になると、FXで300万円儲けるとか簡単すぎ、FX取引に出会ったことで俺の人生は完全にかわったわという思考になります。これらのことからわかることは、FX取引での損失額がおおきくなればなるほど、FX勝っている人はいないと思いたがるし、FX取引利益額が大きくなると、FX勝っている人だらけだろうなと思うになります。

最後に、

FX勝ってる人はいないのかをテーマにして、記事を書かせていただきました。