読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゲーム人生

人生はゲームのように華麗だ。

トレード資金を産み出そう FX編

超ど素人が極めるFX

トレード資金がなくてFXトレードができないという悩みを抱えている人もおおいはず。ということで、今回はトレード資金を産み出す方法についてかいていきます。

1.借金をする。

借金で手にした金を利用すれば、手元に一円もなくてもFXができてしまいます。ただ、FXで資金を溶かしてしまうと多額の借金を背負うことに。FXで背負った借金を返そうと、また借金をしてFXを繰り返すと借金のスパイラルに巻き込まれることに。そうならないためにも、借金でトレードをするのは辞めましょう。

2.親の資金を使う。

親の資金を使ってFXをすれば、最悪FXで負けても借金を背負わなくても済む。ただ、親の金だと、自分の金ではないので、FXするときに本気になれないため、損する可能性がぐーんと跳ね上がる。そのため、親のお金を使ってFXをすると、親が血と汗を流して必死に稼いだお金を溶かすことにつながる。そうなりたくないならば、自分のお金でFXをしましょう。

3.友達の資金を使う。

友達の資金を借りてFXをすれば、最悪友達の信頼がなくなるだけで、自分は借金を背負わなくても済む。ただ、友達の金をFXで溶かすと、友達との信頼関係は破綻するので、注意が必要。そのため、自分の経済状況よりも、友達との仲を維持したい人は友達の金でFXをするのは辞めましょう。

4.クラウドファンディングを利用する。

FXでトレードをして億を稼ぐために、トレード資金を恵んでください。もちろん、FXでお金を稼いだら、トレード資金を恵んで下さった方にも、トレード資金以上のお金をキャッシュバックします。という文言で、投資資金を募ろう。そうすることで、モノ好きな人がFXがのトレード資金を恵んでくれるかもしれない。

5.有料noteでお金を稼ごう。

ブログやツイッターで、俺はFXで億を稼いでいるぜという架空の自分を作り、インターネット民に発信していきます。そうすることで、この人は本当にネットでお金を稼いでいるんだとネット民に思わせることができます。その結果、ネット民はこんなに稼いでいる人のnoteを購入したら、自分もFXをに勝てるようになるのではないだろうかと思い始める。そして、ネット民は自称億トレーダーのnoteを購入するようになるのだ。

6.資金一万円から億トレーダーを目指す。

まとまった金をつくるのが面倒くさい。そういう人は一万円を用意して、レバレッジ400倍のアイフォレックスでFXトレードしましょう。トレードがとんとんびょうしにうまくいけば、あっという間に数百万というお金をかせぐことができる。

7.アフィリエイトでお金を稼ぐ。

今や世の中はアフィリエイト時代で、アフィリエイトで月300万円を稼ぐ猛者がごろごろしています。そんな猛者たちのように、自分もアフィリエイトで月300マン稼げば、FXのトレード資金なんて簡単に捻出できてしまいます。

8.真面目に働いたお金をトレード資金として使う。

自分の命を削って稼いだお金をトレード資金として使うのが一番手軽で、誰からの恨みも買わない。ただ、真面目に働いて得たお金が、FXがで一瞬で消えてしまうときの虚しさは言葉で言い表すことができません。
スポンサーリンク


まとめ

トレード資金を生み出す方法はこんなにたくさんあるので、自分にあう方法をこの中から一つ選択してみては。

ビタミンCを摂取するときにおすすめなジュース

最近、いろいろあってストレスが溜まってきてやばいというときにこそビタミンCが多く含まれているジュースを飲んでおきたいもの。自分もストレスを強く感じたときはビタミンCが多く含まれいてるジュースを飲んでいる。今回はビタミンCを摂取するときにおすすめなジュースを紹介していきたい。

第一位 キレートレモン

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本

ポッカサッポロ キレートレモン 155ml×24本

キレートレモンは圧倒的な酸っぱさを誇り、飲んだ瞬間に爽快的な気分になれる最高のジュース。もうね、ストレスが溜まったらとりあえず、キリートレモンを飲んでおけばOK.

★アマゾンで一本あたり69円で販売されているなど、コストパフォーマンス最強。

★炭酸とレモンの酸っぱさの両方を味わえるジュースはこれだけ。

★ただ、すっぱすぎるので、一気飲みするのが結構きついかもねん。

第2位 ニチレイのアセロラジュース。

ニチレイ アセロラドリンク 900ml×12本

ニチレイ アセロラドリンク 900ml×12本

アセロラジュースもかなりビタミンCをが含まれており、飲んだ瞬間にストレスがぶっ飛んでいく感覚を得ることができる神がかり的なジュース。しかも、体に悪い例のアレの値段の半分で買えてしまうのだ。

★一本あたり、アマゾンで196円という低価格で購入できるので、金欠の人にもおすすめ。

★アセロラジュースは何と言っても美味しくてクール。

★果汁10%なので、あまり酸っぱすぎないので、かなり飲みやすくなっている。


第3位 ポンジュース 

ポン ポンジュース 1L×6本

ポン ポンジュース 1L×6本

最強無敵至高の味を誇り、ビタミンCをが豊富に含まれているといえば、ポンジュース。自分もいらいらが抑えきれずに、自分が自分が抑えきれないというときにポンジュースをのみますね。

★アマゾンで一本あたり239円という値段で購入できる。

★濃縮還元のジュースでアリながら、ストレートジュースを圧倒。

★あまりの美味しさに一瞬で一リットルを飲み干してしまうこともすくなくない。

第4位 DOLEパイナップルジュース。

Doleパイナップル100% 200ml×18本

Doleパイナップル100% 200ml×18本

DOLEという日本国民におなじみのブランドで、味がさっぱりで、ビタミンCをが豊富のパイナップルジュース。やばい、今日はパイナップルジュースが飲みたいというとき飲むと、最高。

★最近ではコンビニでも見かけることが一切なくなり、購入できるのはアマゾンと激安スーパー店のみとなっている。

★200mlしか売っていないので、少し値段が割高な部分が少なからずある。

★オレンジジュースに飲むのに飽きたときにのむパイナップルジュースは最高。

第5位 ファイブミニ

大塚製薬 [トクホ]ファイブミニ 100ml×50本

大塚製薬 [トクホ]ファイブミニ 100ml×50本

ファイブミニは美味しいんだけど、すぐに飲み終わってしまい、物足りないという気持ちにさせてくれる炭酸系のジュース。あの少ししか入ってねーやんという残念な気持ちを思い出したくないがゆえに、購入するのを控えている人もいるのでは。

★基本的にアマゾンでは106円。コンビニで購入すると120円くらい。

★味に関してはかなりうまい。これよりうまいジュースあんの?というくらいうまい。まさに神。

★最近、ファイブミニを飲んでいない人が久々に飲んだら、あまりの美味しさに感動するかも?

第6位オロナミンC

大塚製薬 オロナミンC ドリンク 120ml×50本

大塚製薬 オロナミンC ドリンク 120ml×50本

ファイト一発のキャッチフレーズで有名なオロナミンC。巷でオロナミンCを知らない人はほとんどいないはず。このジュースにもビタミンCがたくさん含まれており、飲んだ瞬間に人を元気にしてくれます。


★なんとアマゾンで一本あたり84円という激安価格で購入できてしまいます。圧倒的やすさああああ。

★オロナミンCをも量がちょっとしか入っていないので、ついついコーラを購入してしまうことも。

★全部飲みきるのに、10秒あれば余裕。

第7位 リアルゴールド

コカ・コーラ リアルゴールド 160ml×30本

コカ・コーラ リアルゴールド 160ml×30本

元祖エナジードリンクといえば、リアルゴールド。リアルゴールドはビタミンCをだけでなく、ロイヤルゼリーも豊富にふくまれており、味も美味しい。ただ、飲み過ぎると気持ち悪くなるので注意。

★なんとアマゾンで一本59円で販売されている。えっ、自販機の半額以下の価格やないですか。

★ただ、カフェインが含まれていないので、飲んでも眠気が覚めることはないということを忘れてはいけない。

★カフェインが入っていないので、カフェイン中毒にならずに済むので気楽に飲むことができちゃう。

第8位 デカビタC

サントリー デカビタC 210ml×24本

サントリー デカビタC 210ml×24本

八種類のビタミンが豊富に含まれているがキャッチフレーズのエナジードリンク。オロナミンCよりも量が多いという理由でデカビタCを飲んでいる人も結構いるのではないだろうかと思われる。

★アマゾンでは一本80円で、巷のコンビニでは一本120円という値段で売られている。

★刺激抜群で、コーラや三ツ矢サイダーに飽きてきたときに飲むと最高。

★デカビタは自分の感覚では、コーラよりも高級な部類に入るジュース。

第9位 DOLEのオレンジジュース

Doleオレンジ100% 200ml×18本

Doleオレンジ100% 200ml×18本

自分もDOLEのオレンジジュースは体に溜まったストレスを速攻で追い出したいときに飲みます。本当に飲んだ瞬間にいままで悩んでいた俺の悩みはなんだったんだというくらいに気分があがります。

★自分が毎日コンビニで購入して飲んでいるオレンジジュースなので超おすすめ。

★とにかく味が濃く、オレンジが大好きだという人にこそ飲んでもらいたい一品。

★一日に結構うれるオレンジジュースなので、遅い時間にコンビニに行くと購入できないことも結構ある。

第10位 なっちゃんオレンジ

サントリー なっちゃん オレンジ 280ml ペット×24本

サントリー なっちゃん オレンジ 280ml ペット×24本

なっちゃんは100%オレンジジュースよりは含有ビタミンCが含まれている量がすくないですが、飲んだときのすっきり感があるのがさいこうですね。

★スッキリ、さわやか目的に飲むのがいいジュース。ストレス発散目的なら100%オレンジジュースを飲むべし。

★今日は100%の濃いジュースを飲む気分じゃないやーというときに飲もう。

★アマゾンでも絶賛発売中なので、コンビニより安く購入したい人はアマゾンでの購入をおすすめします。


第11位 バヤリース

アサヒ飲料 バヤリースオレンジ 1500ml×8本

アサヒ飲料 バヤリースオレンジ 1500ml×8本

バヤリースは100%オレンジジュースよりも飲んだ後に喉が渇かないので、かなり飲みやすいかなという印象をもっている。これぞ飲みやすさナンバー1ジュース。

★アマゾンでは1.5リットルを158円で購入できるなど、値段もお手頃。

★喉が渇いたなあというときに飲むとかなり美味しく感じる。

★ビタミンCビタミンがかなり含まれているというわけではないのでストレス発散にはいまいち。

第12位 ウェルチ ピンクグレープフルーツジュース。

ピンクグレープフルーツの酸味と苦味の両方を体感することができるので、余ったるいジュースに嫌気がでてきたときにおすすめ。ただ、グレープフルーツ特有の苦味が苦手な人にはあまりおすすめできない部分がすくなからずある。

★ウェルチブランドなので、一本285円。それなりに値段が張るので購入するかどうか迷う部分があるよねー。

★アマゾンで★5の最高評価を受けている商品。

★濃縮還元ジュースの良さがふんだんと出ているジュース。

★ポンジュースもオレンジジュースだけとおもいきやグレープフルーツも発売しているんです。

第13位  ポンジュースのグレープジュース

POMグレープジュース 1L×6本

POMグレープジュース 1L×6本

グレープジュースはオレンジジュースに比べて、ビタミンCが大量に含まれているわけではないので、飲んだ後に少しストレスが残る感覚がある。完全にストレスをぶっ飛ばしたいならば、オレンジジュース一択なのかなと感じる。

★一本295円というか値段設定なので、お金に余裕がある人向け。

★100円グレープジュースよりも味がかなり濃厚で、質の高いぶどうを使っているはず。

★オレンジジュースやパイナップルジュースに飽きてきたなあというときにこそ飲んでおきたい。
スポンサーリンク


最後に、

ビタミンCを摂取してストレスをなくそう。

ロスカットとは?

FXで幸せになる、超カンタン、これだけ!  FX初心者の主婦でもできた成功者の実例付

ロスカットとは、国内業者で、資金の50%を割り込むとポジションが決済されてしまう制度です。ロスカットのお陰で資金をすべて溶かさずに済んだ人もいるし、ロスカットのせいで爆益のチャンスを逃した人もいるという賛否両論に別れる制度です。

FXにロスカット機能が搭載されたのも、相場参加者が、トレードですべての資金を溶かして再起不能にならないでほしいというFX業者の温情。ただ、ロスカットをされる時点で、損切りしてももう遅いので、いっそのこと0カットになってもいいからポジションを持ち続けたいというのがトレーダーの本音だったりします。個人的には損切りは自分の最良で行うものだと思っているので、ロスカット機能はいらないとおもっていますね。ってことで、今回はロスカットについて書いていきます。

国内業者のロスカットと追証。

国内業者では相場が一度に20円以上動いて、強制ロスカットになってしまい、資産がマイナスになったら、マイナス分のお金を運営に支払う必要があります。この追証というシステムが嫌だなーという人はスプレッドが広く0カットシステムが搭載されている海外口座でのトレードをおすすめします。

この追証システムで自分が思うのは、国内業者は追証があるので、どうしても大切なお金でトレードをしないことが大事。捨てても良いお金ならば、失ったところでダメージ0ですからね。

ロスカットレベル

国内FX業者では、業者によってはロスカットレベル(証拠金の何割でロスカットするのか)を設定できるところがあります。ここでいう証拠金とは自分が通貨のポジションを取るのに必要な金額のことを指しています。含み損がふくらんで、証拠金の何割かの資金になってしまったときに、強制ロスカットが発動します。

この強制ロスカットに何が何でも会いたくないという人は、レバレッジを下げて、40円から50円動いてもロスカットされない枚数でトレードすることが大事になってくるでしょう。ただ、あまりにも安全策でトレードしていると何のためにトレードをしているのかわからなくなってしまうので、損覚悟でトレードに挑むのが現実的といえるでしょうね。

損覚悟でトレードするのは怖いというトレーダーさんもいると思いますが、損が増える前に損切りすれば損する金額も小さくなくなるので、ある程度ハイレバレッジのトレードもそこまで危険ではありません。だけど、損切りがしっかりとできるようになるまでは、それ相応の時間がかかるので、損切りがうまくなるまでは、レバレッジを下げてトレードするのがおすすめですね。

ロスカットがのメリット。

1.トレード資金をすべて失わなくても済む。

トレード資金がある限りは、相場でお金を取り戻すチャンスがあるので、ロスカットされることは最悪なことではない。

2.強制ロスカットされたときの絶望感がやばい。

強制ロスカットされて、初めてお金を失ったというところを理解します。お金を失うことで、強制ロスカットされる前に、自分で損切りしようと思うことができる。その結果、損切りしようと思うようになり、普段から損切りをするようになります。

3.ロスカットの国内口座は追証があるので、一度のトレード枚数を抑えてトレードするようになる。

国内業者には残念ながら、資金が0を下回ったら、マイナス分を業者に支払わなければいけないという残念なシステムがあります。この残念な追証に合うことが怖いと思うようになり、普段から一回のトレード枚数を抑えるようになります。その結果、万が一追証になっても微々たる金額しか支払わなくてもよくなります。

ロスカットのデメリット。

1.追証があるので、いついかなる時も資金がマイナスになるんじゃないのかという不安に襲われる。

最近の通貨はどれも値動きがすさまじいので、ロスカットが発動せず、追証に合ってしまうことも。そうならないためにも普段のトレード枚数をきちんと調整しておきましょう。

2.まさかの神ポジがロスカットされてしまうことも。

このロスカットされたポジションをいまもなお持っていれば、かなりの額のお金を儲けられていたのにということもよくある。このようなことがあるから、ロスカットシステムをデメリットだと感じることも。

3.国内業者のロスカットと低レバレッジのせいで、少ない資金で億を稼ぐことが不可能。

国内業者はレバレッジも低いし、ロスカットもあるわで、資金が少ない人が大金を稼ぐにはいまいち。国内業者には、この事実にしっかりを目を向けてもらって、0カットとハイレバレッジシステムを搭載してもらいたいですね。


最後に

ロスカットシステムについて描かせて頂きました。

ロスカットシステムを搭載している国内FX業者ランキング。

第一位 通貨ペア充実の"DMM FX"!

誰もが驚愕するプレミアムチャートと低スプレッドと低レバレッジを誇る。

第二位 外為ジャパン

チャートはいまいちだが、スプレッド最狭、低スプレッドを誇る神業者。

第3位 GMOクリック証券

あの億トレーダーもスプレッドが狭いことが理由で使用していたと話題の業者。

レバレッジって何?

【第2類医薬品】サンテFXネオ 12mL

レバレッジを利用すれば、FXトレード時に少ない資金で多額のお金を動かす事ができ、大きな利益を得ることができます。ただ、このレバレッジを高くしすぎると儲けるときも損するときの金額が跳ね上がってしまうので注意が必要です。

レバレッジをうまいこと利用できるかどうかが相場で生き残っていく鍵となってくるので、レバレッジはFXトレードと切っても切り離せないものとなっています。

レバレッジの国内規制

今現在FXの国内業者では、ハイレバレッジトレードで大きな損を出してしまう人が多発しているため、レバレッジは25倍までと決められています。そのため、資金が少ない人が国内業者でいくらトレードしてもなかなかお金を増やすことができないという厳しい現実があります。

資金が少ないけど、お金を増やしたいという人は、レバレッジ400倍が当たり前の海外口座でトレードするのがおすすめです。なんでおすすめなのかについては、海外口座を使えば、資金が一万円でもトレードさえうまく行けば、資金を6億に増やすことができるから。

レバレッジを下げてトレードすることのメリット

1.低レバレッジは損する金額が少ない。

低レバレッジのメリットは何と言ってもどれだけ予想を外しても損する金額が少ないので、資金がなかなか溶けない。ただ、損しないということは予想が的中したときも大して儲からないというデメリットもある。これに関しては、資金を減らさずにコツコツ増やしていきたい人は低レバでのトレードを継続すればいいし、資金を失ってでも億を短期間で儲けたいならば、ハイレバレッジでトレードすれば、いいのではないかなと。

2.お試しポジションを取りやすい。

ポジションを取りたいけど、儲かる確信がないときはレバレッジを極端に下げてお試しポジションを取ってみましょう。お試しポジションの予想が外れても、大した金額を損する可能性が少ないし、予想が当たれば、少しお金を儲けることができます。ただ、お試しポジションを取る習慣がつくと、適当にポジる癖が付きかねないので良くない部分もあります。

3.低レバレッジ口座はロスカットがある。

低レバレッジ口座は資金の50%を切るとポジションを強制ロスカットしてくれる制度があるので,一度のトレードで資金すべてを溶かしてしまうことがありません。ただ、ロスカットされなければ、プラ転して生き残っていたのにいいいという悔しい場面に遭遇することもあるので、ロスカットが最高だというわけではありません。

ロスカット制度の悪いところは、大幅の変動で、自分の資金がマイナスになってしまった場合、マイナス分のお金をFX業者に支払わなければいけないということ。このデメリットだけは、本当に恐ろしいので、気をつけていかなければ行けません。

4.経済指標発表時にスプレッドが開いてトレードができない。

海外ハイレバレッジ口座だとスプレッドが多少でかいかわりに、経済指標時にスプレッドが開かないというメリットがあります。それにくらべて、国内FX低レバレッジ口座は経済指標時にスプレッドが5PIPS開いてしまうことがよくあります。この事実を直視すると、経済指標でスキャルピングをする人は、海外ハイレバレッジ口座を利用したほうがいいと思いますね。

まあ、国内業者のスプレッドが経済指標時に100%の確率で開くわけでもないので、そこまで経済指標時のスプレッドを気にする必要もないと思います。結局のところ、スプレッドが開いたらポジションを取らなければいいだけなので。それでも、スプレッドが開いていることに気づかず、チャンスだと思い、ポジションを取ってしまうこともあります。

5.国内低レバレッジ業者はハピタスを利用すれば、20000円くれる。

国内業者の場合、ハピタスで、FXの口座を開くだけで20000円くれるキャンペーンをよくやっているので、FXの口座を作る予定がある人はハピタス経由で口座を作るのもあり。ただ、FXで20000円を稼ぐなんて超カンタンなので、ハピタスで口座開設をするのが面倒くさかったりします。

6.レバレッジ25倍でも結構儲けることができる。

レバレッジ25倍だと5万円あればドル円を1枚ポジることができるので、100PIPS抜くことができれば、一万円を儲けることができます。その逆も然りで、マイナス100PIPSになってしまうと1万円というお金を失ってしまいます。

7.FXトレードを低リスクで楽しむことができる。

低レバレッジならば、40円逆行しても生き残れるポジションしかもたないので、どれだけ予想をはずしても、相場から退場する事がありません。相場から退場しない限りはいつでも、損益分を取り返せるチャンスがあるので、退場しないことはとても大事なことですね。

8.低レバレッジは、少し逆行するだけで退場することがないので、いつも安定したメンタルでポジションをもてる。

ハイレバレッジだと予想を外したらすべてが終わるというメンタルになってしまい、トレードで冷静な判断ができなくなってしまいます。それに比べて、低レバレッジは、予想を外しても、大したことがないというメンタルになるので、いかなるときも安定したメンタルでトレードすることができます。

9.低レバでトレードの練習ができる。

トレード初心者は最初は低レバでトレードの練習をしていきましょう。低レバだと、いくら予想を外しても、HPが0になることがないので、いくらミスを犯してもOKです。こういうとデモでやればいいじゃんという人がいますが、デモだと一円も損しない分、トレードに本気になれないので、トレードするだけ無駄です。やはり、トレードというものは損するか損しないかの中でトレードしないとだめだよね。

10.低レバレッジ口座は出金トラブルは殆ど無い。

海外のハイレバレッジ口座は出金トラブルがよく起きるので、FX初心者には敷居がかなり高い。それに比べて国内の低レバレッジ業者は出金トラブルがほとんどない。出金トラブルがないだけで、安心してトレードできるので、トレード成績がよくなること街がないナシだね。

11.レバが低い国内業者は銀行口座振込なので安心。

国内業者は銀行口座振込でしか入金できないため、借金してFXをしなくても済むというメリットがあるし、クレジットカードを所有していない人でもFX取引をできてしまう。それに比べて、クレジットカード入金だと、自分の目の前にお金がないため、見境なし、FX口座にお金を入金してしまうというリスクが伴う。

12.国内FX業者は口座開設キャンペーンも頻繁に開催している。

レバレッジを抑えてトレードしながら、口座開設キャンペーンの特典も受けられるなんてお得すぎる。ただ、その特典をゲットするには500LOT以上のトレードをこなさないといけないという条件があるので、結構達成するのが難しいのだ。

13.国内業者はスプレッドがとてつもなく狭い。

国内業者だとスプレッドがドル円で0.3ととてつもなく狭いので、適当にポジションを取っても利益を上げる事が可能。スプレッドが狭いということは、業者に支払う手数料が少なくて済むので、お金を稼ぎやすいというメリットも存在する。この事実を知っているいる人はスプレッドが狭い業者しか利用しない。

14. 低レバ国内業者はCFD取引ができない。

CFDはFXよりもかなり危険な商品を扱っているので、絶対に手を出してはいけない。この事はトレードを一度もやったことがないよーという人も頭の片隅においておこう。ただ、人によってはCFDのほうがFXトレードより得意な人もいるので、一概にCFDが危険だとは決めつけることはできない。

15. 低レバレッジでスイングトレードが最強。

豊富な資金を用意して、低レバレッジで20円以上の値幅を狙うスイングトレードをしよう。低レバレッジなので、10円程度予想を外したところで、痛くも痒くもないし、20円以上の値幅を取れれば、多額の金をゲットすることが可能に。

16.低レバレッジ、狭いスプレッドでのスキャルピングが最強

レバレッジを抑えることで冷静な判断ができるようになり、トレードの勝率がアップ。しかも、スプレッドが少ないので、利益の金額もアップ。

レバレッジを下げてトレードするデメリットある。

1.損切りスピードが遅くなってしまう。

レバレッジの低い口座でのトレードだと、予想を外してポジションをとっても、資金に余裕があるため、損切りが遅くなってしまう。その結果、素早く損切りをするスキルがなかなか身につかない。

2.資金が増えるまでのスピードが遅い。

レバレッジを下げると、利益が増えるスピードも遅くなってしまい、なかなか資金が増えない。そのため、億万長者になるまでの時間がながくなる。誰よりも早くお金を稼ぎたい人はリスク覚悟でハイレバレッジ業者を利用するしかない。

3.追証システムがある。

低レバの国内業者には追証システムがあるので、相場で一度に10円以上動く変動がおきて、自分の資金が大幅なマイナスになったら、自分の資金のマイナス分を運営に支払わなければならない。これに関しては、FXで資金を失うだけでなく、借金を背負うことにもなりかねない。追証システムが怖いという人は0カットが配備されている海外口座でのトレードを推奨する。

4.低レバ国内業者はクレジットカード入金ができない。

銀行口座振込だと振込時に振込手数料300円を取られてしまいます。それに対して、クレジットカード入金は入金しても手数料が一円もかかりません。この事実があるので、手数料を一円も取られたくない人はクレジットカード入金が可能な海外FX業者でトレードをしましょう。

5.利確するまでの時間が長くなる。

低レバレッジだと大きく取らないと利益を出すことができない。それに対してハイレバレッジであれば、10PIPSを抜くだけで爆発的な利益を生み出すことが可能になってくる。これに関して自分が思うのは、短期間でお金を儲けたいならば、海外ハイレバ口座で、コツコツ長期間でもけたいなら国内低レバ口座。

6.低レバレッジ口座だから安心だろうと思いこんでしまい、自分が持てるだけのポジションを所有してしまう。

低レバ口座だから少し動いたくらいではびくともしないという気持ちを持ってしまうと、ついつい大きなポジションを所有してしまいます。ポジションを大量に所有後に、予想を外すと大きな金額を損することになるので、低レバレッジだから多額の損をしないと思い込むことはやめましょう。

7. 低レバレッジではトレードに本気になれない

一度でも損したら終了という精神でのハイレバトレードだからこそ、本気で考えてポジションをとるようになり、勝率が高まる。逆に低レバレッジトレードだと負けても大丈夫という気持ちが出てしまい、本気で考えてポジションをとらなくなり、勝率がひくまる。要するに、本気でトレードに打ち込みたいなら一度はハイレバでトレードをしてみよう。

8.ポジポジ病を発症してしまう。

レバレッジが低いと一度の利益が少ないため、一日に何度もポジらないとそれなりの金額を稼ぐことができません。その結果、もっとポジってお金を儲けないといけないと思ってしまい、ポジポジ病を発症することに。

低レバレッジの国内FX業者ランキング。

第一位 通貨ペア充実の"DMM FX"!

DMMFXはFX国内業者の中で一番スプレッドが狭くて、一番滑らなくて、一番取引されています。

1.今なら20000円を超えるキャッシュバックを開催してます。

2.プレミアムチャートの質が高すぎて他の業者のチャートを圧倒している。

3.出金に手数料が一円もかからないので、気軽に出金できる。

第二位 外為ジャパン

外為ジャパンはDMMFXが1000通貨でトレードできるなったバージョン。

1.スプレッドはDMMFXと同じで狭い。

2.取引画面がシンプルでトレードし易い。

3.1000通貨トレードに対応しているので、FX初心者におすすめ。

第3位GMOクリック証券

GMOクリック証券はスプレッド最狭で、キャッシュバック金額も高額。

1.GMOという信頼できる業者が運営しているので、出金トラブルもほとんどない。

2.トレードアイランドで、他のトレーダーとトレード成績で競うことができる。

3.スプレッド狭い業者なので、スキャルピングをするときに利用すべし。

最後に、

レバレッジは低いに限る。

ハイレバレッジの取引ってどうなの?

超ど素人が極めるFX

資金が10万円くらいしかないと、国内の25倍でトレードをしても全然資金が増えなくて何のためにFXをやっているのかがわからなくなってしまう。そんな悩みを解決するためにも、さっさとレバレッジ400倍が売りの海外FX口座アイフォレックスでトレードをして資金を短期間でふやすのがおすすめ。ここできをつけてなければいけないのは、ハイレバレッジトレードに使うお金は余っている金を利用すること。

ってことで、本題のハイレバレッジの取引ってどうなのさということについて書いていきたい。

ハイレバレッジって何?

ハイレバレッジとは自分のトレード資金の400倍以上もお金をトレードで扱う事ができるシステム。それ故に早く億を稼ぎたいというトレーダーは皆ハイレバレッジトレードができる海外口座で資金を溶かしまくっている恐ろしい現実がある。

これだけは心に止めておいてほしいこと

ハイレバレッジでナンピンはポジポジ病を発症すると一日で相場から退場する事態を招きます。

ハイレバレッジでトレードするメリット。

ハイレバレッジは危険でデメリットしかないという人も多いですが、メリットも結構あるので、紹介していきます。

1.レバレッジ400倍の口座を使えば、一万円あれば、すべての通貨でポジションを取る事が可能。

ハイレバレッジ口座を利用するメリットは圧倒的な少ない資金で、すべての通貨でポジションを取れるということ。このメリットを活かせば、少ない資金しか持っていない人でも、自分と相性のいい通貨でトレードをして、短期間で自分の資金を何倍にも増やすことができます。

人生には時間が限られているので、国内業者で少額の資金を種にちまちまお金を稼ぐくらいなら、海外口座で少額の資金を種に大金を稼いだほうが時間のコストパフォーマンスは最高です。しかも、利用している資金も少額なので、トレードでまけても大した痛手にもなりません。



2.ハイレバトレードできる海外口座はゼロカットシステムを採用しているおり、追証がない。

追証がないということは突然の大きな変動で資金がマイナスになってもマイナス分のお金を運営に支払う必要がない。このメリットのおかげで、いかなるときも追証に怯えることなく、安心してポジションを取ることが可能になってきます。

追証なんて背負うことはないよーと思っている人もいるでしょうが、FXの大きな変動で追証にあってしまい、多額の借金を背負ってしまった人もいるので、追証にだけは絶対にあいたくないという人は追証ありの国内業者ではなく、ゼロカットシステムありの海外口座でトレードをすることをおすすめします。

3.400倍の海外業者を使用すれば、一万円でドル円を4枚もポジれるので、一万円で雇用統計で大儲けできる。

400倍のアイフォレックス口座を用意して、雇用統計直前に一万円を入金してドル円を4枚ポジります。このトレード手法だと、雇用統計の予想を当てて100PIPSのの利益確定に成功すれば4万円も儲かりますし、予想を外しても1万円しか損しません。お金をに余裕がある人なら一度試してみるのもありかもしれません。

ただ、この手法は50%の確率でまけてしまうので、普段勝率80%を超えるトレーダーからは敬遠されていますね。僕自身も普段の勝率が結構高いトレーダーなので、このギャンブル手法でトレードをすることはほとんどありませんし、雇用統計に参加することもほとんどありません。


4.資金が0になるまで、ポジションを所有することができるので、ロスカットに怯えなくてもいい。

ハイレバレッジの海外口座は0カットシステムを採用しており、資金が0になるまでポジションを所有でき、資金50%以下になってもポジションをロスカットされることもありません。そのおかげで、ロスカットさえなければ、利益がでていたのにという後悔をしなくても済みます。

相場というはどのポジションでもいつかは助かる仕組みになっているので、ロスカットされずにポジションを持っていれば、いつかはプラ転します。この現実を直視して、ポジションを取るときは40円以上動いてもロスカットされない枚数でポジションを取るのが重要になってきますね。


5.短期間で金持ちになれる。

ハイレバレッジの海外口座を利用すれば、トレードを数回うまくいくだけで、トントン拍子で、億トレーダーになることが可能です。億トレーダーになった後に、さらなる金持ちを目指してしまうと一度のトレードミスで、数億円という金額が0になってしまうので、注意が必要です。

億トレーダーになれる人は数千枚というポジションを取ってもビビることなくトレードをすることができるすごい人達ばかりなので、普通の人が海外口座で億トレーダーになろうとしてもなれません。この事実をしっかりと受け止めてから、ハイレバレッジでトレードをすれば、無理な枚数でトレードをしなくなり、資金を0にしてしまうこともなくなるでしょう。

6.クレジットカード入金で入金が簡単。

ハイレバレッジの海外口座のほとんどが口座への入金がクレジットカードとなっており、入金がとっても簡単。そのおかげで、面倒くさい銀行振込もしなくていいし、自宅にいながら簡単入金できてしまいます。ただ、入金が簡単な割に出金作業が面倒くさいというデメリットが存在しますが。

クレジットカードで簡単に入金できるが故に相場で負けたら、新たなるクレジットカードを作って入金するということを繰り返して、借金まみれになってしまう人もいます。そんな事態になりたくないという人はおとなしく国内業者でトレードを継続するほうがいいと思います。


7.出金作業が面倒。

ハイレバレッジ口座の出金は運転免許書の提示が必要で、10万円以上のお金でないと手数料が2000円かかる。これに関しては、いちいち運転免許書の写真をアップロードするのがめちゃくちゃ面倒くさいし、10万円以下で出金するために2000円取られるのは正直きつい。

国内業者であれば、出金金額を打ち込むだけで、2日で現金を取り出すことができる。そのため、スムーズに出金をしたいという人は国内口座でトレードをするのがいいだろう。

8.FXとCFD取引もできる。

FXのハイレバ海外口座を開設すれば、通貨だけではなく、CFDと呼ばれる金、銀、トウモロコシ、小麦、石油や指数と呼ばれるものもトレードできます。CFDは商品もトレードできてラッキーだから手を出してみようと思いがちですが、CFDトレードは通貨トレードより難易度がべらぼうに高いので、トレード初心者が手を出していいものではない。この現実を忘れないようにしましょう。

CFDの金、銀、トウモロコシ、小麦、石油なんかはなんで値段が動いているのかがほとんどわからないし、指数についてもなんで数値が動いているかがほとんどわかりません。わからないものに手をだして利益をあげられるほど相場は甘い世界ではないので、手をださないほうが懸命でしょう。


9.スプレッドが1から5PIPSとなっており、そこまでスプが広くない。

ハイレバレッジ取引な可能な海外口座はスプレッドが1から5PIPS固定で、雇用統計時にもスプレッドが大きく開くことがないので、スキャルピングにもデイトレードにもむいています。ただ、国内業者の0.3PIPSのスプレッドが当たり前になっている今では、海外口座のスプレッドを広いと感じてしまう人もいるでしょう。

正直な話、5PIPSもスプレッドを支払ってしまうとスキャルピングで利益を上げるのは難易度が高いので、スプレッドが広い通貨でポジションをとるときは、デイトレードを主流にしていくといいでしょう。ここで一つ注意しておきたいのは、デイトレードはついつい損切りがおそくなりがちなので、損切りラインを定めておこう。

10.口座開設が超簡単。

ハイレバレッジの海外口座は身分証明書もなしで、口座を開設できるので、口座開設が超簡単。ただね、口座開設は簡単なんだけど、出金作業が超面倒くさいというデメリットがあることを忘れちゃあだめだ。

11.1000通貨でもトレードが可能。

国内FXと業者では1000通貨でのトレードができないところが多く、お試しポジをとることができない。それに比べて海外FX業者は1000通貨からトレードをすることができるので、お試しポジションをとることができる。お試しポジションを取るメリットは、取るポジションの枚数が少ないので、予想を大きく外しても損する金額が微々たるものだということ。

お試しポジションを取るもう一つのメリットは、1ロットを0.1ロットに分散してナンピンでポジションを取ることで、すべてのポジションが損を被ることがなくなるというところ。すべてのポジションが凄まじい金額で含み損を抱えるのを避けたいときには、一度にとるポジションの数を小さくするのがおすすめ。

12.ハイレバレッジトレードすることで、損する事ができないという極限の状態でトレードすることができる。

人は損することができないと思えば思うほど、どうしたら損しないだろうかと本気で考えるようになり、勝てる確率が高い場所でしかポジションを取らなくなります。当然、ハイレバだと、損切りしないで持っていると速攻で0カットになってしまうので、損切りスピードも上がり、損切りするのも上手になります。一見ハイレバは危険だと思われがちですが、このようなメリットも存在するのです。

13.ビットコインでの入金に対応している。

今現金以上に使われている架空通貨のビットコインも海外FX口座の入金に対応しているので、ビットコインをメインに使っている人からしたら、かなりありがたい対応といえる。特に最高なのはクレジットカードなしでもビットコインを利用すれば、海外FX口座にお金を入金できるので、クレジットカードを所有していない人でも海外FXをに挑戦することが可能になっている。

14.レバレッジ400倍のアイフォレックスではトレードするだけで、お金がもらえる仕組みがある。

アイフォレックスはペンディングボーナスというトレード量に応じてお金がもらえる仕組みがあるので、トレードで勝てなくても自分の種金を増やすことができるぞ。

おすすめの海外FX業者を紹介していきます。

第一位 最大レバレッジ888倍【XEMarkets】

XMはレバレッジ888倍でトレードをすることができる海外FX業者。XMはたった一万円でドル円を8枚もポジることができるので、少額資金で一発逆転を狙える業者。しかも、スプレッドも狭いし、滑らないので、文句のつけようが全くない最高のトレード業者。

1.入金のスピードが早いので、すぐにトレードをしたい人におすすめ。

2.出金のスピードが高速なので、すぐに現金を手にしたい人にうってつけ。

3.888倍のハイレバレッジでポジションを取る事ができるので、一攫千金が狙える口座。

4.口座を作るだけで5000円をもらうことができる。口座開設だけで5000円もらえるので、とりあえず口座を作るのもあり。

5.サポートセンターサービスがしっかりしているので、トレードでトラブルが起きたら、サーポートセンターに相談しよう。

6.スキャルピングをするならこの業者。

第2位 [ Big Boss ] 極狭スプレッドを提供!


BIGBOSSはレバレッジ555倍が売りの海外FX業者。レバレッジが高くて、スプレッドが1PIPS台を実現していて約定力に定評があるので、スキャルピングを主に行っていきたい人におすすめ。しかも世界最強のトレードツールMT4も利用できてしまうぞ。

1.レバレッジ555倍なので、国内の25倍のレバレッジに満足できない人向け。

2.最高18000円のキャッシュバック付き。口座作って少しトレードするだけで18000円ももらえるなんて太っ腹すぎるでしょ。

3.FX専業トレーダーならば、皆使っているMT4を利用することができる。

4.口座を作るのに10分もかからないので、今すぐトレードをしたい人におすすめ。

5.ありとあらゆる通貨と資源と指数をトレードすることが可能。

最後に

ハイレバレッジで一攫千金を狙おう。

ポジポジ病とは?

超入門24時間まかせて稼ぐFX戦略投資 (SPA!BOOKS)

FXを始めると誰しもがかかってしまう病気があります。その病気とはポジポジ病。なんで、FX初心者がポジポジ病になってしまうかというと、FX初心者は相場の怖さを知らずに、ポジればポジるほどお金持ちになれると思っているから。そのため、ポジポジ病を治すには再起不能になるレベルの大損を一度体験する必要があります。

500万レベルの損を食らったら本当に再起不能になってしまうので、貧乏なうち(10万円を大金と感じるうち)に相場に参入して10万円ほどを相場でとかして、相場は怖いということを脳に刻めば、たった10万円でポジポジ病を治すことができてしまいます。FXで損しないでポジポジ病を治すことはできないのかよーという意見がありますが、どんな天才トレーダーも最初のうちはお金を損してトレードについて学んでいます。今回はポジポジ病について詳しくかいていきますね。

ポジポジ病になってしまう理由。

ポジポジ病になってしまう人のほとんどは相場の怖さをいちども味わったことがない。ってことでポジポジになる理由について書いていきますね。

1.FX初心者なのに、お金を儲けたいという欲望が誰よりも強い。

2.毎日OO円を儲けるというノルマを勝手に決めている。

3.アイフォレックスで資金を溶かしてしまい、お金を取り返そうと躍起になる。

4.とにかく毎日トレードをしないと気が落ち着かない。

5.低いレバレッジでは一度の利益が少ないため、それなりの利益を上げるために何度もトレードをしてしまう。

6.ハイレバレッジで連戦連勝中のため、また勝てるだろうと思い、何度もポジションをとってしまう。

7.とにかく、ナンピンが大好き

お金を儲けたいという欲望が誰よりも強い。

お金を儲けたい欲望が強いとポジってお金を儲けたいと思ってしまい、ポジポジ病を発症してしまいます。このお金を儲けたいという心を忘れるには、FXは趣味でやっているし、お金のためにやっていないという気持ちを持たないといけない。そもそも、お金のために始めたFXを趣味でやっているという思考に変えるのはとてつもなく難易度が高い。

お金を儲けたいという欲望に関する自分の見解

1.お金を儲けたい欲というのは生まれつき的なものがあるので、自分でどうこうすることはできない。欲をどうこうできたらみんなが冷静にトレードができて、みんな億トレーダーだよ。

2.お金を儲けたい欲が強い人はFXにむいていないので、FXでトレードをしないという選択もあり。誰しもが、FXトレードに向いているわけではない。

3.メンタルのトレーニングで自分の欲望をコントロールしていくしかない。普段からお金を使わない生活をすれば、欲望というものがどんどん薄まっていく気がしますね。

まとめ
お金を儲けたいという気持ちを操作できるようになれば、相場で勝てるかもしれない。

毎日OO円稼ぐというノルマを持つ。

FX初心者だと今日もOO円を稼ぐぞーというノリでトレードをしてしまいます。一日にお金を儲けるノルマを決めてしまうと、お金を儲けなければいけないという義務感で、適当にポジションを取ってしまいます。その結果、ゴミみたいなポジションを損切りもできないという事態を招き、強制ロスカットになる羽目に。そんな羽目にならないために、理解しておくべきことについてふれていきます。

1.相場は利益をだせるときに大きく利益を伸ばすであり、毎日コンスタントに利益をだして行くものではないことを理解しておこう。それを理解するだけで、利益が確実に出せるときのみにエントリーするようになるね。

2.サラリーマン思考(毎日お金がもらえるのが普通)で相場でトレードすると毎日儲けなければ行けないという価値観に支配される。その考えを相場でやると近いうちに相場から退場するから、相場は自分でお金を掴みに行く場所であり、毎日お金がもらえることが当たり前ではないということを頭に叩き込んでおこう。

3.極論、FXなんて100%損するもんなんだよーと思っておこう。そう思えば、毎日OO円稼ぐことが無理だと気づき、毎日ポジションを取ることがなくなります。

まとめ、
OO円を稼ぐという思考の持ち主で、相場で生き残っている人はほとんどいないよねー。

トレードに負けたら、お金を取り返したいという思い。

トレードに負けると、くやしくて速攻でお金を取り返したいという気持ちに支配されます。そんな気持ちに支配されると根拠が無いところでポジションを取ってしまい、さらなる損につながってしまうことも少なくありません。このようなお金を取り戻したいというときに何をすればいいのかについても詳しく触れていきますね。

1.相場は逃げないし、資金さえあればいつでも参加できるので、お金を取り返したいと思ったら、FXから一時的に撤退しましょう。そう思っても、なかなか出金できないのが、FXの恐ろしいところなのです。

2.くやしい、お金を取り戻したいという気持ちを捨てよう。仕事だと悔しいと思えば思うほどやる気が出てプラスになるのですが、FXは悔しいと思えば思うほど、トレード回数が増えて損を積み重ねるというマイナスの結果につながります。この現実があるので、FXの取引にはくやしいという感情は不必要なのです。

3.トレードに負けるとトレード手法が悪かったんだーと思い始めます。トレード手法よりも勝てるところで勝って損切りできるところではしっかりと損切りできるようになることが先決。それができないのに、トレード手法があああと叫んでいても相場で生き残ることなど不可能。

まとめ
お金を取り返したいという気持ちを持ってトレードをしているうちは、相場に金を捨てるようなもん。

とにかく毎日トレードをしないと気が落ち着かない。

とにかく毎日トレードをしないと精神的に落ち着かないよーというメンタルになってしまうと、勝てる確率が低いところでもポジションを取ってしまいます。当然、勝率が低いところでのエントリーで、利益を伸ばすことができずに、損益を積み重ねてしまい、自分の資金をすり減らしてしまいます。そうならないためには、どうすればいいのかについてふれていきます。

1.FX以外に儲かる副業を見つける。

今の時代、FX以外にもアフィリエイトやyoutuberやライターなど、相場に頼らずにお金を得る副業がたくさんあるので、副業で確実に儲けたいならば、無理に毎日FXでトレードすることはない。副業である程度儲けていれば、FXで絶対に儲けなければいけないという義務感もなくなり、安定した最高のメンタルでトレードに集中できます。

2.トレードで毎日負けまくろう。

トレードで毎日連戦連敗を重なれば、トレードをすればするほどお金持ちになれるという幻想が崩れ去ります。この幻想が崩れることにより、毎日ポジション取ることが無駄だだと悟り、勝てるときにしかポジションを取らなくなる。結局はFXは簡単に儲かるっていう幻想をすてないとポジポジ病は治らないってことだよねー。

3.お金目的にトレードをすることをやめてトレード自体を楽しもう。

金目的でトレードすると、欲が邪魔をして冷静なトレードが一切できなくなりますし、お金を損したくないという気持ちが強くなりすぎて損切りもできなくなり、トレードで利益をうみだすことが困難になります。いっそのこと、儲けようとかそういう気持ちを全部捨ててトレードをすること自体を楽しんでいけば、お金がほしいという理由で適当にポジションもとらなくなり、ポジポジ病も治るはず。

4.一日に何度もポジションを取るスキャルピングからデイトレードに移行しよう。

デイトレード手法を利用すれば、一日一回しかポジションを取らなくなるので、自動的にポジポジ病が治ります。

ポジポジ病を治すには相場でありとあらゆる体験をすることが大事。

ポジポジ病って治そうと思って治せるもんじゃなくて、相場で100マン儲けたり、相場で40マン損したり、アリとあらゆる経済指標を経験しているうちに、ポジりまくるだけでは勝てないということを悟り、ポジポジ病が治っていくんだよね。
スポンサーリンク


最後に

ポジポジ病を治すにはありとあらゆる修羅場をくぐるしかないんですよね。

スキャルピングってどうなの?

FXスキャルピング

皆さん、FXで毎日トレードをして利益を出す事ができていますか?という問いに関して余裕で毎日爆益だぜーと答えられる人はほとんどいないでしょう。僕自身も毎日トレードしないし、勝てると確信した時しかポジションをとらないので、毎日爆益なんてこともありません。ただ、毎日ポジらなくなってからは黒字化できているので、毎日何回もポジるスキャルピング手法をやめて正解だったなあと思うことは多いです。

僕自身もスキャルピングで小さな利益を何度も積み上げていくトレード手法で相場を生き残っていく自信はほとんどありません。その理由は相場というのは経済指標やニュースで、いきなり相場の流れが変わるので、何の根拠もなくポジるスキャルピングは糞ポジをつかみやすいから。糞ポジを掴んだ後、損切りをすればいいんだけど、小さな利益を得るために、損するリスクを何度も取ることに気が引けてしまいますからね。今回はスキャルピングってどうなの?ということをテーマに記事を書いていきます。

スキャルピングとは何なの?

スキャルピングは短い期間にポジションを取って利益確定することを一日に何度も繰り返すトレード作業だったりします。この一日の間に何度もトレードを繰り返すというのが曲者で、損切りができない人がやると一度のエントリーで退場してしまうことも。だからこそ、スキャルピングはトレードに慣れた人だけがやるべきトレード手法と言えるでしょう。

初心者は少ない資金で、お金を相場に捨てるつもりで、スキャルピングを何度も繰り返していきましょう。損してもいいと思うことで、損切りすることに対しての抵抗感がなくなり、スムーズに損切りすることができるようになり、トレード自体がうまくなっていきますからね。ここで、心に命じておくことは初心者が勝てるほど相場は甘くない。

スキャルピングは一日に何度もポジションを取るので、トレードストレスがたまり、冷静な判断ができなくなることが多い。冷静な判断ができなければ、損切りもできなくなり、一度のトレードで相場から退場するリスクを抱えることになるので、初心者トレーダーがやってはいけないトレード手法だということも忘れてはいけない。初心者が相場で生き残るには、根拠があるところだけでポジってトレードをしていくということ。

ハイレバレッジスキャルは危険だから絶対に手を出すな。

ハイレバレッジとは少ない資金で大きな枚数をポジることができるシステム。ハイレバレッジでトレードすると儲けるときのスピードも損するときのスピードも早いので、トレードするときに平常のメンタルでトレードできません。当然、メンタルが安定していないときにポジションを取ると冷静な判断ができないので、トレードでわけの分からないところでエントリーして損をすることに。

ハイレバレッジスキャルのえげつないところは、ハイレバなので、一度のスキャルで致命傷における損益を叩きだしてしまうところ。そのため、命金でハイレバスキャルをやると人生が積むことにもつながる。

人生詰みたくないけど、ハイレバレッジスキャルがやりたいという人は、捨てても良いお金を用意してハイレバスキャルをやりましょう。捨てても良いお金ならば、ハイレバでも冷静な判断ができて、相場で大勝することも不可能ではない。

ここで一つだけ注意しておくことは、ハイレバレッジを用いて相場で大勝したら、これ以上儲けてやろうとは思わず、口座から全額出金しよう。これ以上儲けてやろうと思ってトレードするときが一番損する可能性が高いですから。

スキャルピングをする上で気をつけておきたいことについてまとめていく。

私もFX初心者のときにスキャルピングでかなり痛い目にあっています。その時学んだ教訓についてかいていきますね。

1.スキャルピングでの利益は運が良かった場合がほとんどだということを忘れてはいけない。

スキャルでのトレードはほとんどが根拠がないところでのエントリーが多くなるので、利益がでているときのほとんどが運。今はスキャルピングで運良く利益を出すことができているだけなので、いつか痛い目に合うときが来る。

2.ロウソク足とかポリンジャーバンドも経済指標で大きく動く相場では全く使い物になりません。

経済指標が発表されたときは、ロウソク足とかポリンジャーバンドを使わず、相場の流れに乗ることが大切。FXはテクニックよりもいかに相場の流れに逆らわないかということが超大事。

3.経済指標スキャルをするときは経済指標でどれだけのPIPSが動くのかを把握しておこう。

どの経済指標でどれだけのPIPSが動くのかという把握をしておけば、経済指標後に根拠を持ってポジションを持つことができて、トレードの勝率も高めることができる。ただ、相場というのは予想外の動きをするので、どれだけ研究しても勝率が100%になることはない。

4.ポリンジャーバンドを使うスキャルピングは大きく動く経済指標が発表されないレンジ相場の日に有効。

レンジ相場の日にポリンジャーバンドを使うスキャルピングをすると一日で150PIPSを抜いてしまう大勝をしてしまうことも少なくない。

5.損切りができないという人はスキャルピングもデイトレードもやってはいけない。

損切りができないのに、トレードをしてしまうと凄まじいほどの金額を相場で捨てることいなるので、FXなんてやらないほうがいい。まずは、少額トレードで、損切りをするスキルを身に着けていこう。

6.出金する技術も身につけよう。

スキャルとは直接関係ありませんが、FXで利益を出したら速攻で出金すれば、お金を儲けることは容易です。しかも、出金することでトレードで熱くなった自分の心を冷却することができるので、出金することはメリットしかありません。

7.スキャルピングでも利益がでているときは極限まで利益を伸ばしましょう。そして損切りは早く。

スキャルだから利確を早くしてしまうのはもったいないので、利益を伸ばしていきましょう。当然、損切りは早く行いましょう。

8.スキャルピングをするときはとにかくスプレッドが狭い業者を選んでいきましょう。

スキャルはとにかく少ないPIPSを積み上げていくトレード手法なので、スプレッドが狭い業者でトレードすることこそが利益を増大させることへの近道と言える。

9.スキャルピング手法をメインにするひとはプロバイダー選択が重要になってくる。

トレード中に通信できなくなってしまうと通信できない間に利益がでていたポジションが損まみれのポジションになっていることも少なくありません。このような事態にならないためにも、スキャルピングをする人は365日24時間通信ができるプロバイダーと契約しましょう。

10.損切りラインは決めておきましょう。

ある程度の損切りラインを決めておくことで、大きく損することを防ぐことができます。ここで覚えてほしいのは損切りラインを超える損をだすポジションを取ってしまったということは、自分の取ったポジションが糞ポジだということ。ただ、損切りするかどうかは自分の持っている枚数や今現在の相場状況にもよるので、機械的に損切りしないほうが良かったりします。

11.滑りが多いFX業者は使うな。

スキャルピングをするときはスプレッドが狭くて滑りが少ないFX業者を利用していきましょう。本当に滑りが多い業者を使うとさっきまで利益が出ていたのに、滑ったせいで、損益がでてしまったということが多発してしまうので、注意が必要です。

スキャルピングのメリット。

スキャルピングは危険だと何度言ってきましたが、スキャルピングにも当然メリットはあります。

1.短期間の間に損をする体験を何度もすることができる。

FXの取引とは儲かることばかりではなくて、損することが当たり前だなという事ができる。その御蔭で、ポジションを取るときにも慎重になれるし見込みがないポジションをすぐに損ぎりすることができるようになる。ただ、損切りやトレードスキルについては、センスが大半をしめるので、いくらトレード経験をつんでも身につかない人がいます。

2.FXは儲かるということを誰でもすぐに体験できる。

FX初心者が適当にポジションをとっても、運が良ければ、すぐに儲かってしまうのが、スキャルピングというトレード。そのため、FXってこんな簡単に儲かるものなんだなあということを知ることができる。当然、FXが儲かると知ることができれば、FXで儲け続けるためには何が必要なのかについて一生懸命勉強するようになるので、FXで儲けることは大事。

3.FXで損をすることを誰でも速攻で体験することができる。

FXを始めた初日に適当にポジションを取って、運が悪ければ、あり得ない額の損益を被ってしまうのがスキャルピングのトレード。そのため、FXってこんなに簡単に損をすることができるんだあということを身をもって体感することができる。当然、FXで損することが簡単だということを知ることができれば、ポジションを持つことは損する可能性があることだとを認識できるようになります。

4.短期トレードなので、損切りの幅が小さいので、大損をぶっこくことがない。

スキャルピングは短期の間に、利益を少しずつ確定させたり、損切りを小さい幅で確定させることを繰り返すトレードなので、一撃100PIPSのという恐ろしい負け幅を体感しなくてもすむ。ただ、初心者の場合は損切りができないので、損切りを数100PIPSのの幅で繰り返してしまうことが日常茶飯事だったりします。

5.経済指標スキャルピングをすることで、経済指標について勉強するようになる。

経済指標後の動きでスキャルピングをするようになると、普段から経済ニュースを読むようになるので、適当にポジションを取らなくなる。適当にポジションを取らなくなり、勝てるときだけにポジションを取るようになれば、FXでの勝率が跳ね上がり、FXでも受け続けるのもかなり容易になるのはいうまでもない。ただ、損切りができないといずれ、相場から追放されてしまうので、損切りは大事である。

スキャルピングのデメリット。

スキャルピングを自分が何度もして感じたスキャルピングのデメリットについても書いていきます。

1.スキャルで連勝しているときは、ポジションを取れば取るほど儲かるんじゃないのかと勘違いしてしまう。

スキャルピングで連戦連勝をしているときは、ポジションをとればとるだけ儲かるぜえという考えになっており、ポジションを取ることがいかに危険なのかという意識が抜け落ちてしまっています。そういう危険意識が抜け落ちているときにポジった糞ポジを損切りすることができずにも打ち続けてしまい、再起不能になるレベル損益を食らってしまうことも多々あります。そうならないためにも、儲かっているからFXを簡単とは思わずに、運がよかっただけと思っておきましょう。

2.ポジションが取りたくて取りたくてたまらなくなる。

FXトレードで最初に負けると負けが悔しくて損を取り戻したくなり、ついついポジションをとってしまいます。そして、ついつい取ったポジションでも大損をぶっこいてしまいます。そうならないためにはどうすればいいのか?については損してお金を取り戻したいという気持ちが出てきたら、とりあえずFXが口座に入金してあるお金を全額出金しましょう。そうすることで、損したお金を取り戻したいという気持ちがあってもトレードすることができないので、さらなる損を生む可能性を減らすことができます。

3.スキャルピングは一日に何度もトレードをするので、何回もスプレッドを支払わなければいけない。

スキャルピングは一日に何度もトレードをすることになるので、スプレッドという手数料を何度も払わないといけないというトレードリスクが存在する。

4.スキャルピングをしていると利食いは数PIPSでなければいけないという固定観念に支配されてしまうことも少なくない。

利食いは数PIPじゃないといけないという固定観念に縛られてしまうと利益を伸ばさなければ行けないときに早く利益を確定してしまいます。利益確定が早い人に限って損を認めることを嫌がるので、損切りがおそくなってしまい、利小損大のトレードを繰り返してしまう。このような利小損大のトレードを繰り返さないようにするには、一日一度のトレードで20から30PIPSは取るというトレードに切り替えていくしかない。

5.俺のトレード手法はスキャルピングだと自己暗示をかけることは危険。

スキャルピングで俺は稼ぐんだ、俺のトレード手法はスキャスキャと自己暗示をかけると、スキャ以外にも勝率が高くて安全なトレード方法があるのに、その安全あ方法には目をくれず、危険度の高い適当スキャルばかりしてしまう。当然、適当スキャルの行く末は、ポジればポジるほど、自分の取ったポジションが含み損だらけになるだけ。このような恐ろしい行く末を辿りたくなければ、スキャ以外のトレード方法をするべきでしょう。

6.スキャルピングはトレード回数が増える分、大きな為替変動のときにポジションを取ってしまうリスクがある。

トレード回数が増えるということは常にポジションを持っているということで、大きな変動時にもポジションを持ってしまうとリスクを抱えることになる。このようなリスクを抱えるリスクを回避するには、常に経済ニュースをチェックしながら、スキャルピングをしていく必要がある。それでも、突然の経済ニュースで被弾することがあるのがスキャの怖いところでもある。

スキャルピングで口座を凍結されないようにしよう。

にちゃんねるなどではスプレッドが狭いFX業者で、秒速スキャルをしてお金を荒稼ぎしたら口座を凍結されたという報告が相次いでいる。この報告については凍結された受信メールまで掲示板に投稿されているので、嘘ではなく本当だ。

FXで利益を欲するがために短期間に何度もスキャルピングを繰り返して利益を生み出してしまうと、自分が取引している口座を使えなくなっってしまう。こういう目にあいたくなければ、数分から数時間単位でのスキャルをしていくしかない。

当然、国内業者で有名なスプレッドが最狭の業者の殆どが秒速スキャルが禁止なので、秒速スキャルがしたい人はNDDのFX業者でトレードをしていくのがおすすめですね。ただ、NDDのFX業者の欠点はスプレッドがそれなりに広いので、スキャルで利益を出していくのが国内の最狭スプレッド業者よりも難しくなってきます。

結論
秒速スキャルで確実に利益を積み上げていこうと思うのならば、凍結覚悟で国内のスプレッド最狭業者を利用していく必要がある。

スキャルピングにおける自分の必勝トレード方法。

自分の場合は経済指標スキャルしかやりません。経済指標スキャルをなぜ自分がやるのかというと指標の結果で為替の動きを予想し易いのと、為替というのは指標の結果の方向へ大きく突っ走ることが多いから。要するに指標の結果の方向にポジションを取っておけば、大きく負けることはないってことだよね。経済指標スキャルで気をつけておくべきこと。

1.指標の結果がいいのに為替が下がる時があるので、そういうときは速攻で損切りして次の機会をまつ。

FXは指標の結果がいいのに為替が下がるときがあるので、100%勝てるものではないということを理解しておきましょう。そう理解するだけで損切りのスピードが早くなります。

2.指標ごとの動きをすべて頭に入れておこう。

この指標は発表後にこういう動きをするというデータを頭に入れておいてポジションを取れば、8割型の勝率を誇ることができる。二割は予想を外すので、これは外したと思うときは素直に損切りしよう。

3.指標スキャルにおいても根拠があり、勝てると確信した時のみポジろう。

これは勝てると確信できる自信があるときのみポジることで、糞みたいなポジションを掴まなくなる。FXは運ゲーと思わず、根拠を大切にしてトレードをしていくことが何よりも大事なことなのだ。

4.指標スキャルで大事なのはレバレッジをそこそこにしておくこと。

ハイレバレッジで大量の枚数を所有してしまうと、冷静な判断ができず、利確がめちゃくちゃ早くなってしまうので、普通のレバレッジでそこそこの枚数に抑えてトレードをしていこう。当然、お金を儲けたいからといってレバレッジ400倍のアイフォレックスでトレードをしたらだめだぞ。

5.指標スキャルでたくさんの相場を経験することで、相場感がみにつく。

指標スキャルで相場感がみにつけば、ここでこのポジションを掴めば爆益間違い無しということを察知できるようになる。当然、その逆のこのポジションを掴んだら、損益が膨らむだろうなということも速攻でわかるようになる。

スキャルピングをしながらナンピンするのだけはやめておこう。

スキャルピングで予想外して含み損を抱えても損切りをしないで、ナンピンを繰り返していくということを繰り返すのは危険。何故危険なのかについては、相場が一方通行に走りだせば、ナンピンした枚数×PIPS分の含み損を抱えることになってしまい、挙句の果てにはロスカットという目にあうことも。そうなりたくないなら、スキャルピングで予想を外したら素直に損切りをしましょう。後、ナンピン癖がつくと、ポジポジ病になってしまうので注意が必要。

スキャルピングに向いているFX業者について。

第一位 DMMFX

DMMFXはありとあらゆる通過のスプレッドが極狭で、滑ることもあまりないのでかなり優秀。自分もスキャルピングをするときはDMMFXを利用することが多いですね。今回はDMMFXがなぜスキャルピングにおすすめなのかについても書いていきたい。

1.DMMFXのプレミアムチャートが優秀すぎる。

DMMFXのプレミアムチャートはポリンジャーバンドや移動平均線やRSIを自動で表示してくれるので、トレードをする上では必要不可欠。

2.DMMFXはスプレッドが狭いので、スキャルピングで簡単に利益を上げることができる。

スプレッドが2PIPS以上開いているとスキャで利益を出すのは至難の技ですが、DMMFXはスプレッドが1PIPS未満の通貨がほとんどなので、利益を出すのが簡単。

3.レバレッジが25倍に固定されている。

レバレッジが25倍に固定されており、ポジションを多く取りすぎることもないので、冷静にトレードをすることができる。

4.出金がスムーズ。

出金申請をしたら2日から3日で出金が完了しているので、すぐに現金を手にすることができる。

5.口座開設キャンペーンも開催している。

口座を開設してある程度のトレードをこなすと現金10000円をもらうことができてしまいます。

公式サイト
通貨ペア充実の"DMM FX"!

第2位 外為ジャパン。

外為ジャパンはDMMFXと同じ会社が経営しているFXと業者で、DMMFXと同様スプレッドが極狭。しかも、滑りもあまりなく、1000通貨からポジションを取ることができるというメリットもあるので、お試しポジションを取りたい人におすすめ。今回は外為ジャパンがなぜスキャルピングにおすすめなのかについても書いていきたい。

1.1000通貨からポジションを取れるので、スキャルピングの練習にもってこい。

0.1PIPSでスキャルピングの練習をすれば、3円逆行してもたった3000円の損で済む。まさに初心者トレーダーのスキャルピング練習にもってこいの口座。ただ、0.1PIPSでトレードする欠点は儲けても微々たる金額なので、トレードに本気になれない部分。やっぱりトレード日本機になろうと思ったら最低2ロットははらないと本気になれなかったりしますね。

2.スプレッドがDMMFXでと同じで狭い。

スプレッドが狭い業者を使いたいという人はDMMFXと同様スプレッドが狭い外為ジャパンを使っておけばOK。DMMFXか外為ジャパンのどちらを使うかについては、自分が取引し易い方ですればいいと思う。これに関しては一度自分で口座を開設して使ってみないとわからない部分が大きいよね。

3.口座開設キャンペーンを頻繁に開催しているので、試しにトレードしてみるのもあり。

口座を開設してある程度のLOT分のトレードをこなすと10000円が自分のもとに戻ってくるキャンペーンを開催中。

4.外為ジャパン特有のプレミアムチャートもある。

DMMFXのプレミアムチャートと外為ジャパンのプレミアムチャートのどちらが使いやすいのかを試しに使ってみよう。

公式サイト
外為ジャパン

第3位 GMOクリック証券。

GMOクリッククリック証券もDMMFXや外為ジャパンと同様スプレッドがかなり狭い業者。この業者はスプレッドが普段は狭いですが、雇用統計や経済指標のときはスプレッドが大きく開いてしまうこともあるので注意が必要です。これに関してはGMOクリック証券だけでなく、他のFX業者もスプレッドが開くので仕方がないでしょう。今回はGMOクリック証券がおすすめな理由について書いていくよー。

1.FX業界では皆が知っている伝説の億トレーダー黒猫アイランドさんが利用していたFX口座。

経済指標スキャルピングで超有名な黒猫アイランドさんがメイン口座に利用していたのがGMOクリッククリック証券。そのため、縁担ぎ的な理由でGMOをクリック証券の口座を利用するのはあり。

2.口座開設キャッンペーンのキャッシュバック金額が25000円と高額。

DMMFXや外為ジャパンよりキャッシュバック金額が10000円以上高額なので、かなりおすすめ。

3.スプレッドがDMMと外為ジャパンと同じ狭さを誇る。

FXのスプレッドが狭い業者の一つなので、FXで本格的にトレードをするならば、開設しておきたい口座の一つ。

4.24時間でトレーダーをサポートしてくれるサービスがついている。

FXの口座の入金や出金のトラブルやトレードに関するトラブルをサポートセンターに電話とメールで相談することができる。もちろん、料金は0円だ。

公式サイト
GMOクリック証券

第4位 ヒロセ通商のLIONFX

ヒロセは本当に滑りが少なくてスプレッドも狭い史上最強と言っていい業者。とにかく滑って糞ポジを持ちたくないというスキャラーにこそ使って貰いたい業者の一つ。今回はヒロセ通商のLIONFXがおすすめな理由についても書いていきたい。

1.23種類の注文方法がある。

注文方法が多彩なので、ありとあらゆる相場環境に適応することが可能。

2.トレード数に応じたキャシュバックキャンペーンが頻繁に行われている。

ポンド円だと最大30万円のキャッシュバックキャンペーンが開催されているので、キャシュバック目的でトレードするのもあり。

3.スプレッドが狭くて、何と言っても滑らない。

スプレッドが狭くて、滑らない口座こそスキャルピングには必須。

公式サイト
ヒロセ通商


最後に

スキャルピングは短期間で利益を出すためには必須だと思う。

www.gamezinsei.com