読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

FXで吐き気を感じる瞬間。

超ど素人が極めるFX

凡人はお金がほぢいいいという感覚に陥り、ハイレバレッジでFXトレードを繰り返す。当然、欲まみれのトレードが上手くこともなく、大損をぶっこいて吐き気が止まらなくなります。吐き気がとまらない事態になって、ようやく負け組トレーダーはFXなんてやらなければよかったと口をそろえて言います。こんな流れでFXで吐き気を感じていくので、吐き気を感じたくない人はFXをやるのはやめましょう。ってことで、本題の
FXで吐き気を感じる瞬間について書いていきます。

自分がFXで吐き気を感じた瞬間。

1.収益がマイナス2万円くらいになってくるところから体調が悪くなってくる。

儲けようと思ってFXを始めたのに、一日でマイナス二万円の含み損を抱えてしまい、すこぶる体調が悪くなる。この時の心情は(ああああ、2日分の給料が相場で一瞬で溶けたよおおおぢにだいいいい)という感じです。

2.低レバレッジでマイナス300PIPS食らうと、絶望感から吐き気が。

低レバレッジなら安心だと思ってFXを始めたのに、一日でマイナス300PIPSを食らってしまい、プラ転する気配が見えない。この時の心情は「ふえええええ、このポジションはどうあがいてもプラスにならないよおお、どうしようう、ああああ、気持ち悪い」という感じです。

3.爆益から大損は、天国から地獄に突き落とされる気分になり、吐き気を感じる。

運良く爆益だったポジションを利確しないで持ち続けてしまい、気づいたらマイナス100PIPSになってしまう。この時の心情は「あの時、しっかりと利益確定をしていれば、こんな苦しい思いをしなかったのにいい。あああ、時間をもどしてくれえ」という感じです。

4.借金が資金でトレードして大損すると、借金を背負ったということを自覚して、吐き気を感じる。

借金を資金でトレードをすると、一万円負けるだけで、一万円も借金を背負ってしまったよぉという気分になり、吐き気を感じてしまいます。こんな最悪な気分と吐き気を感じたくないならば、借金でFXをやらないことをおすすめします。

なんでFXでお金を損する吐き気を感じるか?

人はお金を失う=労働に費やした時間が無意味ということを本能で理解しています。その結果、俺の人生はいったい何だったんだ?と思うようになり、吐き気を感じることに。
スポンサーリンク



最後に

FXと吐き気はセットだね。