ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

ポンド円は大きく動く通貨。

超ど素人が極めるFX

ポンド円は一日で、二円から三円動くことがよくある通貨なので、一日で多くのPIPSを稼ぎたい人に人気があります。ただ、為替レートが大きく動くということは、儲けるときはガツンと儲かりますが、予想を外したときはガツンと大損します。この事実を知ってしまうと、ポンド円でトレードするのが怖くなり、変化量が少ないドル円やユーロ円をメイントレード通貨として扱うようになります。自分の場合も、ユーロ円やドル円は恐怖なしにポジれますが、ポンド円をポジるときは多少の恐怖を覚えます。今回は大きく動くポンド円がどういう通貨なのかについてかいていきますね。

ポンド円の1円変動は普通。

ポンド円は指標や大きな経済ニュースがないときでも、一日一円変動する通貨なので、たいして動いていないところでポンド円をポジると、速攻で含み損を抱えてしまいます。このような事態を招かないようにするためには、ポンド円をポジらない+せめて100PIPSは動いてから逆張りする+今日一日ドル円一本でトレードをすると決めるという3つのことを実践しよう。この3つのことを実践すれば、ヨコヨコの日にポンド円で大きな含み損を抱えることはありません。

ポンド円の二円変動は結構ある。

ポンド円は、ユーロ円の指標が一日で二個以上発表される日に、一日二円変動する可能性が高い通貨なので、ユーロ円感覚で逆張りをかますと速攻で、100PIPS以上の含み損をかかえてしまいます。このような事態を招かないようにするためには、むやみやたらに逆張りをしない+ユーロ円は二円以上動くと覚悟しておく+素直に順張りするという3つのことを実践しよう。この3つのことを実践すれば、ポンド円が一日二円の幅で変動しても、焦ることなく対処できるはず。

ポンド円の三円~4円変動はおぞましい。

ポンド円はイギリスの指標やイギリス系の大きな出来事が発生する日には、一日3円~4円変動する可能性が高い通貨なので、適当にポンド円を逆張りすると、マイナス200PIPS以上の含み損を抱えてしまいます。このような事態を招かないようにするためには、毎日相場に参加しない習慣をつける+わからない時はポジションを取らない+ポンド円に常識は通用しないという3つのことを実践しよう。この3つのことを実践すれば、ポンド円が一日4円以上変動しても、大きな損を被ることはありません。

ポンド円は一度大きなトレンドが発生すると、短期間で15円から20円ほど変動する通貨。

ポンド円は変動幅がとてつもなくでかいため、トレンドにうまいこと乗ることさえできれば、凄まじいほどの利益を叩き出すことができる通貨。逆に、トレンドの方向に逆行したポジションをとってしまうと、おぞましい額の損益を叩き出してしまう通貨なのだ。このような事実がるため、ポンド円で逆張りでトレードをするのはあまり得策ではない。とはいっても、最高の逆張りのチャンスが機会がくるとポンド円を逆張りしてしまいますけどね。

ポンド円をいじらないのも得策。

ポンド円は人の予想を裏切る値動きをする通貨なので、ポンド円でトレードしていれば、誰でも大きな含み損を抱えることがあります。このようなリスクを併せ持っているのが、ポンド円という通貨なので、大損したくない人はポンド円をいじらないほうが良いと思います。後、トレードで大損するかもしれないということに過度な恐怖を持っていると、冷静な判断ができなくなり、利確も損切りも上手くできなくなるので、FXで大きな利益を出すには、損することに対する恐怖を持たないことも重要です。

イギリス指標を舐めてかかってはいけない。

FX初心者の場合、イギリス指標は50PIPSくらいしか動かない指標だろうと思いこんでしまい、50PIPS動いたところで逆張りしてしまい、大損をぶっこいてしまいます。このようなミスを起こさないようにするには、イギリス指標発表で、ポンド円が1円から1.5円変動するという事実を知り、50PIPS動いたところで逆張りをしないことが大事。

逆張り的ではなく、順張り的な思考で相場を捉えると、ポンド円は指標発表される日は大きく一方面に大きく動くのだから、逆張りせりに順張りすれば、簡単に利益が出せるじゃんと考えるようになります。相場は底を探すよりも、流れに乗ってポジションを取るほうが、簡単なので、順張りすれば、簡単に利益が出せるという考え方は正解。

短期間で億万長者に成りたいならポンド円一択。

ポンド円はどの通貨よりも大きく変動するので、動きさえ読めていれば、簡単に多くのPIPSを稼ぐことができます。そのため、ポンド円は短期間でFX で大きく稼いで勝ち逃げしたいという人からの人気が高い。そうはいっても、ポンド円のトレードで成功し、億万長者になれている人は少数で、殆どの人はポンド円のトレードに失敗してしまい、自分の大切の金のほとんどを失っているという現実がある。

ポンド円で億万長者になるには何勝すればイイのかについて。

1.資金1万円で、レバレッジ400倍で、ポンド円で毎日50PIPS抜いた場合。

一万円→2万5000円→6万5000円→15万5000円→35万5000円→85万5000円→205万5000円→505万5000円→1205万5000円→3005万5000円→7500万5000円→1億7500万5000円。大雑把に計算したところ、11勝すれば、ポンド円トレードで億万長者になれるみたいです。まあ、こんなとんとんびょうしにトレードがうまくいくことはほとんどありませんが。

2.資金10万円で、レバレッジ400倍で、ポンド円で毎日100PIPSぬいた場合。

10万円→40万円→160万円→640万円→2400万円→9600万円→3億。こんな感じで、たったの6勝で億万長者になれてしまいまいますが、大抵の場合は3勝目くらいでトレードに失敗し、相場から退場してしまいます。


3.資金が500万円でレバレッジ400倍で、ポンド円で毎日200PIPS抜いた場合。

500万円→3500万→2億3500万。こんな感じでたったの2勝で、誰もが憧れる億万長者になれてしまいます。ただ、ほとんどの人が3500万に増えた時点で、守りのトレードにはいってしまいますので、たった二勝で億リヒトになるのは夢物語でしかないですね。

スプレッドが狭いFX業者を利用して、ポンド円をトレードをしよう。

FXのスプレッドが広い業者だとポンド円のスプレッドが1.8PIPSから2.0PIPSほどで、DMM FX外為ジャパンのようにスプレッドが低い業者だとポンド円のスプレッドが1.0PIPSほどなのです。スプレッドが狭い業者をトレードで利用することで、毎トレードごとに1PIPSの利益を出していることと同意なので、利益を少しでも増やしたい人は、低スプレッド業者を利用し、ポンド円をトレードしましょう。
スポンサーリンク



最後に

ポンド円は値動きが世界で一番荒い通貨なので、短期間で大きな利益を生み出したいと思っている人にうってつけの通貨。