読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

フリーランスに向いている人の特徴

開業から1年目までの 個人事業・フリーランスの始め方と手続き・税金

フリーランスになりたいと直感で感じて、フリーランスという選択をする人は多い。フリーランスを選択すると、正社員時代に感じなかった将来の不安や給料を稼げなくなったらどうしようという恐怖が襲ってくるということはあまり知られていない。

自分もフリーランスになってから、毎月の給料が不安定なのと、いつ給料が0になるんじゃないのかという不安に毎日さらされて気が気ではない。気が気でなくなるたびに思うのは、一生正社員と生きていく決意さえできれば、こんな無駄なことで悩まなくてもいいのにということ。そう思うのだけど、一度自由を知ってしまうと、なかなか会社に戻るという選択ができない。

つい最近きづいたんだよね、別にフリーランスで食えなくなったら、フリーターやるなり、生活保護もらうなり、ブラック企業で働くなりすればいいだけだという事実に。この事実に気づくと将来の不安っていったいなんだったんだと思ってしまう。そんな毎日不安と自己正当化を繰り返しているフリーランスの自分が感じていることについて書いていきたい。

自分のやりたいと思うことしかやらない生き方もあり。

会社員になる=会社に勤めていたらめちゃくちゃ成長するんじゃねえかという思い込みをしている人は多い。結局のところ、人間なんてどこまでいっても人間なのだから、成長すると言っても限界があるし、人間は成長しても年を取れば衰えていく。

人間の成長には限界があり、成長してもどうせ衰えていくのだから、成長という魔法のコトバに惑わされずに最初から自分のやりたいことに挑戦していくほうがいいんじゃないのかなと思うんですよね。好きなことだったら、成長しようなんて思うこともなく、ひたすら本気で打ち込むだろうからね。

会社で働いていると、毎月決まった給料が入ってくるから、自分で金を稼いでやろうという気持ちも一切なくなるので、本気で自分の力で金を稼ごうとしている人に勝つことが不可能という厳しい現実がある。この現実を知って悟るんだよね、本気でやってないことを副業でだらだらやるくらいなら、やらないほうがマシだという事実に。この事実に気づいて、本気で自分のやりたいことに挑戦したいと思うと会社を辞めるという選択を取ることに。

会社を辞めて毎日ダラダラ生きている人は自分自身では俺はフリーランスだと思っているけれど、周りから見たらタダのニートにしか見えないということを絶対に忘れたらいけない。このことを忘れてしまうと、毎日10時間仕事をすることがだるくなってしまい、毎日遊び倒して本物のニートとしてこの世に君臨してしまうことになる。

ニートに君臨しないためにも、俺が生き残るにはこの道しかないと思い込み、他の選択肢を捨てて目の前のことに集中するしかない。ここで、集中できれば、基本的に生きていけるくらいのお金は誰でも稼げるんだけど、生きていけるだけのお金を稼いだ後のモチベーションがでないという問題が発生する。

この問題を解決するには、人生に目標を持たずに、好きだからこれをやっていると思って、仕事に取り組んでいくしかない。後、これは好きだからやっていると思うと、ほんとに好きになってくるので思い込みは大事なのよ。

サラリーマンは金しか手に入らないという現実。

サラリーマンはどんだけ頑張っても手に入るのはお金だけで、自動的にお金を稼ぐ仕組みを自分が会社で作っても、自分のものにはならず、会社の所有物になってしまうという厳しい現実が待ち構えている。それって、会社を辞めたら、お金以外なにも残らないってことだし、人生の時間を無駄にしていると同意なんじゃないかと思ってしまうんだよね。この事実を直視して、会社に利用されて、自分で何も生み出せない人間は嫌だーという人がフリーランスを選択するのだと思う。ただ、フリーランスになって、何かを生み出せる人はそんなにいないということもわすれちゃあいけない。

でも、多くの人が自分で稼ぐ仕組みを永遠と存続できるわけではないので、人生一度も落ちこぼれたくないという人はサラリーマンで生きていく選択が正解だと思う。なんで正解なのかについては、人生において一度も底辺を味わうことなく、それ相応の給与でほしいものが買える人生はあまり苦しみがなく、幸せだからね。

普通に生きていくのが無理。

毎日決まった時間に起きて、嫌なことを毎日8時間やり続けるという日常を送るのが嫌だ、人生は自分の好きなことだけをやっていきたいという人にはフリーランスが向いていると思う。普通の人だったらそんなことは思わず、人生詰みたくないし、結婚もしたいから永遠に正社員として働くんだーと思い、会社で働くという人生を選択する。

いうなれば、フリーランスになる人って未来がどうとか、普通の人生を贈りたいとか、それ相応の給料をいきなりほしいとか、あんまり考えてないんだよね。人生成るように成れと思い、会社を辞めて自分の好きなように生きていく人が多いと思うんだ。

えっ、成るようなれっていう確率論で生きていて大丈夫なん?という人もいるけれど、会社を辞めてもがき苦しんでいるとサラリーマンの時に見えなかったものが見えてきて、人生うまく行くことが多いんだよね。ただ、会社を辞めて何も見つけられずに終わる人もいるという現実もあることを忘れたらいけない。

失敗したら何度もゾンビのように蘇ろうと思える人。

自分でビジネスをしていると、失敗して全然お金が稼げないことが頻発します。そんな最悪なときに、俺にはフリーランスなんて無理だったんだと思わずに、今回は運が悪かっただけで、新たに挑戦すれば、絶対に成功する時は訪れると思いましょう。こういう思考方法を持っていないと、失敗したときに再挑戦することを辞めてしまい、再度就職するという道に走ってしまいます。


自分が思うに、成功するかしないかわからないことに対して時間を割くというのは、時間を無駄にするかもしれない恐怖心を生み出す行為なので、自分では挑戦したいんだけど、挑戦することを渋ってしまうという本音が存在する。この恐怖心をいかに乗り越えられるかどうかが、フリーランスとして好きな仕事に挑戦し続けられることに繋がるのかなと思うわけですよ。
スポンサーリンク



最後に、

フリーランスになる人というのは、失敗を恐れずに成るように成れという精神で突き進む人や会社の役職や地位よりもやりたいことを優先する人が多いのかなと。やっぱり、サラリーマンである程度の役職についてしまうと、役職を捨ててまでフリーランスになろうとは思わないよねー。自分ももし専務とかだったら、何が何でも会社やめないからなあ。