読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

新型MacBookProというパソコン。

APPLE MacBook (1.1GHzデュアルコア Intel CoreMプロセッサ/12型/8GB/256GB/USB-C/ゴールド) MK4M2J/A


新型MacBookProは本当の金持ち、見え張り、パソコンマニアしか購入しないパソコン。こういうふうに思ってしまう人は心のどこかで、新型MacBookProがほしいと思っているはず。僕も友達にはマックPCなんて高いだけで性能もたいしたことないからあえて購入しないだけだよーとスマートにかっこつけていっているが、本音は新型MacBookProというパソコンを購入するお金がないというのが現実である。

自分の場合はパソコンショップにパソコンを買いにいくと10万するMACPCがほしくなるけど、そのMACPCがほしいという気持ちを抑えてHPProbook4230sの17000円の中古の2011年のCOREi5,4GBを購入した。17000円のPCでオンラインゲームをプレイしたら、パソコンの使用率が上昇して、熱暴走を起こし、電源がプツンと落ちてしまった。こういう目にあいたくないなら、10万円、20万円を支払って新型MacBookProを購入すべきだと思う。MACブランドのパソコンが熱暴走を起こして電源を切れるなんて話は聞いたことがないからね。

新型MacBookProを購入する富裕層。

富裕層はパソコンが動けばいいと思ってパソコンを購入することはなく、デザインがクールでパソコンの動作がスムーズで重さも軽いという3つの要素を満たしているパソコンしか購入しない。この条件に当てはまるのは、新型MacBookProしかないのだ。

新型MacBookProを人前で使う心理。

☆新型MacBookProを使っているだけで、この人はパソコン操作のスペシャリストなのかなと思ってしまうことがある。こういう心理をほとんどの人がもっており、自分自身も他者にパソコンを自在に操れるすごい人と思って欲しいという気持ちから、新型MacBookProを人前で使うようになるのだ。

☆リアルでは、貧乏人が新型MacBookProを使っていることはほとんどなく、ある程度の経済水準で生活をしている富裕層しか新型MacBookProを使っていない。この現実に気づいた富裕層達が貧乏人達に俺はこれだけのステータスを持っているよーと自慢するために、新型MacBookProを購入して人前で使い始めるのだ。


自分が新型MacBookProを欲しいと思ってしまう理由。

☆正直2011年の糞ボロPCを人前なんかで使ったら、こいつ金がなくてニートだからこんなしょぼいPCしか購入できねえのかよと思われかねない。このような人に貧乏と馬鹿にされないために、一刻もはやく、MacBookProを手に入れる必要がある。

☆アップルブランドはいいものであると思い込んでいるのとリンゴのマークとシルバーボディーを本能でかっこいいなあと思ってしまい、新型MacBookProをほしいと思ってしまうのだ。

☆マックブックプロ=最先端という思い込みがあるせいか、マックブックプロ以外のPCが全部低スペックPCに見えてしまう。

☆初めて購入したスマホがアイフォーンのため、アップル製品に異常な執着がある。

☆アメリカという至上最強国家がつくっている製品なんだから最高の性能に決まっているという恐ろしい思い込み。

パソコン初心者は新型MacBookProを購入する必要ははない。

パソコン初心者はパソコンでユーチューブで動画をみたり、オンラインゲームをすることしかしないので、性能が高い新型MacBookProを購入する意味などない。動画鑑賞やネットゲームプレイは3万くらいの中古PCで普通に楽しむことができるからだ。いうなれば、パソコン初心者が新型MacBookProを使うのは宝の持ち腐れ。

新型MacBookProを中古で購入してはいけない。

中古PCは普通に使えますが、ほかの誰かが使っていたと思うとパソコン自体が汚らしく思えてきてしまいます。そういうふうに思ってしまう人は最初からお金をけちらず、新品の新型MacBookProを購入しよう。

新型MacBookProの軽量化について。

新型MacBookProは薄くなって持ち運びが便利で史上最強のパソコンという意見がありますが、薄くなることで発生する問題も0ではありません。パソコンが薄くなればなるほど、微々たる衝撃でパソコンがぶっ壊れてしまいます。そんな微々たる衝撃で壊れる薄っぺらいパソコンを外に持ち運ぶのは怖くてできない。こういう事実があるので、最近のなんでもかんでも薄くしてやればいいという風潮に疑問を覚えてしまいます。

Touch Barとかtouch IDとかよくわからんものはいらない。

Touch Barとはよく使うウェブサイトやパソコンの便利機能のアイコンが表示されるバー。タッチバーでビューンと一発でいきたいページにいけるのは便利かもしれないが、検索欄に文字を打ち込んでページにたどりつくという作業を楽しむことができなくなってしまう。こういう便利な機能が追加されることは人間からググル習慣を奪いかねないことなので賛同できない。こんな感じに賛同できないといっていますが、本当は心のそこから新型MacBookProが欲しい。ただの屁理屈です。

touch IDという指紋認証もいらない。普通にパスワードでログインすることに慣れているので、いまさら指紋認証という新しい作業に慣れるのには相当な年月を必要とする。慣れていない作業を強制的に使わされてしまうというはかなりストレスが溜まることだったりする。こういうことをいうのも、マックユーザーに対する僻みという気持ちが少しだけある。


まとめ

必要ない機能がたくさんついているのが新型MacBookPro。

Thunderbolt 3しかついていない。

新型MacBookProというパソコンはUSBポートという時代錯誤の異物を排除し、カードスロットという誰が使っているのかという機能を排除し、DVDドライブという老人向けの機能を排除し、Thunderbolt 3という未来志向向けのものだけを搭載している。自分自身は、USBポートもSDカードもDVDドライブも一切使わないので、Thunderbolt 3だけで十分だと思います。

自分がUSBポート、カードスロット、DVDドライブを使わない理由は、パソコンにUSBメモリーを刺すのが面倒くさい、SDカードを挿すの面倒くさい、DVDドライブにDVDを入れるのが面倒くさいから。僕のように、なんでもかんでも面倒くさいと思ってしまう人は、余計な機能をごっそりと排除した新型MacBookProがおすすめです。

まとめ、
余計な機能をすべて省いたシンプルなパソコンを求めている人には新型MacBookProは最高の商品に見えるだろう。
スポンサーリンク



最後に、

アップルメーカー以外のPCとアップルPCを用途によって使い分けることで、新型MacBookProに対する不満も軽減できるはず。