ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

DJコネの文化。

Pioneer DJ パイオニア / DDJ-RB DJコントローラー

DJの世界大会や全国大会で優勝経験しようが、人間の心に衝撃を与えるリミックス曲を作ろうが、大きな音楽事務所のコネがなければ、東京の有名クラブや海外のクラブでDJをすることができない。この現実のせいで、人を感動させるリミックスが作れるDJが世界で活躍することができず、地方のクラブのDJとして働かざる負えなくなっている。今回は、DJコネの文化をテーマにして記事を書いていきます。

DJのクラスタも実力社会であるべき。

音楽好きの人からしたら、ルックスだけが取り柄で、DJのプレイも普通で、リミックス曲も普通のDJが日本のでかい箱でプレイするのは迷惑極まりない。こういうルックスだけが良いDJよりも、トラックメイカー兼DJの人に日本のでかい箱のレジデントになってもらったほうが、音楽好きの人からしたら、とってもありがたいことなんだよね。ほんまに、お客さんは、DJのルックスを見に来ているわけではなく、DJのプレイを見に来ているわけなんだからさ。

DJのコネは本当につまらないからやめろ。

日本のクラブシーンを盛り上げていこうと思ったら、SoundCloudで最高のREMIX曲を作っている人をコネとか関係なしに、ガンガンクラブのイベントに呼ぶべき。こういうことをしないから、日本のクラブでは、毎日毎日退屈な曲が流れていて、日本のクラブマジでつまんねーよと思っちゃうのよね。このこと以外にも、DJの世界は嫉妬文化が蔓延しているので、自分以外のDJがつくったリミックス曲をクラブで流してくれないから、クラブでリミックス曲を思う存分楽しむことができないのよ。これこそが日本のクラブがとてつもなく退屈な理由なのかもしれない。

DJがコネでスターダムに駆け上がっていく流れ。

ルックスがそこそこ良いDJが、適当なリミックスを施したヒットチューンが複数入っているCDを日本国内で売れば、2万枚~10万枚売れることもあり、ミックスCDをたくさん売り上げてお金を儲けたいと思っている日本の音楽事務所は、曲を作るのが上手いDJよりもルックスが良いDJを自分の音楽事務所所属のタレントとして契約しています。そして、自分の事務所所属のルックスの良いDJを事務所のコネを使って、海外のクラブのレジデントにしたり、海外の大きな音楽イベントに出演させて、スーパースターに仕立て上げます。ただ、事務所のコネをいくら使っても、ルックスが良いDJがいい曲をつくれるようにはならないので、真のスーパースターにはなれません。

DJがコネなしで、スターダムに駆け上がっていくには?

ユーチューブやSoundCloudにアップロードした自分の自作曲が何百万再生~何千万再生されることで、日本国内の音楽関係者や海外の音楽関係者に注目されて、DJの仕事をもらうことができます。そうはいっても、多くの人に何度も聞いてもらえる曲をつくるには、それ相応のセンスが必要となってくるので、誰もが何百万再生もされる曲を作ることはできません。

有名DJのミックスCDで衝撃を受けたことがない。

有名DJのミックスCDの曲は、どれもこれもありきたりのリミックスしか施されておらず、俺の心にめちゃくちゃ響くという感じがまったくないので、有名DJのミックスCDを購入することはあまりおすすめしません。有名DJのミックスCDを聞くくらいならば、トラックメイカーと呼ばれているDJSEVENさんやDJWAVAさんやP*LightがSoundCloudで公表しているリミックス曲を聞くべきです。

DJWAVAさんの上記の曲を聞くだけで、心の悩みの全てが吹き飛んで、DJWAVAさんがこの曲を作ってくれているおかげで、俺は1日幸せに生きることができるんだという気分になれます。この曲以外のDJWAVAさんの曲を聞いてもテンションが上がること間違い無しなので、音楽好きの人はDJWAVA氏の楽曲を聞くべし。


DJSEVENT氏の嵐のLove So Sweet のリミックス曲は、嵐なんてまったく聞かねえよーという人が聞いても最高に良い曲と思えるので、最近いい曲ないかなーと迷っている人にこそ聞いてもらいたい曲となっています。この曲以外のDJSEVEN氏の曲はどれも最高なので、最高の音楽を堪能したい人は、DJSEVEN氏の曲を聞くべし。

P*Light氏のGhost Launcherは、日本屈指のテンションを爆発的に上げることができるハードコア系の曲となっているので、最近どんな曲を聞いてもテンションがあがらないと迷っている人にこそ聞いてほしい。
スポンサーリンク


最後に、

DJのコネ文化と嫉妬文化にはうんざり。