ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

シャーペンのおすすめ20選。

仕事中にメモを取るときや独学をする時に必須になってくるものといえば、シャーペン。そのシャーペンがなければ、仕事中にメモを取ることや独学をすることに支障をきたすので、シャーペンはこの世になければならないものである。そうはいっても、普段全く勉強をしない大人からしたら、シャーペンって何?それおいしいの?という感じだったりするわけですが。

自分の子供の頃は、勉強のモチベーションをあげるために、ドクターグリップや製図用シャーペンをつかっていましたね。やっぱりね、値段が高いシャーペンを使っていると、これだけのお金を勉強道具であるシャーペンに使ったのだから、きちんと勉強しないといけないという気持ちになるわけです。こういう気持ちになれば、通常の2倍も3倍の量の勉強をこなせるようになるので、値段がシャーペンを購入することをおすすめます。

今回は、資格の勉強に使うシャーペンや実用性が抜群のシャーペンやデザイン性が高いシャーペンや値段が安いコスパ最強シャーペンをまとめて紹介シていきたいと思います。

シャーペンのチョイスの基準。

シャーペンのチョイスの基準は、シャーペンの芯の太さがどうか、シャーペン自体の重さが軽いか、シャーペンのデザインがクールか、シャーペンの機能性が高いか、シャーペンの値段が安いか、グリップが指にフィットするかの6つ。これらすべてを満たすシャーペンはほとんど存在していないので、これら1つの要素でも満たしているシャーペンを購入するのが良いと言えるでしょう。

シャーペンの芯の太さがどうか?

昔は、コンビニやスーパーや文具店で売られているほとんどのシャーペンの芯の太さが0.5となっていましたが、0.5だと芯が細すぎたり、芯が太すぎると感じる人の増加から、昨今では、コンビニやスーパーや文具店で0.3や0.4や0.7や0.9といった芯の太さのシャーペンを見かける機会がふえました。

0.3ミリのシャー芯に対応しているシャーペンで文字を書けば、下手くそな字でもキレイな字に見えるので、キレイにノートを取りたい人にこそ、0.3ミリのシャー芯対応のシャーペンを利用してもらいたい。ただ、0.3のシャー芯は、少し強めの筆圧を加えるだけで、バキバキおれてしまうので、筆圧が強いという自負がある人は、0.5mm以上のシャー芯を利用することをおすすめします。ちなみに、自分は、筆圧がかなり強い川の人間なので、0.7と0.9のシャー芯対応のシャーペンで文字を書くことが多いですね。

0.5ミリのシャー芯に対応しているシャーペンでも字をかけば、線が太くてパワーに溢れる文字をかくことができるので、かっこ良い文字でノートをいっぱいにしたい人こそ、0.5ミリ対応のシャーペンを利用してもらいたい。ただ、0.5のシャー芯は、少し芯が細いため、マークシートを塗りつぶすことには向いていないので、マークシートを塗りつぶすときは、0.7以上のシャー芯を利用することをおすすめします。ちなみに、自分もマークシートを塗りつぶすときは、0.7以上の芯のシャーペンを利用します。

0.7ミリのシャー芯に対応しているシャーペンを使って、相当太い線の字をノートに書けば、多少のことが起きても、ノートの文字が消えることはありません。ただ、0.7ミリ対応のシャーペンは、販売価格が高く、文具専門店に行かなければ手に入れることができないという問題が存在しています。ちなみに、自分は、0.7芯対応のシャーペンを自習時に使うことが多いですね。

0.9ミリの芯に対応しているシャーペンを使って、マークシート試験に臨めば、マークシートを最速で塗りつぶすことができるので、マークシートを塗りつぶす時間を短くして問題を考える時間を増やしたい人にこそ、0.9ミリ対応のシャーペンを利用してもらいたい。ただ、0.9ミリ芯はふとすぎるので、細くてキレイな字を書くことができないという大きな問題を抱えています。ちなみに、自分は、0.9ミリ対応芯のシャーペンを自習専用として使っています。

シャーペン自体の重さが軽いか?

シャーペン自体が軽ければ、長時間シャーペンを利用していても、手が疲れることがないので、長時間シャーペンを利用して勉強をする予定の人は、軽いシャーペンを使うことをおすすめします。ただ、軽いシャーペンは、デザインがイマイチだったり、グリップの握り具合がいまいちだったりする問題を抱えています。ちなみに、自分は、シャーペンの重さを重視しないで、グリップの握りごこちが最高のシャーペンを使うことが多いですね。

シャーペンの重さが軽いシャーペンは、シャーペンに金属が使われておらず、シャーペンのほとんどがプラスチックで構成されているものが多い。こういうシャーペンのほとんどは、100円~500円の間の価格で、スーパーやコンビニや文具店やネットショップで販売されていますね。


シャーペンのデザインがクールか?

デザインがかっこよいシャーペンを利用していると、シャーペンを使っているだけでテンションが爆発的にあがり、勉強がとてもはかどります。ただ、デザインがクールなシャーペンは、シャーペン自体に金属を使っていることが多く、シャーペンがめちゃくちゃ重かったりするというデメリットが存在することがおおいですね。まあ、シャーペンが重いとかあまり気にならないならば、金属製のデザインがクールなシャーペンを使うのもありですね。ちなみに、自分もシャーペンが重いとか気にならないので、金属製のシャーペンを使うことが多いですね。

最近では、デザインがかなりかっこいいプラスチック製シャーペンが100円~500円で販売されているので、金欠な人でもデザインがクールなシャーペンを容易に手に入れられる時代がきています。

シャーペンの機能性がたかいか?

機能性が高いシャーペンは、シャーペンを振るだけでシャー芯がでてくるとか、常に先が尖った芯で文字を書くことができるとか、グリップの握り具合が最高すぎるとか、シャー芯意外にボールペンを利用できるとか、シャーペンに搭載されている消しゴムの性能が高いとか、製図用シャーペンだったりなどの6つメリットがあります。これらの要素を1つでも満たしているシャーペンは、機能性が高いシャーペンと言えるでしょうね。ただ、機能性が低いシャーペンのほうがシンプルにつくられているので、シャーペンの故障がないメリットがある事実が存在しています。

まあ、あまり機能性とかはあまり気にしないで、自分がほしいシャーペンを購入するのが一番なんですけどね。自分も、シャーペンを購入するときは、機能性にとらわれることなく、自分が心の底から欲しいと思えるものを購入するようにしています。

シャーペンの値段が安いか

値段が安いシャーペンは、シャーペンを無くした時に金銭的に痛くも痒くもない、安いシャーペンのほうが作りがシンプルで壊れにくい、安いシャーペンでも意外にかっこいいデザインのシャーペンが多い、安いシャーペンはデザインよりも利便性が重視されたものが多い、カラフルな色のシャーペンが多いなどの5つのメリットがあります。これらの要素を1つでも満たしている値段が安いシャーペンを購入すれば、後悔することはほとんどなし。ただ、安いシャーペンは、機能的な部分が限定されているので、シャーペンに機能性を求める人が使うと不満がでてくるでしょうね。

グリップが指にフィットするかどうか?

今利用しているシャーペンのグリップが自分の指にいい感じにフィットすれば、今利用しているシャーペンは自分にとっては至高のシャーペンといえるでしょう。そうはいっても、なかなか自分の指にいい感じにフィットするシャーペンと出会う事ができないという厳しい現実があるんですけどね。ちなみに、グリップが指にフィットして最高と多くの人に言われているシャーペンは、ドクターグリップです。

シャーペンのおすすめ20選を紹介していきます。

機能性に優れているシャーペンやコストパフォーマンスが最強のシャーペンやデザイン製が抜群のシャーペンなどを紹介していきますね。シャーペンは、自分にフィットしているものを購入するのが一番なので、販売値段に囚われすぎず、自分にフィットしているものを購入するようにしてください。

第一位 旧型ドクターグリップ

パイロット シャープペン ドクターグリップ HDG50RTL5 透明青

パイロット シャープペン ドクターグリップ HDG50RTL5 透明青

旧型ドクターグリップは、シャーペンのグリップの握り具合が最高で、デザイン性も洗練されており、壊れにくいシャーペン構造になっていて、シャーペンとしてのスペックが高い。しかも、ドクターグリップ特有のシャーペンを振るだけで芯がでてくる機能が搭載されているので、利便性が最強すぎる。ただ、ドクターグリップは、0.5のシャー芯にしか対応していないので、0.3や0.4や0.7や0.9のシャー芯に対応しているシャーペンを使うことはできません。

最近、旧型ドクターグリップがどの文具店にも売られておらず、入手難易度がとてつもなく高くなっています。この入手度が高い旧型ドクターグリップを手に入れるには、アマゾンや楽天といったインターネットサイトで、旧型ドクターグリップをゲットするのがいちばんですね。ほんまに、いつ旧型ドクターグリップの販売が停止するかわからないので、いまのうちに旧型ドクターグリップを手に入れておきましょう。

第二位  新型ドクターグリップ

新型ドクターグリップは、旧型ドクターグリップに比べドクターグリップのデザインがスタイリッシュ化されていますが、旧型ドクターグリップと機能性や使いやすさはほぼ同じですね。個人的は、新型ドクターグリップのデザインよりも旧型ドクターグリップのデザインのほうが好きなので、旧型ドクターグリップを使うことがおおですね。そういいつつ、新鮮な気分なときは、新型ドクターグリップを使いますけどね。

最近、文具屋に行くと、新型ドクターグリップばかりが販売されており、旧型ドクターグリップが販売されていない状況にあるので、旧型ドクターグリップ信者の自分にとっては、残念な状況であることはいうまでもないですね。まあ、時代が時代だから仕方がないと諦めるしかないですねー。

第3位 ゼブラ エアーフィット

エアーフィット 0.7mm【ライトブルー】 BA9-LB

エアーフィット 0.7mm【ライトブルー】 BA9-LB

あの握り心地ナンバー1のドクターグリップに匹敵する握り心地を誇るゼブラ エアーフィット。このシャーペンは、グリップの中に空気を内包させることで、他のシャーペンで実現できないグリップの握り心地を実現させることに成功しました。ただ、ドクターグリップのように、シャーペンを振ったら、芯がでてくる機能を搭載しているわけではないので、注意が必要です。

ゼブラ エアーフィットは、握り心地だけではなく、販売価格が200円代という低価格で購入することができる最強のコストパフォーマンスを誇っているのです。そして、200円代シャーペンだというのに、デザインがスタイリッシュなのが、とてつもない魅力となっています。それに付け加えて、クリップ機能を搭載しているという最強のおまけ付き。まさに、ユーザーの求めるすべてが詰まっているシャーペンといえるだろうね。

第4位 ぺんてる グラフギア1000 

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

ぺんてる シャープペン グラフギア1000 PG1015 0.5mm

ぺんてる グラフギア1000シリーズはありとあらゆるシャーペン芯の太さに対応したシャーペンが発売されているので、自分の用途にフィットした芯の太さのグラフギアシャーペンを購入することをおすすめします。このグラフギアは、シャーペンのデザインが超格好良いので、デザインがかっこいいシャーペンを使いたい人向けです。そして、金属性シャーペンだというのに、シャーペンがあまり重くないので、長時間シャーペンを利用してもあまり手が疲れません。それに付け加えて、グリップに搭載されているゴムが指とグリップのフィット具合を促進させている。

グラフギアシャーペンは、今自分が使っているシャーペンの芯の濃さを設定する機能が搭載されているので、自分が今どの濃さのシャー芯を使っていることが一目瞭然です。それに、シャーペンの芯の濃さを示す部分のパーツがかっこよく、グラフギアシャーペンのデザイン性をより一層高めています。

第5位 ぺんてる シャープペン グラフギア500

ぺんてる シャープペン グラフギア500 PG517 0.7mm

ぺんてる シャープペン グラフギア500 PG517 0.7mm

ぺんてる シャープペン グラフギア500は、「0.3mm,0.4mm,0.5mm,0.7mm,0.9mm」の4種類の芯の太さに対応したシャーペンが販売されているので、自分の筆圧を考慮した芯の太さのグラフギア500のシャーペンをを購入することをおすすめします。このグラフギアは、500円というお手軽価格でありながら、2000円程するシャーペンに負けない程かっこいいデザインをしています。そして、シャーペンの重要ではない部分に、プラスチックを使うことで、シャーペン自体の重さを軽くすることに成功しています。それに付け加えて、グリップが鉄でできているので、グリップがちぎれて使い物にならなくなるということがないというメリットがある。

グラフギア500は、500円という超低価格シャーペンだというのに、今自分が使っているシャー芯の濃さを設定することができるので、自分が利用しているシャー芯の濃さを把握することができる。それに、グラフギアシャーペンはシャーペンが相当強固な作りになっているので、多少のことでは、シャーペンがぶっ壊れることがない。

第6位 三菱鉛筆 クルトガ M310121P.33

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.3 ブルー M310121P.33

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ ハイグレード 0.3 ブルー M310121P.33

三菱鉛筆 クルトガM310121P.33は、クルトガの高品質モデルで、通常のクルトガよりもデザインがクールで、ノーマルのクルトガよりグリップの握り心地も最高です。このクルトガは、書いているときもシャー芯が回転ことで、常にシャー芯の先が尖った状態を維持できるので、常に細い文字を書くことが可能となっています.しかも、0.3mmの芯対応なので、常にノートに細くてきれいな文字を書くことが可能になっています。

ペンの軸の部分にアルミニウムと呼ばれている金属をつけることで、ペン先の重心が安定し、きれいな字やきれいな図形を描くことが可能になっています。ただ、アルミニウムの金属を使うことで、シャーペン自体が重くなっているので、長時間クルトガのハイスペックモデルを利用していると手が疲れるという問題が発生しています。この問題を解決するには、ペンの軸がプラスチックでできているクルトガノーマルモデルを利用するしかありません。

クルトガのノーマルは、値段が300円~400円と低価格なので、クルトガM310121P.33とセットでゲットするのが良いと言えるでしょうね。自分の場合も、クルトガノーマルとクルトガM310121P.33の二刀流です。

第7位 三菱鉛筆 シャープペン クルトガ M54501P.6

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 グリーン M54501P.6

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ 0.5 グリーン M54501P.6

三菱鉛筆 シャープペン クルトガ M54501P.6は、クルトガのノーマルモデルで、シャーペン自体の重さがとても軽く、シャーペンの持ち運びがとても便利となっています。このクルトガは、たった300円だというのに、常に尖った芯で字を書くことができる機能が搭載されており、機能性が抜群です。

クルトガM54501P.6の用途は、仕事内容のメモ用シャーペンとして使ったり、自分の勉強用メインシャーペンとして使ったり、自分のコレクション用のシャーペンとして使ったりするなどがあります。これほどまでに様々な用途に使えるシャーペンは、クルトガM54501P.6しかない。

第8位 ゼブラ デルガード P-MAS86

ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx 0.3 ブラック P-MAS86-BK

ゼブラ シャープペン デルガード タイプLx 0.3 ブラック P-MAS86-BK

ゼブラ デルガード P-MAS86は、デルガードのハイスペックモデルで、圧倒的な筆圧にも耐えることができるので、筆圧が強い人にこそ使用して貰いたいシャーペンと言えるでしょう。しかも、シャー芯が詰まりにくい内部構造になっているので、芯詰まりが原因でシャーペンがぶっ壊れることがありません。これほどまでに、シャーペンが壊れにくく、使いやすくなっているシャーペンは、ゼブラ デルガード P-MAS86しかありません。

ゼブラ デルガード P-MAS86は、筆圧が強い人の勉強用シャーペンとして使われたり、デザインがかっこいいシャーペンを使いたい人にこぞって使用されていたり、とにかく壊れないシャーペンを使いたい人にこぞって使われていたりするなどがあります。これほどまでに多彩な用途があるシャーペンは、ゼブラ デルガード P-MAS86しかありません。

第9位 シェーファー センチネル

シェーファー センチネルは、超強力な筆圧にも耐えうることができる0.7mmの芯に対応しているので、筆圧なら誰にも負けないくらい強い人にこそ使用してもらい。当然、0.7mmのシャー芯は折れる回数が少ないので、一本のシャー芯を長期間に渡って使用することが可能となっています。ただ、0.7mmのシャーペンでは、細くてかっこいい文字を書くことができないという大きな問題が存在していますが。この問題を解決するには、0.3mmか0.4mmか0.5mmのシャー芯を利用するようにしましょう。

シェーファセンチネルの最大の魅力は、芯がでているシャーペンを上から強く押すとシャー芯が引っ込むというところ。この魅力のお陰で、シャー芯が折れるほどの力がシャーペンにかかった時に、シャー芯が折れなくても済みます。よって、シャー芯を大切に使いたいという思いが強い人は、シェーファー センチネルを使うしかないでしょう。

第10位 プラチナ万年筆 プロユース

プラチナ万年筆 シャープペン プロユース 0.5 マットブラック MSDB-1500B

プラチナ万年筆 シャープペン プロユース 0.5 マットブラック MSDB-1500B

プロユースは、3種類の芯の太さ「0.3mm,0.5mm,0.7mm」のシャーペンが販売されているので、自分の用途に応じた芯の太さのシャーペンを選択することが可能となっています。後、細い線でノートを見やすくキレイに取りたいなら、0.3mmのシャーペンを使い、自習時にガッツリ筆圧を込めて勉強に打ち込む予定があるなら、0,5mmのシャーペンを使い、マークシート試験で最速でマークシートを塗りつぶすならば,0.7mmのシャーペンをつかうようにしましょう。

プラチナ万年筆 プロユースは、たった410円のシャーペンだというのに、シャーペンのデザインがシンプルでカッコよく、シャーペンの重さも軽量化されているので、何時間シャーペンを使っても指が疲労することがありません。ここまで、デザイン性と実用性が抜群なのは、プラチナ万年筆 プロユースだけと断言できる。

第11位 ぺんてる グラフ1000 フォープロ

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1005 0.5mm

ぺんてる シャープペン グラフ1000 フォープロ PG1005 0.5mm

ぺんてる グラフ1000 フォープロは、0.3mmの芯に対応しているシャーペンなので、細くてきれいな線を用いてきれいな字や絵や図形を描きたい人に人におすすめです。0.3mmの芯以外にも、0.4mmと0.5mmと0.7mmと0.9mmの芯に対応しているぺんてる グラフ1000 フォープロ
が発売されており、ありとあらゆるシーンで、フォープロが大活躍中です。どの太さのシャー芯のフォープロを購入しても後悔することは殆ど無いので、安心です。

ぺんてる グラフ1000 フォープロは、700円というお手頃価格のシャーペンだというのに、漆黒で洗練されたデザインが魅力的で、自分の指のちからをシャーペンの芯にフルパワーで伝えることができる。それに付け加えて、グリップの握り心地が最高なので、グリップの握り心地に拘る人に、ぺんてる グラフ1000 フォープロはおすすめです。

第12位 ステッドラー 925 25

ステッドラー 925 25の0.5mm対応を利用すれば、ある程度の筆圧に耐えることができることもあり、自習用シャーペンとして大活躍すること間違い無し。それ以外の太さのシャー芯を利用すれば、マーク試験専用や図形を書く専用や漫画を書く専用や小説を書く専用などの5つのシーンで大活躍すること間違い無し。これほどまでの多くシーンで活躍するシャーペンは、ステッドラー925 25のみと断言できる。

ステッドラーは、今自分が利用しているシャー芯の濃さを表示する枠が存在しているので、自分が利用している芯の濃さがわからなくなるという事態を防ぐことができるグレートなシャーペンです。このような優秀なシャーペンは、5年に一度登場するかどうかわからないので、ステッドラー 925 25が発売停止にならないうちにゲットしておこう。

第13位 シャープペン ユニアルファゲル M5507GG1P.33

シャープペン ユニアルファゲルM5507GG1P.33は、シャーペンがある程度太く、シャーペンのグリップがゲルが使われているため、シャーペンの握り心地が最高。ここまで、シャーペンの握り心地が最高のシャーペンは、ユニアルファゲル M5507GG1P.33のみと断言することができる。ただ、グリップのゲルの部分をいじりすぎると、ゲルがちぎれてグリップがボロボロになるので、注意が必要です。まあ、いい大人がゲルをいじりすぎることはないので、グリップがボロボロになるなんてことはないだろうけどさ。

ユニアルファゲル M5507GG1P.33が多くの人に使われ始めて、旧型のドクターグリップが文具店から消えていったのはとても懐かしい思い出といっても過言ではない。その後、旧型ドクターグリップのデザインが一新されて、新型ドクターグリップが文具店に多くならんだのは懐かしい思い出です。

第14位 三菱鉛筆 ユニアルファゲル M3807GG1P.66

三菱鉛筆 ユニアルファゲル M3807GG1P.66は、シャーペンがかなり細く、シャーペンの重さ自体が軽く、持ち運びがとても便利になっている。しかも、グリップにゲルを搭載しているので、グリップの握り心地の良さはピカ一と言えるレベルに到達している。そして、ゲルでできたグリップの色は、グリーン・ブルー・ブラック・ホワイト・ピンク・オレンジといったバラエティー豊かな色がある。ほんまにこれだけカラフルなグリップの色が搭載されているのは、三菱鉛筆 ユニアルファゲル M3807GG1P.66だけだよ。

三菱鉛筆 ユニアルファゲル M3807GG1P.66は、太いユニアルファゲルの持ち運びが不便という理由から生み出された携帯用に特化したシャーペンである。ただね、携帯用に特化された同時に、ゲルのグリップも小さくなってしまったからゲルのグリップのさわり心地がイマイチだったりするのよ。

第15位  トンボ鉛筆 モノグラフゼロ

トンボ鉛筆 モノグラフゼロは、金属製のグリップが想像を絶する握りやすさで、シャーペン自体の重さもかなり軽量化されているので、長時間シャーペンを利用しても手が疲れるということがほとんどありません。しかも、0.3mmのシャー芯に対応しているシャーペンなので、超絶細い線できれいな字や図形や絵を描くことがとても容易に行うことができます。そして、トンボ鉛筆 モノグラフゼロには、消す能力がかなり高いと言われているMONOTONIC消しゴムが搭載されています。

トンボ鉛筆 モノグラフゼロは、販売価格も500円以下とかなりお安くなっているというのに、ユーザーがシャーペンに求める機能がふんだんに盛り込まれている最強のコストパフォーマンスを誇るシャーペンといっても過言ではないですね。自分も学生だったら、間違いなくトンボ鉛筆 モノグラフゼロを購入していましたね。

第16位  ぺんてる オレンズ XPP603G-F

シャーペンの芯がおれないことに特化しているシャーペンといえば、ぺんてる オレンズ XPP603G-Fと断言できる。しかも、一回シャーペンをノックするだけで、文字を何時間も書き続けられるという最高の機能を搭載している。そして、オレンジ色のグリップと指のフィット感が最高なので、文字を書いていて違和感を感じることがほとんどない。まあ、シャーペンの色がオレンジ色なので、オレンジ色が大好きな人からしたら、デザイン的にも最高と思えること間違いなしでしょう。

ぺんてる オレンズ XPP603G-Fは販売価格も400円以下と小学生のおこづかいでも帰る価格と超お安くなっているのに、グリップも握りやすく、シャーペンとしての機能性も抜群となっており、購入して後悔することがないシャーペンと断言することができる。自分も学生だったら、間違いなく、ぺんてる オレンズ XPP603G-Fを購入していましたね。

第17位 Pilot シャープ S3

Pilot シャープ S3は、シャーペンのデザインがスタイリッシュであり、グリップの握り心地が最高の実用性抜群のシャーペンである。しかも、0.3ミリ~0.9ミリのシャーペンに対応しているので、ありとあらゆる局面で大活躍すること間違い無し。そして、パイロット製のシャーペンなだけあって、多少のことでは、シャーペンが壊れない頑丈な作りになっているのがPilot シャープ S3。

第18位 コクヨ 鉛筆シャープ

コクヨ 鉛筆シャープ 芯径1.3mm 黒 PS-P101D-1P

コクヨ 鉛筆シャープ 芯径1.3mm 黒 PS-P101D-1P

コクヨ 鉛筆シャープは、シャーペンを鉛筆感覚で利用することができるので、鉛筆独自の握り心地が好きな人にこそ利用してもらいたいシャーペンである。しかも、0.7mmの芯に対応しているので、シャー芯によほどの力を加えない限り、芯が折れることがないので、一本のシャー芯を長期に渡って利用することができる。そして、シャーペンの作りも単純な構造になっているので、よほどのことがない限り、シャーペンが壊れることはない。

コクヨの鉛筆シャーペンは、0.7mmと0.9mmと1.3mmの三種類の芯の太さに対応しているので、ノートを書く時やマークシート試験に挑んでいるときや製図を描いているときなどのシーンで大活躍すること間違い無し。これだけの芯の太さが用意されていると、どの芯の太さのシャーペンを使うべきなのか迷ってしまいますね。

第19位  ぺんてる マークシートシャープ

ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B

ぺんてる シャープペンシル マークシートシャープ 1.3mm B芯 AM13-B

ぺんてる マークシートシャープは、マークシートを最速で塗りつぶすことに特化しているシャーペンなので、マークシート試験時に使うことをおすすめします。ただ、1.3mm芯対応のシャーペンなので、ノートを取るときや製図を描くときにはあまり活躍を期待することはできません。

値段が220円と誰もが驚愕するほどの低価格のシャーペンなので、マークシート試験を受ける予定がある人は、4本~5本程を購入しておくのがいいでしょう。そうはいっても、1.3mmのシャーペンが5本とか、マークシート試験がおわったら、どうすんだよと思わざるおえないよなー。

第20位  ぺんてるスマッシュ

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

ぺんてる シャープペン スマッシュ 0.5mm Q1005-1 ブラック

ぺんてるスマッシュは、シャーペンが軽量化されているだけあって、長時間シャーペンを利用しても、全くというほど手に疲労を覚えることがありません。しかも、0.5mmの芯に対応しているので、マークシート試験やノート板書や製図作成やクリエイティブな絵を作成するなどのシーンで大活躍すること間違い無し。そして、グリップに関しては、同じペンテルブランドのグラフギアシリーズよりも握りやすい。

最後に、

ドクターグリップは健在だね。

関連記事
www.gamezinsei.com
www.gamezinsei.com