読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

FX初心者が相場で勝つためにやるべきこと。

超ど素人が極めるFX

誰初心者のときほど、わけのわからないところでポジションを取ったりして、大損をぶっこいてしまいます。初心者を大損をぶっこくとFXなんてやるから、そういう目にあうんだと周りの人に笑われますが、今FXで稼いでいる人も最初は大損ぶっこいて痛い目にあっている人が多いです。だからこそ、損したときに落ち込むのではなく、次にどうしたらいいのかという対策を立てることが大事になっています。今回はFX初心者が相場で勝ためにやるべきことについてかいていきます。

最初にFXがどういうゲームなのかを理解する。

FXがただの二択ゲームだと思っていると大きな損をぶっこいて一日で相場から追い出されてしまいます。そうならないためにも、FXがどういうゲームなのかを理解するということがとても重要になってきます。ってことで、FXがどういうゲームなのかを説明していきます。

1.FXとは底で買って天井で利益を確定させるゲーム。

これは底だというときに買って、天井で利益を確定させれば、爆発的な利益を生む。現実はそううまくはいかず、底だと思ったところが、底ではなく、まだまだ下を彫りに行き、大損をぶっこいてしまうことも多かったりする。

2.FXとは天井で売って底で利益を確定させるゲーム。

これは天井だというときに売って、底で利益を確定させれば、凄まじい利益を生む。現実はこんなにうまくはいかず、天井だと思ったところが、天井ではなく、まだまだ上を狙いにいってしまい、大損をぶっこいていしまうことも。

この二つのことを理解しておけば、常にFXが損と隣り合わせなゲームだということを理解することができる。

ポジションを取る=損する機会と理解しておけばいい。

FX初心者のころはポジションを取ればとるほど、儲かると思いがちです。そう思っているが故に、適当に取ったポジションでマイナス300PIPSを食らってしまい、相場から退場してしまうFX初心者は数知れず。

FXの初心者とは逆の思考方法のポジションを取れば取るほど、損する機会を得ると思っておけば、ポジションを取るときにかなり慎重になりますし、運良く利益を上げたときはこれ以上儲けてやろうとは思わず、口座から儲けたお金を出金しようと思うようになります。

無理に天井や底を取ろうとするな。

FXを長年やっている人でも、天井や底を取ることができないのだから、FX初心者が天井や底を取ることなんて簡単にできないわけですよ。この事実があるので、初心者が天井や底を取るトレード方法で相場で利益を出すのはかなり厳しいといえる。

どうせ天井や底がとれないんだから、上がっているときは素直に購入して、下がっているときは素直にうればいい。もし自分の思うように相場が上がったり、さがったりしなければ、損切りすればいいだけなんだから。

一番大事なのは損切りを覚えること。

FXトレード初心者はお金を失うことを恐れて、含み損を損と認めることができず、どんどん損を増やしていき、挙句のはてにはロスカットされます。こんなことを繰り返して、資金をふやすことはできないので、ロスカットになる前に利益を生む見込みがないポジションはどんどん損切りしていきましょう。

損切りしろって言われても損切りできないよーという人もいると思いますが、損切りをすることができてようやくまともなトレーダーになれるので、勇気を振り絞って損切りをしてみてはどうでしょうか。

FXに絶対はない。

経済指標の結果がいいのに為替レートが上がらずに下がっていくということも起こりうるのが相場。このことを理解しておけば、勝てるかもしれないから今回はLOTを多めに取るというギャンブル行為をとらなくなり、一度のトレードで退場しなくなる。その結果、FXとは毎回同じロットでトレードして、勝率を高めていけば勝てるゲームなのだということに気づくことができる。

経済ニュースや経済指標を頻繁に見ていこう。

経済指標でも経済ニュースでも何も目立ったことがなければ、基本的にはレンジ相場、経済指標でも経済ニュースで特別な言動や行動が起きれば、一方通行相場になる。この事実を理解しておくことで、むやみやたらに逆張りをしなくなり、相場での勝率がぐーんと上昇します。

ナンピンはNG。

ナンピンに耐えられる資金もないのに、為替の数値が上がったらS、更に為替の数値があがったらSということを繰り返してしまうのがFX初心者。こんなナンピンをしているときに一度に5円動く相場がきたら速攻でロスカットになってしまいます。そうならないためにも、普段からナンピンなどせずに、予想を外したら素直に損切りをするようにしましょう。損切りは損をする最悪なことではなく、次に利益を出す最高の機会だと思うにしていきましょう。何事もプラスにとらえていこう。

これだけは守ってもらいたいこと。
ナンピンはポジポジ病を発症するきっかけになることもあるので、ナンピンをするくせをつけるのは辞めよう。

ハイレバレッジでのトレードを初心者が行うと24時間以内で相場から退場するので注意が必要。当然、レバレッジ400倍のトレードが可能なアイフォレックスでのトレードも危険。

損切りができないFX初心者はポリンジャーバンドを使って一日何度もスキャルピングをしない。

スキャルピングは損切りできる人しかやってはいけないトレード手法。損切りできない人がスキャをしてしまうと、期待できないポジションでも、ロスカットされるまで保有してしまい、一度のトレードで資金を溶かす事態に。そうなりたくないトレード初心者は、捨てても良いお金でスキャルを毎回同じLOT数で損切りしながらトレードをしていきましょう。ここで、勝率が高くなれば、本格的スキャルをやっていってもいいでしょう。

FXは勝ち逃げ必須。

FXは利益を上げたら、それ以上儲けようとは思わずに、出金することこそが生き残る上で一番大事。口座から一度出金すれば、トレードすることもできないので、損することもなくて安心。メリットはそれだけでなく、一度相場から離れることで、熱くなった心を冷却することができて、トレードしなければいけないという義務感から自分を開放することができる。

お金持ちになりたいという欲を捨てよう。

FXをお金持ちになりたいという欲望を持って始めてしまうと、毎回凄まじいLOT数でトレードしてしまい、一度のミスで相場から退場することに。そうならないためにも、FXは儲からないもんで、損するのが当たり前だということを頭に入れておき、毎回同じLOT数で勝てる確率が高いときのみに絞ってトレードするようにしていこう。そうすれば、一度のミスで退場することもないし、トレードの勝率も高まり、お金を儲けられる確率があがる。

トレード初心者は海外FXにだけを手をだすな。

FXトレード初心者はとにかく儲けたいという欲に支配されており、早くFXで億を稼ぎたいという気持ちを持っている。そんなよくまみれの人間が海外FXに手をに手を出すと、20PIS逆行しただけで資金0になってしまうほどのポジションを毎回取ってしまいます。当然、FX初心者が規格外のポジションを取ると冷静な判断ができないので、糞ポジを取ってしまい、あっという間に資金が0になってしまいます。このような悲惨な事態にあわないためにも、トレード初心者のうちは5万円でのんびり、国内業者で遊んでおくべきだと思いますね。

どんなトレードスキルがある人でも予想をはずす。

FX初心者はトレードで儲けている人は相場の予想を当てまくっているんだろうなあと思いがちですが、現実はどんな天才でも予想を外します。トレードで儲けている人というのは、損切りは早く、利益が出ているときにはしっかりと待って利益額を伸ばすことがうまい。このことをトレード初心者が理解するかしないかで、相場で生き残れるか生き残れないかの分岐点になっていくでしょう。

トレード初心者のときにこそスキャルピングをしよう。

トレード初心者のときにスキャルピングを繰り返すことで、損切りの大切さや利確の大切を理解する事ができるや経済指標について詳しくなるというメリットが存在します。このようなメリットが存在するので、これからトレードを始めるFX初心者の人はスキャルピング手法でFX取引の練習をすることをおすすめします。ここで一つだけ言えるのは、練習に使うトレード資金は少額にしておきましょう。少額にしておけば、損して再起不能になることもないですからね。


スポンサーリンク



最後に

FXは損してからがスタート。