読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

DAZN〔ダゾーン〕の豊富なコンテンツが熱い。

f:id:akihiro5:20170324165520j:plain
格闘技、サッカー、野球、テニスが好きすぎる私はDAZNと契約して毎日スポーツ観戦を楽しんでいるといっても過言ではない。DAZNでスポーツを見た後に、ヤフーニュースでスポーツニュースをチェックしているのが日課になっているよね。

今回は私が毎日スポーツ観戦に愛用しているDAZNというプロスポーツ配信サービスについて紹介していきたいと思います。

DAZNは海外のサッカーの試合もJリーグもUFCも観戦できることから、サッカーオタク、格闘技オタクには欠かせないスポーツ観戦サービスとなっている。これからDAZNでUFC,Jリーグ,海外サッカーをみるためにDAZNを契約しようかなと思っている人はこの記事を参考にしてもらいたい。

DAZNとはなんぞや?

DAZN〔ダゾーン〕は最近CMやインターネット広告での宣伝がとても多いイギリスの会社が経営しているプロスポーツ配信サービスであり、スポーツオタクならば、契約しておきたいサービスといえる。

テレビでプロスポーツを配信するスカパーやWOWOWと違ってDAZNはプロスポーツをインターネット配信するサービスなので、普段からテレビよりネットでコンテンツを楽しむ人にこそぴったりなサービス。

しかも、wifiを経由すれば、プロスポーツをテレビで見ることも出来るし、DAZNの公式アプリからプロスポーツ観戦もできるし、DAZNのサイトからプロスポーツ観戦ができるなど、万能性が高い。

日本ではプロスポーツを楽しむときはスカパーやWOWOWの二択であったが、これからは誰もが見たいと思えるプロスポーツの試合のみをネット、テレビの両方で見れるDAZNがスポーツ観戦の主流になってくる。ただ、日本の国内スポーツに限れば、DAZNよりもスカパーのほうが充実しているので、スカパーの需要がなくなってしまうことはないだろうけどね。

DAZNの利用料金が破格すぎて言葉が出ないくらい安い。

プロスポーツと映画など様々なコンテンツが見れるWOWOWは月額2300円、JリーグMAXは月額2962円、ドラマとアニメがみれるUNEXTが月額1990円となっている。これらの有料動画コンテンツ配信サービスに比べてプロスポーツに特化したDAZNは月額1750円という破格の値段になっており、ドコモユーザーになれば980円という激安価格。DAZNは既存のインターネット有料動画サービスよりも月額値段を安く設定しているので、月額利用価格に関しては文句のつけようがまったくない。まさにユーザー思いのサービスといえる。

ドコモユーザーになれば、月額980円という価格でプロスポーツを見放題になるので、DAZNを利用する予定がある人は、利用しているキャリアをドコモに移すのも悪い選択ではないといえるだろうね。

DAZNではJリーグの試合も見放題に。

イギリス発祥のDAZNという会社は破竹の勢いで成長して、10年2100億円もの大金を支払いJリーグの放映権を獲得。これだけの金額をJリーグのチームで分け合えば、海外からいい選手を補強したりすることができて、Jリーグ自体が盛り上がること間違いなし。

サッカーはや日本の部活動ではかなり盛り上がっているスポーツでありながら、日本プロサッカー選手の年棒は日本プロ野球選手の年棒に大きく差をつけられているという現状にあります。JリーグとDAZNとの大型契約で日本のプロサッカー選手の年棒がアップすれば、海外の有望選手も日本でサッカーがしたいと思うようになるのではないでしょうか。


DAZNがこれほどまでにJリーグとの大型契約を結んだ背景には、日本でサッカーが野球を超えるメジャースポーツに成長して欲しいという思いがあるといっても過言ではありません。この思いがなければスカパーの7倍にもあたる2100億円という放映権の契約を結ぶこともなかったでしょう。

私自身もこのDAZNの日本でサッカーがメジャースポーツになってほしいという思いに心が動かされて、DAZNと契約してJリーグを観戦している一人であります。Jリーグを盛り上げたいという思いでDAZNと契約してDAZNを見よう。

DAZNで配信されているスポーツコンテンツの詳細。

DAZNでは人生を豊かにさせるスポーツコンテンツが豊富に配信されています。今回はDAZNで配信されているスポーツにどんなものがあるのかについて詳しく説明していきたい。

★UFC

UFCとはアメリカで一番盛り上がっている総合格闘技のメジャーリーグ。今現在、日本では総合格闘技は下火であり、日本の総合格闘技団体で魅力的な選手はほとんどいない。それに比べてUFCはこいつらこんな技も使えるのかすげーよという超人が大集合しており、格闘技ファンを熱狂させている。格闘技の本物を見たい人はUFCを見るしかない。

昔はWOWOWでもUFCの試合を見ることが出来たのだが、UFCとWOWOWとの契約が切れてしまい、今ではUFCをWOWOWで視聴することは不可能。そんな中でDAZNはUFCと独占契約を結び、UFCの試合を放映しているのだ。

DAZNではUFCのタイトルマッチからマイナーな試合まで、すべて放映しているので、格闘技オタクにはたまらない。


★Glory

GloryとはIT'S SHOWTIMEという世界最大のキックボクシング団体を購入しており、キックボクシングイベントを開催している。世界最高峰のキックボクシングをみるならGlory。


★アメリカンフットボール

アメリカンフットボールとはアメリカでは野球と同じくらいの人気を博しており、アメフト選手の給与もメジャーリーガークラス。そんなアメリカのメジャースポーツがDAZNでは月額1750なのだから、驚きです。DAZNと契約している人は、アメリカでも身体能力がかなり高いスポーツ選手が鎬を削るアメリカンフットボールの試合をみるしかない。

DAZNでアメリカンフットボールのレギュラーシーズン87試合、プレイオフ10試合、スーパーボウル、プロボウルを観戦することができる。特にスーパーボウルはアメリカンフットボールの史上最強チームを決めるイベントなので、アメフト好きならば、絶対にみておきたい。プロボウルはアメリカンフットボールのオールスターゲームなので、史上最高のアメフトの試合を渇目することができる。

★サッカー Jリーグ

Jリーグとは日本のサッカーのリーグであり、本当のサッカーファンならば、皆がJリーグを見ているといってもいい。そんなサッカーファン必見のJリーグのJ1、J2、J3の試合のすべてとプレーオフの試合がDAZNでは見放題。Jリーグの魅力は活躍している選手のほとんどが日本人なので、応援するときに感情移入しやすいという面ではないだろうか。外国人選手だと本当の意味で感情いにゅうできないからね。

★サッカー ブンデスリーガ

ブンデスリーガとはドイツのサッカーのリーグであり、セリエAを抜き、プレミアリーグとリーガエスパニョーラに次ぐ三番目のリーグになっており、かなりレベルの高いサッカーが繰り広げられている。ブンデスリーガは日本人の有力選手も多く参戦しているので、日本人になじみが深いリーグとも言える。

DAZNではブンデスリーガの一部リーグの試合をすべて見ることができて、ブンデスリーガの二部の試合もすべて見ることができてしまいます。ブンデスリーガの試合をお安い値段でたくさん見ることができるのはDAZNだけなので、金欠だけどブンデスリーガを見たいという人はDAZNと契約するしかないでしょう。

★サッカーセリエA

セリエAとはサッカー日本代表の本田圭介や長友が活躍しているサッカーのリーグ。いまや、セリエAはブンデスリーガにも抜かれてしまい、世界で4番のリーグに脱落しており、世界的にも人気が低迷中である。ただ、ナポリ、ユヴェントス、ACミラン、インテルの4つのチームに関しては、昔よりは弱くなったとはいえ、ある程度の強さは誇るチーム。

DAZNでは二節以降の一部の試合しか見ることが出来なくなっている。これに関しては、JリーグよりセリエAを全試合放映してくれよーと思ってしまう部分がすくなからずある。でも、セリエAは放映権が高いから仕方がないのかもと割り切っている部分はある。

★サッカー プレミアリーグ

プレミアリーグとは、今現在世界で一番レベルが高く、一番人気があるサッカーのリーグといわれている。プレミアリーグは、マンチェスターユナイテッド、アーセナル、チェルシー、リヴァプールというBIG4といわれる強いチームが4つもあり、4強状態であり、BIG4同士の試合はかなり盛り上がっている。近年では、BIG4以外のレスターが番狂わせを起こしてプレミアリーグを優勝している。

DAZNではプレミアリーグの放映権の高さが影響して プレミアリーグのほとんどの試合を見ることが出来ない。唯一見れるのはカップ戦のみ。まあ、月額1750円だし、仕方がないと割り切ってしまうのがいいでしょう。

★サッカー リーガエスパニョーラ。

リーガエスパニョーラとは、レアルマドリード、バルセロナという世界ナンバー1と世界ナンバー2のチームがしのぎを削っているリーグ。リーガの問題点はレアルマドリード、バルセロナとその他チームの強さに差がですぎてしまっており、バルサとレアルツエー試合が多すぎるところ。ただ、レアルマドリードVSバルセロナの試合はどの試合よりも盛り上がるので、最高。

DAZNではリーガエスパニョーラの放映権の高さが影響して、リーガエスパニョーラの試合のほとんどを見ることが出来ないという問題が発生している。唯一見れるのはカップ戦のみ。たった1750円で、リーガエスパニョーラ全試合見放題だったらDAZNは神とあがめますね。

★サッカー リーグアン

リーグアンとは、ヨーロッパの強豪クラブからいい選手を獲得して短期間で強いチームに変貌したパリサンジェルマンやオリンピアリヨンという強豪がひしめくリーグ。最近では、パリサンジェルマンが強くなりすぎてしまい、一強状態のリーグですが。パリサンジェルマンという異次元の強さを誇るチームの強さを体感したい人はリーグアンの試合をみるしかない。

DAZNではリーグアンの試合二試合とリーグトゥ・フランス杯しかみれない。今、ブンデスリーガ、セリエAと同じくらい熱いリーグアンの試合の試合がDAZNで全試合みれないのは残念。

★サッカーワールドカップ南米予選。

サッカーワールドカップ南米予選とはヨーロッパの強豪チームで活躍する選手を多く要する南米の強豪チームがワールドカップ出場を目指してしのぎを削る大会のことである。メッシ、ネイマール、アグエロなど、ヨーロッパのプロサッカーリーグで活躍する選手のスーパーテクニックを南米予選で渇目せよ。

DAZNではなんとサッカーワールドカップ南米予選を全試合見ることができるので、南米サッカーを肌で感じたい人におすすめなプロスポーツ配信サイトといえる。

★ワールドカップヨーロッパ予選

ワールドカップヨーロッパ予選とはリーガエスパニョーラやプレミアリーグやブンデスリーガやセリエAで活躍している選手を多く要するよーロッパの国がワールドカップ出場を目指してしのぎを削る大会である。ルーニー、イブラ、クリスチアーノロナウドとなどヨーロッパの一流クラブで活躍する選手のスーパーテクニックをワールドカップヨーロッパ予選で渇目せよ。

DAZNでは258試合に及ぶワールドカップヨーロッパ予選を見ることが出来る。ただ、プレーオフはみれないので注意を。ここで思うのは、これだけの圧倒的な試合数を月額1750円で配信するDAZNはお得。

★ワールドカップ 北中米カリブ海予選

ワールドカップ北中米カリブ海予選はサッカーが盛んではない地域のワールドカップの予選である。DAZNではワールドカップ 北中米カリブ海予選の試合はほとんど放映されない。

★日本プロ野球

日本プロ野球といえば、日本ではどのスポーツよりも国民的人気があり、日本プロ野球の試合を見ることが趣味だという人もいるくらいだ。DAZNでは横浜と広島のホームゲームしかみれないの。この二つの球団のファンではない人にとってはいまいちに感じるかもしれない。


★メジャーリーグ

メジャーリーグといえば、日本のプロ野球選手の身体能力を圧倒する怪物達が大暴れしているアメリカの野球リーグ。DAZNでは、メジャーリーグの試合が豊富に放映されているので、メジャーリーグのエキサイティングな試合を見るのが趣味の人にとっては最高のサービスといえる。

★NBA

NBAといえば、バスケケットの世界最高峰のリーグであり、このリーグで活躍してこそ史上最強のバスケケットマンといえるだろう。DAZNではNBAの試合は全試合の10分の1以下しか放映されておらず、バスケットをみるのが好きなひとからしたら物足りない試合数となっている。だったらどうすればいいのかは、スカパーやWOWOWというNBAの放送が盛んなサービスを利用しよう。

★F1、GP2、GP3

F1といえば、モータースポーツの頂点であり、マシンの質、ドライバーの質どちらをとっても一流。DAZNではF1の放送が充実しているので、モータースポーツを楽しみたい人にDAZNおすすめなサービスといえる。

★ポルシェスーパーカップ

ポルシェスーパーカップというポルシェ・911カレラのワンメイクで開催されているスポーツカーの祭典もDAZNで放送されている。

★アイスホッケーのNHL

アイスホッケーのNHLとは、アイスホッケーのプロリーグである。ちなみにNHLの選手はメジャーリーグの選手負けないくらいのサラリーを受け取っているとか。DAZNではNHLの試合が230試合以上放映されるなど充実しているので、NHLを楽しみたい人におすすめ。

DAZNについての意見。

★世界最高のUFCをDAZNで見ることができるのはMMAファンにとっては至福すぎる。

UFCとは人を超越したフィジカルと技を持つプロ総合格闘家達が自分の命を削って戦う総合格闘技イベントであり、多くのアメリカ人を熱狂させている。UFCはファイトマネーにものをいわせて、世界中の強い格闘技選手と契約しているので、レベルの高い選手同士の試合が多く組まれている団体なので、最高の戦いを見たい人はUFCをみるしかない。

最近はUFCのレベルが上がりすぎてしまい、日本人選手がUFCの試合に勝てなくなってしまい、どんどんリリースされてしまっているという恐ろしい現状がある。その現状を打ち砕くくらい強い日本人選手が登場したら、日本でもUFC旋風がおこるかもしれない。

★Jリーグの試合を全試合見ることが出来る。

日本で地上派で放送されるのはプロ野球ばかりで、Jリーグが地上派で放送されることはほとんどないので、日本人にとってJリーグは近そうで遠いものになりつつある。DAZNと契約すれば、Jリーグを全試合みることができるので、Jリーグがとても身近なものに感じることができる。

★日本ではマイナー競技であるNHL,NBA、NFLを楽しむことが出来る。

日本ではマイナーである競技であるがゆえに、NHL,NBA、NFLをはじめてみるととても新鮮なものに感じることが出来るし、NHL,NBA、NFLはアメリカでも身体能力が高いものがやるスポーツなので、迫力があるプレーを見ることが出来る。

★メジャーリーグのコンテンツを楽しむことが出来る。

日本人は子供の頃から野球をプレイしている人が多いせいか、野球を見るのが大好き。そんな日本人国民性からして、日本プロ野球よりも選手のレベルが高く、エキサイティングな展開が多いメジャーリーグの試合を見たら夢中になってしまうこと間違いなし。

★サッカーのプレミアリーグとリーガエスパニョーラが全試合配信されないので、海外サッカーが好きな人にとってはコンテンツが不足しているのではと思わざる得ない。Jリーグよりもプレミアリーグとリーガエスパニョーラ全試合配信のほうが正直うれしいと思ってしまうじぶんがいる。

DAZNでJリーグを楽しもう。

たった月額1750円でDAZNでJリーグの全試合視聴が楽しめるというビッグウェーブが日本にきているので、日本ではDAZN契約者が爆発的に増えているだろう。今回はDAZNで話題のJリーグの配信について触れていきたい。

★JリーグはDAZN独占放送。

以前はJリーグはスカパーで楽しむことが出来るという一択であったが、今ではJリーグがスカパーとの契約を打ち切り、DAZNの独占契約に切り替えたので、今ではDAZNでしかJリーグの試合を視聴することができない。

どうしてスカパーでJリーグを視聴できなくなってしまったのかについては、DAZNはJリーグとの独占契約を結ぶために一年210億円という巨額な条件を提示することにより、一年30億円のスカパーの条件を上回り、スカパーからJリーグの独占契約の権利を奪い取ったのである。

DAZNは一年210億円という放映権をJリーグに支払うことで、J1とJ2だけでなく、J3の放映権まで手に入れることに成功し、J3の試合も全試合DAZNで放映することが決定したのである。真のサッカーファンはJ3までチェックするので、ありがたいの一言につきる。

これからはスポーツを見るときもテレビではなく、インターネットのウェブサイトを通じて見る時代なので、DAZNのようなインターネットスポーツ配信サービスが中心になっていくだろう。

★見逃したJリーグの試合をハイライトでみることができる。

DAZNではJリーグの試合を仕事や遊びが忙しくて見逃してしまった場合でも、ハイライト形式で結果を見ることができる。ただ、ハイライトでは試合の組み立てから展開を見ることが出来ないので、物足りないと感じてしまうことも少なからずあるだろう。

後、DAZNはJリーグの試合を振り返る番組を放送するので、試合の結果を振り返りたい人のニーズにも答えている。

ハイライト動画が見れるのは1ヶ月という期間限定となっている。ただ、1ヶ月では期間が短すぎるという意見もあり、今後ハイライト動画をダウンロードすれば1年間はハイライト動画を楽しめるという方向に持っていく可能性があるとうわさがされている。

★DAZNの登場でJリーグのサッカーが野球のようなメジャースポーツになる日が近い。

Jリーグ以外のスポーツを楽しみたくてDAZNを契約した層もDAZNでJリーグのサッカーの試合が放送されていれば、Jリーグの試合を見るようになるだろうし、Jリーグ面白いから今度スタジアムまで試合を見に行こうと思う人がでてくること間違いなし。

野球だって最初はほとんどの人が興味なかったけど、毎日テレビで見るうちに興味が出てくるようになったんだから、サッカーも毎日みていれば、野球と同じく、サッカーに興味が湧いてしまうよねという理論。

★JリーグはDAZNと独占契約を結び資金的に余裕が出たことでカメラの台数も増やしている。

スカパーと年30億でJリーグの独占契約をしているときは資金に余裕がないためかスタジアムにカメラの台数が6台しかなかったが、DAZNと年210億でJリーグの独占契約をして資金が豊富となった今では、スタジアムにカメラの台数を9台に増やしている。9台にカメラを増やしてからは、臨場感に溢れるエキサイティング映像を楽しめるようになっている。

DAZNのサービスは使いやすくて文句のつけようが一切ない

DAZNはAbemaTVのように見たいチャンネルにすぐにジャンプできる仕組みになっており、とても使いやすくて文句がつけようがない。DAZNがここまで使いやすいサービスだとは使うまでは思っていなかったので、あまりの使い安さに度肝を抜かれたよね。

DAZNは30日間の無料体験期間があるぞ。

DAZNは30日間の無料体験期間があるので、暇つぶしにスポーツ観戦をしたいという人はDAZNにとりあえず申し込んでみて30日以内に退会するというのもありだろう。

DAZNのPCプラウザがとても使いやすくて便利。

DAZNのPCプラウザは番組が横並びになっているので、とても使いやすい。なぜ使いやすいかという人は人は左から右にものを見る習性がみについているので、番組が横並びだと、左から右へと番組を自然の流れでみることができるからだ。

ただ、テレビの番組表の縦並びになれているとDAZNを使いにくいと感じてしまうこともあるだろう。私のように、テレビの番組表をつかわないと横並びでもなんの違和感を感じることがなく、使えてしまうのだが。

個人的に思うのは、スポーツ番組を視聴するだけだから、プラウザが使いにくかろうがそんなことはどうでもいいよね。プラウザがーーーと思ってしまうとストレスがたまって100害あって一理なしなので、細かいことにこだわらないに限る。

DAZNのスマホアプリが使いやすくて便利すぎてえぐい。

DAZNのスマホアプリはさくさくスムーズに動いて、自分の見たい番組にすぐにたどりつけてしまいます。メリットはそれだけはなく、いつでもどこでも、DAZNのスマホアプリを使えば、エキサイティングなプロのスポーツの試合をみることができます。やっぱり、いつでも、どこでもプロスポーツの試合が見れるのは最高すぎる。

DAZNは高画質。

1.DAZNは一番悪い画質でも720Pという高画質を誇っており、5.0Mbpsの回線があれば、快適に視聴することができる。

2.DAZNは最高にいい画質1080Pという高画質もあり、9.0Mbpsであれば、快適に視聴することができる。

まとめ

低画質でスポーツを見るという最悪な事態を防ぐことができるのがDAZNなので、高画質でスポーツ観戦を楽しみたいという人はDAZNを使ってスポーツ観戦をしよう。

DAZNの画質に関する問題もある。

DAZNは回線の調子が悪いときや、低スペックのモバイルルーターを使っている場合は、画質が悪くなってしまうことがあるので、毎回高画質でスポーツ観戦をしたいという人は高スペックのモバイルwifiルーターを使うか、回線の調子が悪くなることがないwifi業者を使ってみよう。

それでも、画質が悪いという人はDAZNからほかのスポーツ観戦できるサービスに乗り換えてしまうというのも一つの手段ではないだろうか。何事も一つのことに執着し続けるのはよくないですからね。

まとめ

DAZNは画質がめちゃくちゃいいときと画質がいまいちというときがあるので、いつも画質がいいサービスを使いたいという人はスポナビライブという画質がいつも安定しているサービスを使うのもあり。

DAZNはロード時間が長い。

ハイライト動画をみていて、自分の見たいシーンまでスキップすると再生するまでに13秒ほどかかることが多いので、待つのが嫌いな自分はかなりいらついてしまう。このスキップした後のロード時間を3秒から4秒にしないと待ち時間にいらついてDAZNから退会してしまう人もいるのではないだろうか。

一番いいのはハイライト動画なんてみないで、見たいスポーツは最初から最後までフルでみれば、いいだけなんだけどね。ただ、スポーツを毎日フルでみれるほどの暇人なんて早々いないから、ほとんどの人がハイライト動画に頼らざる得ない。

後、スマートフォンアプリでDAZNのハイライト動画を見るとPCよりもロード時間が長いので、かなりいらいらしてしまうということも少なくない。このような理由からハイライト動画を見るときはPC1択。

だったら、DAZNを退会したほうがいいんじゃないのかという意見もあるだろうが、日本でDAZNほど低価格でスポーツ観戦できるサービスはないので、仕方なくDAZNと契約している。

DAZNをテレビの大画面で見よう。

DAZNをテレビで見るには、Fire TV StickとAmazon Fire TVとApple TVとスマートテレビを利用しよう。

1.Fire TV Stick

Fire TV Stickとはアマゾンが発売している製品であり、ネット番組をテレビの大画面で見るために必要なチャンネルみたいなもん。

2.FireTV

FIRE TVとはアマゾンが発売している製品であり、Fire TV Stickと同じくネット番組をテレビの大画面で見るために必要なチャンネルみたいなもん。

3.Apple TV

Apple TVとはAPPLLEが発売している製品であり、ネット番組をテレビの大画面で見るために必要なもの。ただ、使い勝手があまりよくないので、Fire TV Stickを使うのが無難ではないだろうか。

4.スマートテレビ

パソコンの一部機能がテレビに備わったものであり、ネットの番組をテレビの大画面で楽しみたいなら一台は所有しておきたいもの。このように4つのものから自分にフィットしたものを選択して、DAZNで放映されているスポーツ番組をテレビの大画面でみるしかないでしょう。

後、DAZNは自分ひとりが登録すれば、6個もの端末でDAZNの番組を視聴できるように設定できます。ただ、実際に同時に番組を視聴できるデバイスは二つまでという決まりがあります。それ以上のデバイスを起動すると、はじめに起動したデバイスではDAZNの番組をみることができなくなる。

一番一押しなのはなんといってもFire TV Stickでしょ。アマゾンでたった5000円で購入できて、製品としての性能もFIRETVにほとんど劣っていないので、コストパフォーマンスが最高。テレビの大画面でネット番組を楽しみたいという人ならば、絶対に所有しておきたいものの一つ。

後、クロムキャスト未対応になっているので、クロムキャストしか持ってない人はこれを機にFire TV Stickに乗り換えるのもあり。

DAZNを利用するのに適している環境とは

パソコンのOSでは

1.ウィンドウズ8.1とWindows10に対応している。

2.MacではMac OSX以上に対応している。

3.IOSでは、iOS 8.0以上

4.AndroidではAndroid 4.4以上

正直ウィンドウズ7のほうがウィンドウズ8.1とWindows10に使いやすいので、敢えてウインドウズ7使っている人が困るじゃないかという意見がでてきてしまうこと間違いなし。ただ、普通にウインドウズ7でもなんの問題もなく、スポーツ番組を視聴することができる。

DAZNで快適なスポーツ視聴ライフを楽しむためにウィンドウズ8.1のパソコンを購入してみるのもあり。それか、パソコンではなく、Fire TV Stickを使ってDAZNをテレビの大画面でしか視聴しないとするのもありでしょう。
www.gamezinsei.com

DAZNは通信量を食うので注意が必要。

DAZNは凄まじいほどの通信料を食うので、携帯でDAZNのスポーツ番組をみているとすぐに通信制限を食らってしまうので、wifiでDAZNの番組を視聴するのがベストでしょう。今の時代、携帯で動画を視聴するとすぐに通信制限をくらうことはほとんどの人がわかっているので、携帯で動画視聴をするときはwifiを使用するのが当たり前です。

DAZNはラグがある。

最近DAZNだけではなく、アベマTVもかなりラグがあり、視聴者にいらいらさせる部分があるので、このラグをどうにかして欲しいなあというのが映像配信サービス利用者の心叫びだったりする。

ラグが発生しているときに暇すぎて、ヤフーニュースを見てしまい、スポーツの結果を知ってしまうことも少なからずあるので、ラグがおきたからといって、ネットサーフィンしないようにしよう。

DAZNの運営はツイッターをやっているぞ。

DAZNの運営はツイッターをやっているので、DAZNの公式ツイッターにDAZNに自分が思っている不平を言えば、悪い部分が改善されるかもしれない。ただ、一般人のくだらんコメントだと思われてしまい、相手に模されない可能性が高い。
DAZNの公式ツイッターサイト
   ↓
twitter.com

まとめ

DAZNの公式ツイッターに批評とも思われかねないツイートばかりしてしまうと、自分のツイッターアカウントをDAZN側にブロックされてしまうこともあるので、丁寧な言葉使いで要望を出していきましょう。

DAZNの競合のスポナビライブについて

DAZNの競合サービスとしてスポナビライブというスポーツ配信サービスが存在する。今回はスポナビライブのサービスについてふれていきたい。

1.なんとスポナビライブは月額1480円で利用できる。しかもソフトバンクユーザーならば、月額980円。

スポナビライブはDAZNより安い値段で利用することができるし、ソフトバンクユーザーはお安く利用できることからソフトバンクユーザーなら、スポナビライブ一択。

2.プレミアリーグとリーガエスパニョーラを全試合楽しむことが出来る。

プレミアリーグとリーガエスパニョーラを全試合見ないと海外サッカーを語ることはできないでしょ。特にサッカープレミアリーグはリーグとしてのレベルが世界一なので、毎回ハイレベルなサッカーの試合を楽しめる。リーガはバルサとレアルという世界屈指のチームがあるので、魅力的だ。

3.プロバスケットボールのBリーグも全試合楽しむことが出来る。

真のバスケット好きならば、NBAだけではなく、国内リーグのBリーグも観戦しておきたい。Bリーグはつい最近出来たばかりのリーグだけど、ファンと選手の熱気はNBAに負けないくらいの熱気に包まれている。

4.10球団の日本プロ野球の試合がすべて配信される。

プロ野球ファンが満足できるほどの試合数を観戦することが可能で、どの試合も高画質で、ファンが見たいと思う角度で試合を中継してくれる。普通にテレビ中継とかわらないし、実況もわかりやすい開設をしてくれるので、DAZNのプロ野球配信は最高。

5.相撲コンテンツも充実。

6.通信回線もDAZNよりも安定しており、高画質でスポーツの試合を観戦することができる。
スポンサーリンク


最後に

DAZNは低価格で誰もが見たいと思っているスポーツコンテンツを楽しむことができるウェブサービスなので、かなりおすすめです。

特にDAZNはアメリカ最大の規模を誇るUFCの試合や日本のJリーグの試合のコンテンツ数に関してはどのプロスポーツ配信サービスよりも充実しているので、UFCやJリーグのプロスポーツだけしか見る予定がないよーという人は選択肢はDAZN一つ。ただし、サッカーや野球に関してはDAZNはスポナビライブよりもコンテンツが充実していないので、サッカーや野球のプロスポーツを楽しみたいという人は選択肢はスポナビライブ一択。

人それぞれ自分の見たいプロスポーツが配信されているプロスポーツ配信サービスを利用するのが一番。